昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

名言その16~いつでも生き直せる~フランソワーズ・サガン

車

フランスの作家、劇作家、サガンの言葉を紹介しています。
きょうの名言は

Il n’y a pas d’âge pour réapprendre à vivre. On ne fait que ça toute sa vie.
– Françoise Sagan (1935-2004)

生きることを学び直すのに年齢なんて関係ないわ。
一生できることよ。

⇒音声はIVONA Text-to-Speech Voices でチェック!
(クリック後、ページが表示されると自動的に音声が始まります)

生きることを学び直すのに年齢なんて関係ないわ。
一生できることよ。

サガンの人生は波瀾万丈という言葉で形容されます。

裕福な家庭に育ち、18歳のときに書いた最初の小説「悲しみよこんにちは(Bonjour Tristesse)が一夜にして国際的な成功をおさめます。

若くして富と名声を得たサガン。

ウィキペディアによるとその後は、こんな感じの人生です。

21歳(1957) フランスの北部のリゾート地でアストンマーチンを運転中、交通事故にあい重症をおう。頭蓋骨に怪我をして、しばらく意識不明でした。

映画によると、この時痛みを緩和するために麻薬を処方されたのがきっかけで、ドラッグとのつきあいが始まったとか。

22歳(1958) 20歳年上の編集者と結婚するが、3ヶ月で離婚。

27歳(1962) アメリカの資産家の息子(プレイボーイだったらしいです)と結婚。翌年離婚。直後に、この人とのあいだにできた男の子を出産。

妊娠中に別れたってことなんですかね?
子は鎹(かすがい)にならなかったのでしょうね。

その後は結婚せず、ファッション関係の女性(ペギー)と長いあいだカップルとして暮らす。同時に、男性の恋人もいました。

もう少しあとになってアニック(女性)という雜誌プレイボーイの編集者とカップルとなり、既婚の文筆業の男性ともおつきあい。

サガンはこのような入り乱れた(?)人間関係を「家族」と呼んでいたそうです。

一生を通じて、お酒、ドラッグ、ギャンブル、スポーツカーを愛好しており、どれも半端ではなかったので、失敗も多いです。

スキャンダルを起こすたびにメディアに追いかけられました。特に若いころは、ハリウッドのスター並の大騒ぎ。

いくらお金があっても、こんな人生疲れますよね?
と、一般人の私は思うわけですが。

何かあるたびに「大丈夫、やり直せる」と思って進んでいったのでしょう。特に、賭け事については。

私はギャンブラーではないのでわかないのですが、賭け事って引き際の見きわめが難しいですよね。

彼女の経歴はこちらにも⇒名言その12~記憶は空想と同じくらい嘘つき  Saganの人生を描いた映画も紹介しています。

よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

il n’y a pas ~はない
(il y a  の 否定形

d’ = de いわゆる否定のde
「ある、ない」が問題になっている時、その名詞の前の不定冠詞はいつもdeになるというルールがあります。
詳しくはこちらを⇒L12 郵便局~フランスには宅急便がない!?と

âge 年齢

pour ~のため

réapprendre re-(再び) + apprendre(学ぶ) ~を再び学ぶ、学び直す
= rapprendre
réapprendre à + 不定法 ~することを学ぶ

vivre 生きる

on 人は、私たちは

ne … que ~ ~しか・・・ない 
先日『虎と小鳥のフランス日記』に出てきたばかりです。
パリのカフェでおしゃべり~「虎と小鳥のフランス日記」第150話

fait ça < faire ça そうする toute sa vie その人の人生のあいだずっと、人生のいかなる時も toute は強調です。

直訳

生きることを学び直すための年齢は存在しない。私たちの人生のあいだじゅうが、そうする時である。

いかがでしたか?
彼女は本当に賭け事が好きで、しかも徹底的にやっています。

ものすごくお金をもうけたのに、晩年貧乏だったのは、ギャンブルのせいですね。一晩で1500万円以上すってしまったり。

「印税で得たお金を投資する」、というような発想はサガンにはありません。

こちらは、サガンが自分の好きなものをつづったエッセイ集です。

彼女が親しくしていた、サルトルやトルーマン・カポーティといった人たちといっしょに、ギャンブルやスピード(車の)、好きな本についても語っています。

私自身のための優しい回想 (新潮文庫)
私自身のための優しい回想 (新潮文庫) 

私は読んだことないのですが、オリジナルと読み比べるといいかもしれません。エッセイのほうが、小説よりフランス語がやさしいはずですし。原題は Avec mon meilleur souvenir です。

さて、生き直すのに年齢は関係ありません。
語学も同じです。
たまに、「penさんと同じ年代ですが、もうフランス語をやるには手遅れですよね」、というお問い合わせをいただきます。
もし手遅れだったら、私はいったい?

大丈夫ですよ。
年齢関係ありません^^

それでは、次回の名言をお楽しみに。

これまでのサガンの名言
名言その12~記憶は空想と同じくらい嘘つき

名言その13~私がお酒を飲む理由

名言その14~教養はジャムに似ている

名言その15~思いやりのない知性~フランソワーズ・サガン

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム

何か



    • 樋沼達雄
    • 2014年 5月 14日

    Youth is not a time of life-it is a state of mind; it is a temper of the will,a quality of imagination, a vigor of the emotions, a predominance of courage over timidity, of the appetite for adventure over love ease.
     you are yang as your faith, as old as doubt ;
    as young as your self-confidence, as old as your fear;
    as young as your hope, as old as your despair.
    人は信念とともに若く、疑惑とともに老ゆる
    人は自信とともに若く、恐怖とともに老ゆる
    希望ある限り若く   失望とともに老い朽ちる
    Samuel Ullmann  1840-1924
     私もサガンより長生きし Samuel Ullmann と同じ年になってしまいました。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 5月 15日

      樋沼達雄さん、こんにちは。

      サミュエル・ウルマンの詩のご紹介、ありがとうございました。
      いい詩ですね。

      サガンは69歳で亡くなりましたので、今の感覚でいうと
      早かったですね。

      私の母も先日、81歳になりました。

      樋沼さんも、ますますお元気でお暮らしください。
      コメント、ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^