昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ベルヴィルのアトリエ訪問 その2~「虎と小鳥のフランス日記」第158話

アンヌのアトリエ

とても可愛いアトリエ

今週の「虎と小鳥のフランス日記」は先週の続きで、ベルヴィルのアトリエ公開のエピソード。

先週の様子はこちら⇒第157話 ベルヴィルのアトリエ訪問その1

今回は、カミーユがあるアトリエを訪れて、そこの主のアーティストとじっくり会話します。

3つのキーフレーズはすべて、サンプルビデオに入っています。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。現在は「不思議の国のフランス」という新しいシリーズを配信中⇒ウィンドウショッピング~不思議の国のFrance#2

この女性はアンヌ・ラマレ(Anne Ramaré)という画家です。
東洋風のティーセットが渋いですね。お椀に入っているお菓子が何か確認できなったけど、チョコレート?

きょうのメニュー
・サンプルビデオのスクリプトと和訳
・3つのキーフレーズと解説
・ごく基本的な絵に関する単語

それでは復習行ってみよう!

サンプル部分のスクリプトと和訳

Tout à l’heure y’avait des enfants dans la cour avec un gros tracteur.

Merci.

J’ai essayé de parler aux gens, mais y’avait un tel bruit que je suis pas arrivée…J’ai mal à la tête.

On a aperçu votre…votre petite maison euh…à travers le…

La grille.

Mais je l’ai vu…qui photographiait. Ça me dérange pas. De toute façon euh…chaque année y’a plein de gens qui photographient, hein.

さっきトラクターに乗った子どもがいました。

ありがとうございます。

人々に話しかけようとしたんですが、とてもうるさかったのでできませんでした。頭痛がします。

あなた方のかわいい家も見えました。あそこから…

格子越しにですね。

写真を撮っている彼を見ましたよ。構いませんが。いずれにせよ、写真を撮っていく人たちは毎年大勢います。

un gros tracteur ここではおもちゃのトラクター

3つのキーフレーズ

tel + 名詞+ que あまりの~なので、…である

おもちゃのトラクターの音が大きすぎて話しかけられなかったというアンヌさん。

とてもうるさかったのでできませんでした。

ベルヴィルのアトリエ

…mais y’avait un tel bruit que je suis pas arrivée…

この文の省略されているところをおぎなうと

mais il y avait un tel bruit que je suis pas arrivée à la faire.

arriver à 目的を達する
Avec de la patience, on arrive à tout.
忍耐があれば何事もうまくいく。

arriver は助動詞にêtre を使います。過去分詞 arrivée は主語(=アンヌ)さんの性別に一致。

■ tel + 名詞+ que あまりの~なので、…である

tel、telle は続く名詞の性に一致。

J’ai eu une telle peur que je me suis enfui.
あまりにも怖かったので逃げ出してしまった。

s’enfuir 逃げる

avoir mal à ~ ~が痛い

トラクターの音で頭が痛いというアンヌさん

頭痛がします。

ベルヴィルのアトリエ

J’ai mal à la tête.

avoir mal à からだの部位 ~が痛い

J’ai mal à l’estomac. 胃が痛い。

J’ai mal aux dents. 歯が痛い。

Avez-vous mal ? Où avez-vous mal ?
痛いですか?どこが痛いですか?

Ça me dérange pas. 構いません

写真撮ってたけど、別にいいわよ、というアンヌさん。

構いません。

ベルヴィルのアトリエ

Ça me dérange pas.

これは決まり文句。
ne me dérange pas のneが省略されています。

déranger 邪魔する、迷惑をかける

ごく基本的な絵に関する単語

158話からごくベーシックな絵に関する単語を拾いました。

atelier アトリエ

peigniez < peindre 描く  peinture 絵、絵画 tableau 絵、絵画 dessiner デッサンする une couleur 色  un modèle モデル un nu dessiné 裸体画

アンヌがこのアトリエをご主人と買ったのは10年前。7年前に改装したそうです

1年目は歌の授業に使っていたそう。
この方、絵を描くだけでなく、ピアノも演奏します。

アンヌは画家なのに、デッサンが苦手で子どものころはからかわれたそうです。デッサンができないかわりに、色で表現をしています。

いかがでしたか?

アンヌが自分がいかにデッサンが下手かと話すくだりで、「マッチ箱を描くことすらできなかった(Je savais pas faire une boîte d’allumettes.)」と語っていたのが印象に残りました。

ああいうシンプルな形のほうが、下手さ加減が目立つのかも。

157,158話とアトリエ訪問でいろいろな絵が見られたし、中庭の花もきれいで、とても素敵でした。

それでは次回の「虎と小鳥のフランス日記」の記事をお楽しみに。

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●虎と小鳥って?⇒新「虎と小鳥のフランス日記」が初学者にも優しくパワーアップ!
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^