昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ノートルダム寺院

ノートルダム寺院

百合のFranceウォッチングの第18課の受講メモです。

この課では、食事をしながら百合が夏の予定について話しています。彼女は7月に料理教室に通い、8月にレンヌのお姉さんのところに行くとのこと。

この講座は去年の春の講座の再放送なので、半年ほど時期がずれていますね。

きょうのメニューは

  • 単純未来形
  • ポーズカフェ~パリの夏
  • です。

    単純未来形

    On fera la cuisine ensemble !
    一緒に料理を作りましょう。

    未来形の形

    語幹(動詞の最初の形が変わらない部分)
  • er動詞、-ir動詞は原形(不定法の形)
  • -re動詞は原形からeを取る
  • その他の特殊な語幹
  • 語尾

    ai, as, a, ons, ez, ont

    たとえば、manger (食べる)だと
    je mangerai
    tu mangeras
    il mangera
    nous mangerons
    vous mangerez
    ils mangeront

    ★発音確認用

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒manger~単純未来形の活用

    語幹が不規則なものの例(単純未来形の語尾は変わらない)
    je ferai (faire)
    je serai (être)
    j’aurai (avoir)
    je verrai (venir)
    j’irais (aller)

    用法

    1.未来のこと

    Il pourra neiger ce soir.
    今晩は雪になりそうだ。
    pourra < pouvoir

    2.話し手の意志

    Je reviendrai demain.
    明日、また来ます。
    reviendrai < revenir

    3.軽い命令(主語は2人称)

    Tu reviendras demain chez moi.
    明日、私のうちに来て。

    ※単純未来についてはこちらで詳しく書いています。
    「まいにちフランス語」36:L58 単純未来その1
    「まいにちフランス語」37:L59 単純未来その2

    ポーズカフェ~パリの夏

    書き取り

    フランス人にとって7月、8月はどんな月でしょうか?

    Eh bien ce sont d’abord les mois où les Français ont coutume de prendre des vacances. À tel point qui l’existe un terme pour désigner les vacanciers de juillet, on dirait juilletistes, et les vacanciers de mois d’aout, on les appelle les aoûtiens.

    バカンスの最盛期は7/14(革命記念日)~8/15(アサンプション)の頃ですね。

    Tout à fait. C’est la période où beaucoup de magasins sont fermées et les Parisiens désertent la capitale pour laisser la place aux touristes étrangères.

    この時期、パリは車が少なく空気もきれいですね。

    Oui euh l’Opéra et les théâtres font relâche, la plupart des grands restaurants sont fermés, ce n’est donc pas la meilleur période pour observer la vie quotidienne à Paris.

    単語メモ

    avoir coutume de + inf. ~するのが習慣である
    Les vacanciers ont coutume de partir au mois d’août.
    バカンスに行く人は8月に発つのが習慣である。

    à tel point que + ind. ~であるほど、までに
    Il a travaillé à tel point qu’il est tombé malade.
    彼は働きすぎて病気になった。

    faire relâche 休演[休業]する
    Le lundi est jour de faire relâche.
    月曜日は休園日だ。

    要約

    7月、8月、フランス人はバカンスをとるのが習慣で、juilletiste(
    7月にバカンスをとる人)や、aoûtien(8月にバカンスをとる人)という言葉まである。

    この時期、オペラ座も劇場も休業で、店も大きなレストランも閉まることが多い。街は外国人観光客ばかりで、ふだんのパリの生活をうかがい知るにはあまりいい時期ではない。

    いかがでしたか?「あまりいい時期ではない」と言われても、日本人にとっては、夏は一番休みがとりやすいときですよね?飛行機代、高いですが。

    それでは、来週のラジオ講座の記事をお楽しみに。

    この講座の過去の記事はこちらからどうぞ⇒ラジオ講座「百合のFranceウォッチング」記事の目次

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^