昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

『虎と小鳥』2014年パリ新年会@ビストロ・ヴィヴィエンヌ その1

ギャラリー・ヴィヴィエンヌ
ギャラリー・ヴィヴィエンヌ

「虎と小鳥のフランス日記」第138話の受講メモです。

今週と来週はいつもと趣向が違い、2014年1月15日にパリで行われた『虎と小鳥』の受講生さんとスタッフの新年会の様子です。

参加者はパリとその近郊にお住まいの受講生さん、カミーユ、アントワーヌ、ティファニー、そしてケンです(敬称略)。

場所はギャラリー・ヴィヴェンヌという美しいアーケード街(パサージュ)の中にある「ビストロ・ヴィヴィエンヌ」というレストラン。

このレストランは以前、第24話に登場しましたが、とてもシックな内装が魅力的なお店です。

第24話の記事はこちら⇒ビストロ・ヴィヴィエンヌでお茶をする

その1はカミーユとティファニーの自己紹介など。来週はもりあがる会話が収録されているようです。

きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • キーフレーズをちょっと解説
  • 豆知識~ギャラリー・ヴィヴェンヌ
  • この回は受講生さんがたくさん写っていますが、勝手にキャプチャーをとると支障があるので、カミーユとティファニーの写真のみでお送りします。

    それでは、復習行ってみよう!

    3つのキーフレーズ

    楽しみです

    ティファニーは「虎と小鳥のフランス日記」の解説をしていますが、同時に、時々行われるスカイプを使った「ネイティブ会話力養成講座」の講師でもあります。

    「近々またこの講座が始まるので、たくさんの方に参加してほしい」とおっしゃっていました。

    たくさんと言ってもね、定員がすぐ埋まっちゃうんですよね、この講座。

    とにかく、私は楽しみにしてます。

    ビストロ・ヴィヴィエンヌ

    En tout cas j’ai hâte.

    照れます

    ある生徒さんが、「ティファニーは素晴らしい先生!」とほめましたので、彼女は照れていました。

    照れますね。

    ビストロ・ヴィヴィエンヌ

    Vous allez me faire rougir.

    何たる偶然

    実はこの新年会に3人の歌手がいました。1人はカミーユ、もう2人は受講生さんで、ともにオペラの歌手なんだそうです(解説によれば)。

    パリに音楽留学できるなんていいですね・・・遠い目

    なんて偶然なんでしょう。

    ビストロ・ヴィヴィエンヌ

    Quelle coïncidence.

    3つのキーフレーズ

    avoir hâte (de + 不定法)

    …を切望する

    これは決まった表現。

    hâte というのはもともと「急ぐこと」なので、待ちきれない気持ちが入っています。「早く~だったらいいなあ」というニュアンスですね。

    Il avait hâte de sortir.
    彼は早く外出したかった。

    J’ai hâte d’être à demain.
    明日が待ち遠しい。

    faire rougir

    rougir は 赤くなる
    faireは ~させる
    aller(allez) は ~しようとしている(近い未来)。

    よって、

    あなたは、私を赤くさせようとしている⇒赤面しちゃいます⇒恥ずかしいです⇒照れますね。

    ティファニー、ここで本当に赤くなってしました。

    Quelle coïncidence

    この quel, quelle は感嘆文を作る quel, quelle です。

    Quel dommage !
    なんて残念な!

    Quel choc !
    何たるショック!

    Quelle horreur !
    なんて恐ろしい!

    coïncidence は偶然の一致。

    Quelle coïncidence をこのまま覚えておくといいですね。

    きょうの豆知識~ギャラリー・ヴィヴィエンヌ

    ギャラリー・ヴィヴィエンヌは2区にあるパサージュで、長さは176メートル。幅は3メートル。完成は1826年。かなり古いですね。ネオ・クラシック様式の建物です。

    パリの中央にあり、パレ・ロワイヤル、証券取引所、そしてグラン・ブルヴァールのそばです。現在はゴルチエなど、ブティックがたくさん入っています。

    パリで最も美しいパサージュと言われている場所です。

    こんな感じ。

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒ギャラリー・ヴィヴィエンヌ

    ★ホームページはこちら。

    ギャラリー・ヴィヴィエンヌ
    La galerie – La galerie Vivienne

    ★ギャラリー・ヴィヴィエンヌの写真はこちらの記事にもあります。
    映画 Les Émotifs anonymes(匿名レンアイ相談所)予告編のフランス語 後篇 この映画の主人公がこのパサージュで、ぐるぐる回るシーンがありました。

    いかがでしたか?

    この新年会、とても上品な、しかしなごやかな雰囲気でした。

    ★この続きはこちらから⇒⇒第139話 虎と小鳥2014年パリ新年会・その2

    ★2012年パリ支部の忘年会のエピソードはこちら
    第81話 虎と小鳥の忘年会・2012年 キーフレーズ アメブロ

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●虎と小鳥って?⇒新「虎と小鳥のフランス日記」が初学者にも優しくパワーアップ!
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^