昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ビッグ・バス・パリでパリ散策~「虎と小鳥のフランス日記」第152話

ビッグ・バス・パリ

んにちは。penです。

きょうは虎と小鳥、最新号を受講しました。
第152話は、久しぶりに、ザ・パリ観光 という趣。
カミーユが、ビッグ・バス・パリ(Big Bus Paris)に乗って名所を案内します。

オープンデッキのバスで行くパリ巡り。
とても楽しそうです。

まず、サンプルビデオをごらんください。
今週のキーフレーズ3つのうち2つ入っています。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。現在は「不思議の国のフランス」という新しいシリーズを配信中⇒ウィンドウショッピング~不思議の国のFrance#2

■ きょうのメニュー

  • サンプルビデオのスクリプトと和訳
  • 3つのキーフレーズと解説
  • きょうの豆知識~ビッグ・バス・パリ
  • それでは、復習行ってみよう!

    サンプルビデオのスクリプトと和訳

    Coucou ! Aujourd’hui, je ne me trouve pas dans n’importe quel bus, mais dans un bus touristique à ciel ouvert, et on est prêts à faire une super belle balade.

    こんにちは。きょうはふつうのバスではなく、観光用のオープントップバスに乗っています。すてきなお散歩をしますよ。

    un bus touritique à ciel ouvert  観光用のオープントップバス;2階建てで屋根のないバス

    3つのキーフレーズと解説

    Coucou !

    カミーユの冒頭の挨拶

    こんにちは。

    ビッグ・バス・パリ

    Coucou !

    挨拶の「ククー」
    これはSalut ! と同じニュアンス。

    カミーユはよく使います。友だち同士のカジュアルな挨拶。
    基本的に女性が使う言葉だそうです。
    知らない人にはBonjour(ボンジューフ)と言ったほうがいいです。

    日本語に直すと「ヤッホ~」とか「オッハー」みたいな感じ。
    違うかな?

    coucou はもともと鳥のカッコーのことです。
    ※カッコーについてはこちらを⇒フランスの童謡の訳詞~遠くの森で

    n’importe quel +無冠詞の名詞

    n’importe quel bus どんなバス⇒普通のバス

    きょうはふつうのバスではなく、観光用のオープントップバスに乗っています。

    ビッグ・バス・パリ

    Aujourd’hui je ne me trouve pas dans n’importe quel bus, mais dans un bus touristique à ciel ouvert

    n’importe quel +無冠詞の名詞 で「どんな~でも、どの~でも」という意味。

    ここでは否定文なので
    je ne me trouve pas dans n’importe quel bus
    私はそのへんのどんなバスでもいい、というようなバスに乗っているわけではありません⇒きょうは特別なバスに乗っています

    というニュアンス。

    n’importe quel はよく出てきます。quel はあとに続く名詞に性数一致します。n’importe部分は変わりません。発音は皆同じです。

    例文
    N’importe quelle musique me fait plaisir.
    音楽なら何でも私は楽しいの。

    Peut-on donner n’importe quel prénom à son enfant ?
    子どもにはどんな名前でもつけることができますか。

    n’importe は ne + importer 
    importer は「重要である、大事である」、という意味の動詞です。
    ですから、この表現について調べたいときは、辞書で importer をひいてください。

    par ~を通って

    凱旋門のそばをバスが通りすぎたとき、カミーユがアントワーヌにここに上ったことがあるかと聞きました。

    – 一番上に上ったことある?
    – 一度だけね。
    – 私は一度もないわ。どこから上るの?
    – 地下からだよ。

    凱旋門

    T’es déjà monté tout en haut, toi ?
    Une fois, oui.
    Moi jamais. On monte par où, pour y aller ?
    Par le sous-sol.

    ここでのparは通過点(~を通って、~から)を示します。
    parの一番基本的な用法です。

    Pen est entrée par la porte principale.
    penは正面入口から入った。

    Je suis allé en Italie par la Suisse.
    私はスイス経由でイタリアへ行った。

    ※「上る」「入る」「行く」といった動詞と一緒に出てきそうですね。

    その場合、複合過去にするときは、助動詞はêtreを使うので、過去分詞が性数一致します。

    なんとなく、仏検で狙われそうな雰囲気です。

    ちなみに助動詞にêtreを使うのは aller, venir, partir, arriver, monter, descendre, entrer, sortir, tomber, naître, mourir, rester など移動を表す自動詞です。

    きょうの豆知識~ビッグ・バス・パリ

    ビッグ・バス・パリ

    このバスを運営しているBig Bus Tours(ビッグ・バス・ツアー)という会社はオープントップの観光バスを使った観光を提供している世界で一番大きな会社です。

    ロンドン、パリ、ニューヨークを始め、アブダビ、ブタペス、香港、上海など、15の都市で走っています。

    チケット(一日券か二日券)を買っておき、好きなところで、乗り降りします。

    パリには全部で10個の停留所があります。
    1. Tour Eiffel エッフェル塔
    2. Champ de Mars シャンドマー
    3. Opéra Garnier オペラ座
    4. Louvre-Pyramide ルーブル美術館 - ピラミッド
    5. Louvre-Pont des Arts ルーブル美術館 - ポン・デ・ザール
    6. Notre-Dame ノートルダム
    7. Musée d’Orsay オルセー美術館
    8. Champs-Elysées シャンゼリゼ
    9. Grand Palais グラン・パレ
    10. Trocadéro トロカデロ

    観光シーズンは15分起きに運行。

    カミーユが乗ってたのはガラガラでしたけど、夏場は混むんでしょうね。

    こちらはこの会社のプロモーションビデオです。

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒ビッグバスパリのプロモーションビデオ

    なんか、ごくふつうに作ったビデオであまりおもしろくないですね。
    今回の「虎と小鳥」の動画のほうが、映像がきれいだし、ずっと楽しかったです。

    私、写真とか映像とか自分では撮影しないので、わからないのですが、被写体同じでも、撮り方によって、おもしろくなったり、つまらなくなったりするんだと実感しました。

    このバスについて、詳しくはホームページでどうぞ。

    Visiter Paris | Tourisme Paris | Big Bus Tours

    いかがでしたか?

    今回の動画、ポンデザールで終わっていました。
    ルーブル美術館とフランス学士院の間にかかっている橋です。

    ここは歩行者専用の金属の橋。
    愛の南京錠がびっしりかかっています。

    ポン・デ・ザールの愛の南京錠

    南京錠に恋人同士の名前を書いて、橋にガチっとロックしておくと、愛がいつまでも続く。こんな幻想を抱いた人たちが、南京錠をかけるのです。

    きっとそばで売ってるんでしょうね。

    愛の南京錠についてはこちらに書いています。
    ああ、愛の南京錠「虎と小鳥のフランス日記」第112話

    カミーユが南京錠をかけるとき、てんとう虫(la cocinelle)を見つけて「縁起がいい」と言ってました。

    ポン・デ・ザール~てんとう虫

    フランスでは、てんとう虫は幸運を運んでくれると言われているそうです。

    日本でも「てんとう虫のサンバ」なんて歌があるくらいだから、かわいい虫だと思われてるんでしょうね。

    我が家では害虫扱いですが。

    もう一つの幸運の印は、日本と同じように四つ葉のクローバー(le trèfle à quatre feuilles)です。

    不吉なものに関する、フランスの迷信はこちらをどうぞ
    13日の金曜日恐怖症

    ほんの少しでもフランス語を学習すれば、観光ももっとずっと楽しくなりますよ。

    「虎と小鳥のフランス日記」でフランス語を学んでしまいましょう。
    こちらで私の体験を書いています⇒自宅にいながらパリを楽しめる「虎と小鳥のフランス日記」の秘密とは?

    それでは次回の「虎と小鳥のフランス日記」の記事をお楽しみに。

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^