昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

パリのセレクトショップ:レフェ・ビュル~「虎と小鳥のフランス日記」第166話

レフェ・ビュル

「虎と小鳥のフランス日記」最新エピソードではレフェ・ビュルという素敵な雑貨屋さんが登場します。

いわゆるセレクトショップなのですが、ひとつひとつの商品がとてもかわいいのです。

まずはサンプルビデオをごらんください。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒パリのセレクトショップ:レフェ・ビュル~「虎と小鳥のフランス日記」第166話

■きょうのメニュー

  • サンプル部分のスクリプトと和訳
  • 3つのキーフレーズ
  • パサージュ・ショワズール
  • それでは復習行ってみよう!

    サンプル部分のスクリプトと和訳

    Bonjour à tous.

    Nous sommes dans le passage Choiseul. le passage le plus long de Paris, cent quatre-vingt dix mètres très exactement. Il a été construit entre 1825 et 1827.

    Et il faut savoir que le romancier Louis-Ferdinand Céline y a vécu avec sa mère, qui tenait une boutique de nouveautés.

    A présent nous nous dirigions vers une petite boutique qui s’appelle l’Effet bulles, vous allez voir ce que c’est.

    皆さん、こんにちは。

    パサージュ・ショワズールにいます。パリで一番長いパサージュです。厳密にいうと190メートルです。

    1825年から27年にかけて建設されました。

    ここには、作家のルイ=フェルディナンド・セリーヌが« nouveautés »というブティックをやっていた母親と住んでいました。

    これから「エフェ・ビュル」という可愛いブティックに行きます。

    3つのキーフレーズ

    遠慮しないで

    店の人の言葉。

    何かありましたら、遠慮せず、声をかけてください。

    レフェ・ビュル

    Si je peux vous renseigner, n’hésitez pas.

    直訳は、「もし私があなたに情報を与えることができれば、遠慮しないでください。」

    これは店員の言う決まり文句です。カミーユはこの言葉に、D’accord, merci. と答えていました。

    いつの間にか

    店について聞かれたときに。

    いつの間にか古物商とちょっとしたツテができました。

    レフェ・ビュル

    …j’ai établi au fil du temps une petite filière de brocanteurs…

    filière 手順、段階、ルート

    au fil de ~の流れに(沿って)、~に連れて

    au fil du temps 時間に連れて⇒いつの間にか

    命令、願望を表すque

    店が小さいので、できるだけ適切なセレクションをしたいという店の人。

    商品が響きあってくれればいいと思います。お互いに結びつきあって小さな物語を作ってくれるように。

    レフェ・ビュル

    Que les objets se répondent.Qu’il y ait une petite histoire qui les relie, quoi.
    ・・・ネイティブならではのフランス語の使い方ですね。

    se répondre (音が)響きあう、呼応しあう

    このqueはあとに接続法が続いて、願望を表しています。

    Que je réussisse.
    成功しますように。

    こちらにも同じ用法のqueが出てきます。
    歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 後編

    歌と訳詞:エリック・サティ~Je Te Veux(ジュ・トゥ・ヴ)

    年末年始の単語 その2~フランス語で新年のあいさつはどう言う?

    パサージュ・ショワズール

    パリの2区、オペラ地区にあるパサージュ。冒頭でカミーユが話しているように、パリで最長のパサージュです。

    ルイ=フェルディナンド・セリーヌ(1894-1961)という作家は子どものころ(20世紀のはじめ)、8年間(1899-1907)、ここに住んでいました。セリーヌの代表作は「夜の果てへの旅(Voyage au bout de la nuit)」「なしくずしの死(Mort à crédit)」など。

    この2冊で、セリーヌは、パサージュの名前は変えていますが、パサージュ・ショワズールの描写をしており、ガス灯はよどんだ空気のように臭かった、などと書いているそうです。

    ここは、20世紀になって少ししてからすたれたのですが、1970年代にケンゾーのブティックができてからまたにぎわうように。

    現在はカフェやレストラン、さまざまなブティック、雑貨屋さんなど入っており、旅行者にも人気です。ギャラリー・ヴィヴィエンヌのすぐ西です。

    こちらはパサージュ・ショワズールのビデオです。

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒Reportage – L’évolution du passage Choiseul~パサージュ・ショワズールの歴史

    今回の舞台になったレフェ・ビュルはケンとティファニーのお気に入りの店だそうです。古物と現代アーティストの手作りの作品がうまく融合して、すてきな世界を作り上げていますね。メディアにもよく取り上げられているお店です。

    お店のサイトも素敵ですよ。
    こちら

    Boutique déco à Paris, brocante à la demande | L’effet-bulles | Accueil

    それでは次回の「虎と小鳥のフランス日記」の記事をお楽しみに。

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●虎と小鳥って?⇒新「虎と小鳥のフランス日記」が初学者にも優しくパワーアップ!
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^