昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

虎と小鳥のフランス日記を振り返って

虎と小鳥のフランス日記を見るpen

今週の「虎と小鳥のフランス日記」第169話はこのビデオ教材の最終回です。

最終回 dernier épisode (デルニエ エピゾード)
フランス語では「エピゾード」とゾがにごります。Sが母音ではさまれているときは、にごりますね。

最後なので、カミーユとアントワーヌがこれまでを振り返っています。

まずはサンプルビデオをどうぞ。

★2015/01/24追記
「虎と小鳥のフランス日記」の配信が終了したため、サンプル動画も削除されました。あしからずご了承ください。現在は「不思議の国のフランス」という新しいシリーズを配信中⇒ウィンドウショッピング~不思議の国のFrance#2

冒頭1分のところに今回のキーフレーズ、2つが入っています。

★きょうのメニュー

  • サンプル部分のスクリプトと和訳
  • 3つのキーフレーズ
  • 虎と小鳥とペンギンと
  • それでは復習行ってみよう。

    サンプル部分のスクリプトと和訳

    Alors Antoine, nous voici arrivés au dernier épisodes de Tora to kotori no furansu nikki.

    En oui ! 169 épisodes.

    Tant que ça !

    C’est pas mal, hein ?

    Ouais, c’est beaucoup. Et alors, quels sont tes épisodes préférés ?

    Mes épisodes préférés ? Euh…probablement ceux qu’on est allés tourner à Saint-Malo, dans le sud de la France, aussi. A Auvers-sur-Oise j’ai beaucoup aimé.

    Moi aussi.

    Et puis à Paris euh…plein d’épisodes, aussi.

    アントワーヌ、これが虎と小鳥のフランス日記」の最終回ね。
    うん。169話。
    そんなにあるんだ。
    すごいよね。
    うん、たくさんだわ。それで、あなたの好きなエピソードはどれ?
    僕の好きなエピソード?ええっと、たぶんサンマロや、南仏で撮影したもの。それに、オーヴェル=シュル=オワーズも大好きだよ。
    私も。
    それにパリで撮ったのもたくさんある。

    ★ヴィデオに出てきた過去のエピソード
    ・サンマロ⇒サン・マロ~第16話
    ・南仏でとったもの⇒アスプルモン~プロヴァンス地方の小さな村~第19話
    南仏のはほかにもありますが、こちらが映像に出てきたものです。
    ・オーヴェル=シュル=オワーズ⇒ゴッホの亡くなった村~第20話

    3つのキーフレーズ

    そんなに!

    Tant que ça !

    これは「そんなに」と驚きを表す決まり文句です。
    Autant que ça ! とも言います。

    私が初めてこの表現を聞いたのは『サトシのナント留学記』というラジオ講座です。そのときの文を書いておきますね。

    Ça met combien d’heures d’avion de Paris à Tokyo ?
    Un peu moins de douze heures.
    Tant que ça !

    パリから東京まで飛行機で何時間かかるの?
    12時間に少し足りないぐらいです。
    そんなに!

    どれ

    あなたのお気に入りのエピソードはどれ?

    quels sont tes épisodes préférés ?

    quel,quelle, quels, quelles
    は ここでは「どれ」という意味。疑問代名詞と呼ばれます。
    代名詞なので、名詞の代わりに使っています。その名詞の性別によって、形が4種類ありますが、発音はすべて「ケル」

    あなたの傘はどれですか?
    Quel est votre parapluie ?

    quel は人も物もさします。
    Quel est le chef de ce groupe ?
    このグループのリーダーは誰ですか?

    ~と同じくらい

    最後のアントワーヌの挨拶の中に出てくる一節。

    エピソードの抜粋を振り返ることで、私たちだけではなく、私たち同様、皆さんも楽しんでいただけたらうれしいです。

    On espère que revoir ces extrait d’épisodes vous a fait tout autant plaisir qu’à nous.

    この文の構造は
    on espàre que que 以下のことを願っています

    どんなことを願っているかというと
    revoir ces extrait d’épisodes これらのエピソードの抜粋を再び見ること

    この行為が、vous a fait plaisir あなた達を喜ばせる

    どんなふうに喜ばせるのかというと、

    autant qu’à nous
    私たちを喜ばせるのと同じくらい toutは強調

    こうなっています。

    autant que ~と同じくらい
    J’en souffre autant que vous.
    私もあなたと同じくらいつらいです。

    faire plaisir à 人 ~を喜ばせる、楽しませる
    Ce cadeau lui fera plaisir !
    彼女はこのプレゼント気に入るだろう←このプレゼントは彼女を喜ばせるだろう。

    虎と小鳥とペンギンと

    un au revoir 1つのさよなら

    3年ちょっと続いた「虎と小鳥のフランス日記」の配信は今回で終了です。残念ですが、会うは別れの始め、さよならだけが人生です。

    今回のエピソードのフランス語のタイトルは
    Ce n’est qu’un au revoir.
    それは1つのさよならに過ぎない。

    au revoir 「さよなら」に不定冠詞 un がついています。
    「さよなら」する局面はいろいろあれど、それは1つのさよならにすぎない。「さよなら」があれば、新たな「こんにちは」がある、ということ。

    終わりは始まり、といういうわけですね。

    なかなかかっこいい言い方なので、覚えておくといいと思います。

    虎と小鳥とペンギンと

    虎と小鳥のフランス日記を見るpen

    さて、今回は最終回なので、私と「虎と小鳥のフランス日記」のかかわりについて、少し書かせてください。

    私がこの動画シリーズを見始めたのは、2012年の2月の下旬。

    初めて見たエピソードはこれでした⇒芸術性あふれる場『104』 第43話

    その前に、サンプルをいただき、第7話などを見ていたのですが、
    第7話⇒マダム・ベルガモット~第7話

    何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。どう考えても、自分のフランス語力より3オクターブは高い教材という印象。

    しかし、「学習初期段階から生のフランス語にふれることが大事」なので、わからないなりに毎週見ておりました。

    最終話はほぼ意味がとれました。まあ、最終回なので、中を見なくても内容は予測できますね。かなりゆっくりしゃべっていますし。

    私が好きなエピソードはこちらでも書いていますが⇒私的ベスト3「虎と小鳥のフランス日記」

    この回です⇒王のパティシエとライブ~第2話 まったりできるところがグー。

    同じ理由から、秋のパリが素敵なこちらも印象に残っています⇒秋のパリを散歩~第131話

    そして、私の好きなトリュフォーの監督の名前が出てきた唯一のエピソード⇒ヌーヴェル・ヴァーグ~第114話 こちらもお気に入り。

    また、音楽がフィーチャーされていたエピソードはみんな好きです。

    「虎と小鳥のフランス日記」を通じて、パリのさまざまな場所に映像で親しむことができました。

    私がフランス語を学習している理由はいろいろあるのですが、「フランス映画」をもっと楽しみたい、というのも動機の1つです。

    以前の記事でも書きましたが、いわゆるパリの定番のロケ地が映画に出てくると、それがどこかわかるようになり、映画を見る楽しみが増えました。

    また、毎回ブログを書くことによって、でてきたものや、場所について自習したので、背景知識も増え、それもよかったと思います。

    背景知識があると、映画をもっと深く楽しめますから。もちろん全くなくてもおもしろいのですが。

    「虎と小鳥のフランス日記」の終了に伴い、私の学習日記も終わります。一部アメブロにありますが、おかげさまで全エピソードの受講メモをつけることができました。おつきあいいただいた方、ありがとうございます。

    来週からはケンとティファニーが中心になって、新しいビデオ教材が配信されると聞いております。

    こちらも続けて見ていきますの、よろしければまたブログに遊びに来てください。

    それでは、また。

    ★これまでの「虎と小鳥のフランス日記」の記事はこちらからごらんになれます⇒『虎と小鳥のフランス日記』のまとめ

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


      • ゆめみき
      • 2014年 10月 01日

      penさんはじめまして
      今年の9月から虎と小鳥のプロジェクトに入会したものです。
      と思ったら虎と小鳥は今月で終了なんですね。
      たぶん同世代だと思いまして、親しみと尊敬の気持ちでブログを拝見させていただいております。
      26年前にフランスに半年滞在しましたが、ちゃんとした勉強を何もせず会話もほとんど出来ないまま帰国しました(夫がフランス語会話を少し出来たので全部お任せ状態で)
      後悔の念に駆られたまま家事、育児、家業に追われここまで放置していました。
      今年の夏25年ぶりにパリに旅行に行きましたが、全然フランス語が出来なかったので、一念発起、ちゃんと勉強しようと思ったときに出会ったのが虎と小鳥のフランス語でした。
      そしてこのブログに出会いました。
      大学卒業後、30年振りの本格的な勉強に今は新鮮な気持ちで向き合っています。途中で挫折しないように、PENさんのブログに刺激を受けながら頑張っていきたいと思います。これからも愛読させていただきます。よろしくお願いいたします。

        • フランス語愛好家
        • 2014年 10月 02日

        ゆめみきさん、はじめまして。
        ブログをごらんいただき、ありがとうございます。

        はい、「虎と小鳥のフランス日記」は今月で終了してしまって。
        急なお知らせになってしまい、大変申し訳ありませんでした。
        今週末から新シリーズが始まりますので、ご期待ください。

        夏にパリに行かれたのですね。やはり旅行に行くと、少しでも言葉ができたほうが楽しいですね。

        学生時代より、社会人になってからのほうが、勉強の楽しさがわかりますよね。私も一緒にがんばります。

        こちらこそよろしくお願いします。

    1. penさんこんにちは。
      今日はこちらからコメントします。
      最終話、流れる曲にも響きながら終わってしまいましたね。寂しいです~
      私の見てない(8月から始めたので)41-165話も希望すれば見れると思っていたのですが、後からのメールで送られて来たものについてもダウンも急いでやらないと見れなくなるというお知らせ。ほんとに困惑です。教材に魅力を感じて入会し、今ではフラン語漬けになっていたので本当に残念です。
      前のコメントの〈ゆめみきさん〉も不安でいらっしゃるのでは・・・
      また愚痴やらになってしまいすみません。

      penさんの誠実なお返事とブログでやる気を持たせて頂いて、情報楽しく見させてもらってます。

        • フランス語愛好家
        • 2014年 10月 04日

        yukiさん、こんにちは。
        コメント、ありがとうございます。

        そうですね。終わってしまいましたね。
        初めて間がないとショックですよね。
        最初は誰でもやる気があるし。

        「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーを
        買うこともできなくなりました。

        プレゼントの40話、まだ、ダウンロードされていないでしょうか?

        DLはダウンローダーなど、ツールを使えば
        少しは負担が減るかも。

        新しい動画が配信されるので、今度はそれで
        学習しましょう。

        いつもブログをごらんいただき、ありがとうございます。
        これからもよろしくお願いします。

      • ゆめみき
      • 2014年 10月 07日

      penさん、yukiさんこんにちは
      先日急いで40話までダウンロードしました。が、まだ半分しか見れていません。新しいビデオシリーズも始まりましたね。

      併せて星の王子様解説と文法講座も勉強しています。毎日が新鮮です。
      ご心配いただいてありがとうございます。
      頑張ります!

        • フランス語愛好家
        • 2014年 10月 08日

        ゆめみきさん、こんにちは。
        何もすべて一度に見る必要はないので
        ゆっくり見ればいいと思います。

        虎と小鳥のフランス日記のエピソードは
        こちらにまとめていますので
        参考にしてください。

        虎と小鳥のフランス日記 目次のまとめ
        http://furansu-go.com/tora-to-kotori-matome/

        >毎日が新鮮です
        それはよかったです。

        一緒にがんばりましょう。
        コメント、ありがとうございます。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^