昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

カーニバルの定番、ベニエ (ビューニュ) の作り方:フランスのお菓子(15)

ベニエ

フランスの2月はカーニバルのシーズンです。フランスのお菓子、今回は、カーニバルの屋台の定番であるベニエ(beignet, beigne)またの名をビューニュ(bugne)を紹介します。

ベニエもビューニュも同じもので、シンプルな揚げ菓子です。リヨンではビューニュと呼ぶみたいです。小麦粉を卵とミルクで溶いて油で揚げて砂糖をかけます。形は地方によってさまざまです。ドーナツのようなものですが、気持ち固かったり、カリカリしています。


カーニバルとは?

カーニバルは日本語で言うと謝肉祭。これはローマ・カソリック系の国で、四旬節直前に3日~1週間ほど行われるお祭りのこと。

四旬節は復活祭の前の40日間(6週間)のことで、敬虔なキリスト教徒は断食や修行や鍛錬を行います。自分の罪やキリストの受難について思いをはせるようです。

その前に、肉を含むおいしいものを食べておこう、というのがカーニバルの主旨です。カーニバルの語源はラテン語で「肉を断つ」です。

今年、2016年のイースターは3月27日です。四旬節が始まるのは教会によって違うと思いますが、2月16日ぐらいでしょうか?今年に限って言えばもうカーニバルは終わっていますね。

復活祭やカーニバルについては関連記事を参照してください。

なぜイースターにウサギが出てくるのか?

カーニバルとマルディグラの楽しみ方

ニースのカーニバル:虎と小鳥のフランス日記

かわいいフランス語教えます~その56 カーニバルに関する単語

イースターに卵の形をしたチョコレートを食べる理由

カーニバルのベニエの作り方(動画)

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Beignets de carnaval – 750 Grammes
これはロレーヌ地方のベニエだそうです。

ベニエの材料

Ingrédients pour les beignets de carnaval :
300g de farine 小麦粉
2 sachets de sucre vanillé バニラシュガー(バニラ風味の砂糖) 2袋
4 c à s de sucre 砂糖大さじ4  ※c à s はcuillère à soupe の略で大さじ
3 œufs 卵
80g de beurre fondu 溶かしバター
2 c à s d’alcool 洋酒大さじ2
1 sachet de levure chimique ベーキング・パウダー
1 pincée de sel 塩ひとつまみ

作り方

1.ボールに小麦粉を入れる
2.卵を割り入れる
3.塩ひとつまみ入れる
4.バニラシュガーを入れる
5.ベーキング・パウダーを入れる
6.アルコールを入れる これは風味付けです。好きなお酒でいいでしょう。
7.溶かしバターを入れる
8.砂糖を入れる
9.すべてを混ぜ合わせる(生地は固めにしてください。ゆるすぎたら適当に小麦粉を投入)。
10.室温で(à température ambiante)で2時間ぐらい生地を寝かせる。生地が乾かないようにボールにラップなどするといいでしょう。
11.打ち子をして生地を伸ばす。
12.パイカッターみたいなので切って揚げる(形は動画参照)。
13.粉砂糖をたっぷり(généreusement)ふりかけてできあがり。

油の温度は言ってないような気がしますが、160~175度あたりでしょうか。ドーナツをあげる要領です。

揚げたてはとてもおいしいと思います^^


りんごのベニエの作り方

こちらはりんごのベニエです。これもお祭りでよく登場するベニエです。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Recette de Beignets aux pommes – 750 Grammes

りんごのベニエの材料

Ingrédients pour les beignets aux pommes :
2 belles pommes type Golden りんご ゴールデンデリシャスのことでしょうか?
2 c à s de rhum ラム酒大さじ2
1 gousse de vanille  バニラビーンズひとさや

Pour la pâte à beignets : 衣の材料
250 grammes de farine 小麦粉
2 œufs 卵
25 cl de lait ミルク 250cc
60g de sucre semoule セモリナシュガー。粉砂糖と同じようなものみたいです。
1 c à s de rhum Negrita ネグリタ・ラム ネグリタは商標です。

作り方

[りんごの準備]
●りんごを輪切りにして芯を取る
●バニラをこすりつける
●ラム酒(大さじ1)をかける

[衣の準備]
A:粉類を合わせて生地を作る
●ボールに小麦粉を入れる
●塩をひとつまみ入れて混ぜる
●卵の黄身を入れる
●ミルクを入れながら混ぜる
●ラム酒(大さじ1)を入れて混ぜる

B:メレンゲを作る
●白身を泡立てる。動画でやっているように、ボールを傾けて、泡立てると泡立ちやすいみたいです。
●砂糖を入れる(sucre semoule)
●白身をしっかり泡立てて固いメレンゲを作る

Aの生地にヘラでメレンゲを合わせる

[りんごを揚げる]
りんごに衣をつけて揚げる
粉砂糖をかけてできあがり。

りんごの代わりにバナナや他の果物を使ってもいいです。sucre semoule は粉砂糖と同じだと、このページにありました⇒Larousse Cuisine – Sucre フランスに行けば、sucre semoule と袋に書いてあるはずです。

cl は centilitre センチリットルのことで、100分の1リットルです。

次のフランスのお菓子はこちら⇒ビスキュイ・ド・サヴォアのレシピと作り方:フランスのお菓子(16) | フランス語の扉

ベニエはとても簡単に作れますが、フランスの人は、もっぱら屋台で買って食べるようです。家で揚げ物すると台所が汚れますからね。







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^