昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランスの舞台関係者の不定期労働~「虎と小鳥のフランス日記」第155話

ロマン

こんにちは。penです。
「虎と小鳥」の最新号の受講メモです。

今週は全編、インタビューです。
前回の演劇⇒パリで演劇を鑑賞する~「虎と小鳥のフランス日記」第154話に出演したロマンが、劇団のことや、不定期労働(l’intermittence)のシステムについて語ります。

いやあ、難しかったですね~。

まずサンプルをごらん下さい。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。現在は「不思議の国のフランス」という新しいシリーズを配信中⇒ウィンドウショッピング~不思議の国のFrance#2

1分ぐらいのあいだにたくさんしゃべってますね。

きょうのメニュー
・サンプル部分のスクリプトと和訳
・3つのキーフレーズと解説
・舞台関係者の不定期労働

サンプルでたくさんしゃべっているので、記事がフランス語まるけになってしまいますが、ご了承ください。

それでは、復習行ってみよう!

サンプル部分のスクリプトと和訳

Donc, je vous ai présenté Flo, que vous connaissez, Marie, et Romain, euh…qu’on a vu ce soir dans la piéce «Veuillez agréer».

さて、皆さんご存知のフロ、マリ、ロマンです。ロマンは、今夜見た«Veuillez agréer»に出演していました。

Donc euh, vous êtes tous les deux comédiens. Ça fait longtemps que vous êtes comédiens ?

お2人とも役者さんですね。役者歴はどのぐらいですか?

Ça fait cinq ans, pour ma part.

私は5年です。

Euh…oui, on va dire que je, j’ai arrêté de prendre des cours il y a quatre ans.

僕は、4年ほど前に、授業を受けるのをやめました。

Donc on va dire, oui je suis pleinement sur le marché du travail depuis quatre ans, mais sinon ça fait dix ans que je fais du théâtre.

だから、そうですね。4年前から仕事に専念しています。でも、劇は10年前に始めました。

D’accord, Et euh…vous pensez que…tes études dans le théâtre, c’est vraiment essentiel ? Enfin, le fait d’être passé par une école euh…?

わかりました。えっと、演劇を学ぶことは不可欠だと思いますか?つまり、学校で学ぶということですけど。

Euh, oui. Moi mon école a été euh…important pour moi. Pour certains profs, que je, que j’ai pu rencontrer, certaines méthodes de travail que j’ai pu euh approfondir.

え~、はい。僕にとって学校は大切でした。というのも、先生たちに出会えましたし、演じる方法を、深く学ぶことができましたから。

Et surtout pour le collectif qui aujourd’hui en est né, c’est-à-dire que… mes camarades, ce sont des camarades de promotion.

特に、学校から劇団が生まれましたし。つまり同期生の集まりなんです。

La compagnie elle est née de ça, de cette volonté de créer un… un groupe de travail à partir de là, à la sortie de l’école.

劇団は、学校を卒業するとき、一緒にやろうということで生まれたものなんです。

★単語メモ
faire du théâtre 演劇をする
approfondir (知識、研究などを)深める、究める
collectif 集団
camarades de promotion 同期生

マリはたったワンセンテンスなのに、ロランはたくさんしゃべってますね。

このあともほとんど彼が話しています。

3つのキーフレーズ

pour ma part 私としては

役者歴を聞かれたときのマリの返答です。

私は5年です。

マリ
美しいマリさん。

Ça fait cinq ans, pour ma part.

これは決まり文句
pour ma part 私としては
pour ta part 君としては

「私は~です(次の人どうぞ)」とか、「私は~、(他の人はし知らないけど)」と「私」部分を強調してる感じです。

Pour ma part, je compte y aller.
私は、そこへ行くつもりです。

on va dire que ~だろう

ロランの役者歴は?

僕は、4年ほど前に、授業を受けるのをやめました。

ロマン
2枚目のロマン

on va dire que je, j’ai arrêté de prendre des cours il y a quatre ans.

on va dire は断定をさけて、たぶん~です、だいたい~です、~と言える、と言うときの表現

On va dire qu’effectivement ce fait ne rend pas les choses facile pour nous.
実際問題として、この事実で、事態が簡単になることはないでしょう。

先行する接続詞の代理のque

不定期労働の利点を語るロラン

フランスはこの制度を守ろうとしています。

というのも、アーティストで、仕事を続けようと思ったら・・・

マリ、ロマン、カミーユ
マリはロマンにべったり。
前回のエピソードでも熱いキスをしてましたよ。

Parce qu’effectivement quand tu es artiste et que tu veux continuer à travailler.

que tu veux continuer のque は前のquand の置き換えです。

このようにqueは前に出てきた接続詞の代理をする用法があります。

Comme la maison était petite et qu’il n’y avait pas de jardin, nous avons renoncé à avoir un chien.
家が狭くて庭もなかったので、犬を飼うのはあきらめましたよ。
commeの代用

Si tu le rencontres et qu’il est de bonne humer, annonce-lui cette nouvelle.
もし彼にあって機嫌がよかったら、このニュースを伝えて。

siの代用(siの代用のqueの節では、接続法を使うこともあります。 qu’il soit de … これは改まった言い方)

不定期労働 l’intermittence

今回話題になっていたのは、
l’intermittence du spectacle
舞台関係者の不定期労働

これは、労働する期間としない期間をあわせて、労働(=雇用)とするもの。

俳優や演出家、技術者など舞台関連の仕事は、仕事と仕事のあいだに間があきます。そこで、年に一定期間働けば、失業しているあいだも社会保障が受けられる制度があります。

仕事をしていないあいだも、仕事をしているとみなされるわけです。

10ヶ月で507時間働けば、仕事をしていない間失業保険がおります。

この制度は、働いていないのにコンスタントにお金をもらえる、と見ることもできるので、いつも議論の的に。

特に現在、この制度の改革が話題になっています。

こちらは改革に反対する舞台関係者の作ったビデオ。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Ciné-Tract – L’intermittence

いかがでしたか?

私は舞台関係者ではありませんので、よくわかりませんが、映画を作ったり、舞台に出演したりすることは、いつ働いているのか厳密に時間を割り出すのは難しいですね。

準備、リサーチ、作品に関する勉強、セリフを覚える、こういった時間も働いているといるといえば働いているわけだし。

そういう時間を、生活をするためだけのアルバイトに費やすといい仕事ができません。

本業だけで食べていける役者さんは少ないですし。
日本ではこんな制度はありませんよね?

舞台関係者の生活を擁護するこういうシステムは、芸術を支えることにも通じるので、切り捨てないほうがいいと思います。

さて、フランスの今の社会問題も出てくる、とってもユニークな「虎と小鳥のフランス日記」。あなたも、無料体験をしてみませんか?

私の体験はこちらに書いています⇒今のフランスが学べる「虎と小鳥のフランス日記」の秘密とは?

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^