昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語の数字【第14回】~12(ドゥーズ)

数字の12

苦手だと思っている人も多いフランス語の数字。毎週1つずつチェックしています。

今回は12です。

数字 «12»

12 は douze です。
ou はこれ2つセットで「ウ」という読みです(複母音字と呼ばれています)。

発音はこちらで確認してください。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒douze

★発音について
やはり複母音字で、「ウ」と読むものがもう2つあります。
eu, œu です。

カタカナで書くと「ウ」ですが違う音。

ou は強い音。唇をしっかりつきだして発音。
eu は弱い音。少し「エ」が入っている感じ。

deux (2) と douze (12)はリエゾンしたとき、ともにドゥーズとなり、日本人学習者には紛らわしいものです。

リエゾンがわからない方は、前回の記事で説明しています⇒11(オーンズ)

たとえば 2 euros(2ユーロ)と 12 euros(12ユーロ)とか。

聞き分け練習用の動画を貼っておきますね。

Opposition deux douze の発音の違い
ぼーっと聞いているとみんな同じに聞こえます^^;

発音記号は
deux ø
douz u

発音は口の形と舌の位置、息をどこに通すかといった物理的な現象を確認し、練習すると、自分もそれと近い音が出せるようになります。

自分がその音を出せれば、聞き取れるようになると言われています(でもRは出せなくても、だいたいLとの違いがわかるけど)。

しかし、その言語のネイティブの子どもはそんな理屈を知らなくても、周囲の人と同じ音が出せるようになるのですよね。考えてみると不思議です。

もっと練習したい方は、このようなページを利用するといいでしょう。
フランス語 発音モジュール 理論編 > 4-1-2-1章 p.1

フランス語 発音モジュール 理論編 > 4-1-3-1章 p.1

英語話者へのアドバイスとして、
douze は food のウーに近く、
deux ø は bird の アー(カタカナで書くと違いますが)に近い、というのもネットで見ました。

こちらの記事も2と12の発音について書いています。
パリのカフェでおしゃべり~「虎と小鳥のフランス日記」第150話 ここでは「2年」と「12年」が出てきます。

日本語のウは、唇をあまり前に突き出さない発音なので、OUを見たら、唇を突き出すクセをつけるといいかもしれません。

語源と派生語

語源はラテン語のduodecim ←duo (2)+decem(10)

派生語
douzaine 1ダース、およそ12
douzième 12番めの、12分の1

映画 «Les Douze travaux d’Astérix»

douze がタイトルに入っている歌をご紹介します。

Les Douze travaux d’Astérix
『アステリックスの12のしごと』

フランスでとても人気のあるコミックスの映画化。
1976年の作品です。

アステリックスは、古代ローマ時代のガリア人です。

こちらはテレビで放映したときの予告編です。
最初と最後でタイトルを言っています。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Bande Annonce Les 12 travaux d’Astérix

アステリックスが住んでいる村は、シーザーがほとんど征服したガリア地方で唯一、抵抗を続けています。

この村はローマ兵と戦うとき、いつも勝利します。というのも、村のお坊さんが秘密の薬を調合し、それをアステリクスが飲むと絶大なるパワーが出るからです。

この漫画はフランスのみならず、ヨーロッパなどでも大変よく知られています。

ただし、自国に豊かなコミックス文化のあるアメリカと日本をのぞいて。

原作の漫画のストーリーを書いているのは、プチ・ニコラを書いている、ルネ・ゴシニー(René Goscinny)、漫画はアルベルト・ウデルゾ(Albert Uderzo)です。

★アステリックス関連記事もどうぞ
映画『プチ・ニコラの夏休み』がフランスで公開 後編 作者のゴシニーについて。
ママはどんな字でも解読できるの~CMのフランス語子どもがアステリックスの名前を口にします。
ガリア人の真実 アメブロです。

douze を使った表現、文章

Trois fois quatre font douze.
4かける3は12

les Douze
キリストの12使徒

les douze mois de l’année
一年の12ヶ月

いかがでしたか?
発音をきわめたい人は、音声学を学ぶとよいです。私はやりませんが。

2と12で迷ったら、指を使うか、筆談、あるいはレジの数字をじっと見るなど、音以外の情報を使えばいいと思うので。

たとえば、日本語でも4時と5時は似ているから、電話で聞き間違えることありますよね。時間と金額は、反復して要確認ですね。

★この続きはこちらから⇒フランス語の数字【第15回】~13(トレーズ)

★このシリーズを最初から読む方はこちらからどうぞ⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)

★ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、こちらからどうぞ⇒お問い合わせフォーム

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^