昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ニースでソカを食べる~「虎と小鳥のフランス日記」第18話

ソカ(ニース名物)

今週の「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバーは第18話、ニース編のその2です。

ニース編・その1では何をやったか覚えていますか?ニースの紹介と、エピスリでスパイスを見て、石けんのスタンドをチェックしたのでした。

今回は、マルシェをひやかしてから、ニース名物のソカを食べに行きます。

きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • キーフレーズの解説
  • きょうの豆知識~ソカ~ニース名物
  • それでは、復習、行ってみよう!

    3つのキーフレーズ

    どうやら

    ニースにはソカ(後述)のレストランや、スタンドがたくさんあります。カミーユはこの場所では有名な「テレザのソカ」の店(といっても野外)にやってきました。

    ソカの店

    どうやら、ソカが来るみたいね。

    ソカの店にて

    Apparement la socca va arriver.

    ソカは店のそばのどこかで焼かれて、バイクで配達されます。

    ソカ(ニース名物)

    何からできていますか

    配達されたソカにタバスコをかけているテレザ。
    ソカが到着したとき、カミーユがソカについて質問したのですが、聞き逃したようで、テレザは「質問はなんだっけ?」と聞き直しました。

    えっと、私の質問は「ソカは何から作られているのですか」でした。

    ソカ(ニース名物)

    Alors, ma question c’était : «c’est fait à base de quoi la socca ?»

    やっぱり

    ソカの用意ができました。2人で並んでビデオにおさまったあと、歩きながら食べます。

    ソカ(ニース名物)

    テレザのソカは、やっぱりとても美味しいわ。

    カミーユ

    La socca de Thérèsa, elle est quand même très très bonne.

    カミーユは「おいしい」と言うとき、よくこの親指と人差し指で輪を作るジェスチャーをするのですが、これはフランス人一般のボディ・ランゲージなのでしょうか?

    キーフレーズの解説

    apparement

    「どうやら、おそらく」
    apparement(←apparent) の原義は「自分の見たことから判断して⇒見たところ」ですが、実際に見えていなくても、「~みたい」という時に使えます。

    Alain ne répond pas au téléphone, il est apparement absent.
    アランは電話に出ない、どうやら留守のようだ。

    à base de

    このbaseは製品のおもな成分や材料のこと。

    à base de + 無冠詞名詞 おもに~からできている
    sauce à base de crème クリームソース

    この無冠詞名詞のところを quoi にすると、キーフレーズのように、その食品の材料を聞くことができます。

    à base de quoi  何から

    baseは英語の「ベース」ですが、フランス語の発音は「バズ」なので、初めて聞いたときは、聞き取れなかったです。

    quand même

    quand mêmeはもう何度も出てきました。ここでは「やっぱり」という強調の意味。

    フランス人は会話でこの表現を頻繁に使うそうです。日本語で言えば「ほんとうに」ぐらいの感じかなと想像しています。

    きょうの豆知識~ソカ~ニース名物

    ソカはクレープの一種と言えます。クレープは日本のホットケーキやお好み焼きを薄っぺらくしたようなもの。ピザの台にも似ています。粉をといて焼く食べ物はどの文化にもありますね

    日本語のサイトでは「ソッカ」と書いてあるところが多いのですが、カミーユは「ソカ」と言っています。

    キーフレーズ2の、「何からできているのか」という質問の答えは、

    C’est la spécialité niçoise. C’est … ça fait avec de la farine de pois chiches et de l’huile d’olive. Et ça cuit au feu de bois.

    これはニース名物。ヒヨコ豆の粉とオリーブオイルから作るの。薪のオーブンで焼くのよ。

    ・・・でした。

    ほかに水と塩が入るシンプルな食べ物です。中世の頃からあり、伝統的な作り方をするときは、専用の1メートルぐらいある大きな丸い銅製の型に入れて、薪をくべたオーブンで焼きます。

    ソカを紹介している動画があるのでご紹介しますね。


    Nice Patrimoine : la socca by France3Nice

    patrimoine は「世襲財産、文化的遺産」という意味です。

    最初にでてきた人はちょっと胡椒を入れると言ってますね。食べる前に胡椒をふる場合もあります。まあ、このへんはお好みで。

    プレーンで食べてもいいですし、何かはさんで食べればランチにもなりそうです。

    ソカには小麦粉が入らないので、グルテンフリーの食べ物としても最近、人気があります。
    それでは、次回の「虎と小鳥のフランス日記」の記事をお楽しみに。

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●虎と小鳥って?⇒新「虎と小鳥のフランス日記」が初学者にも優しくパワーアップ!
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^