昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

名言その19~スタンダール「小説は街道を歩んでゆく鏡」

田舎道

フランスの小説家、スタンダールの名言をご紹介します。

Un roman est un miroir qui se promène sur une grande route.
– Stendhal (1783-1842)

小説は街道を歩んでゆく鏡です。
スタンダール

小説は街道を歩んでゆく鏡です。

これは、先週ご紹介した、スタンダールの小説「赤と黒」の中で登場人物が言う言葉。

スタンダールの経歴と代表作「赤と黒」についてはこちら⇒名言その18~広く好かれれば好かれるほど~」

スタンダールが、小説とは何か、について語っています。

鏡はいろんなものを映し出すもの。
街道は、その映しだされることが起こっている場所。

この社会で起こっているさまざまなことを、まるで鏡を使ったように、そっくりそのまま投影したものが小説である、といわけです。

これは、現実を客観的に描写する手法。
写実主義とかリアリズムと呼ばれるものです。

リアリズムの前に、ロマン派の文学というものがありました。
これは、自分の気持ちに忠実に、個性や自由を重んじる流れ。

この反動で、19世紀の半ばにフランスでは、リアリズムを追求する文学の傑作が生まれました。たとえば、バルザックやフロベールの小説です。

スタンダールはこの人達より少し早く生まれています。バルザックよりは16歳、フロベールよりは38歳年上。

ロマン派からリアリズムにうつる中間地点で「赤と黒」が書かれました。

「赤と黒」のサブタイトルは「1830年代記」です。
王政復古の時代で、1789年の革命以前の社会に戻そうと、保守的な政治が行われており、彼はその当時の支配者たちを、小説の中で批判しています。

さて、現実をリアルに移す鏡ですが、自分で動くわけではなく、誰かが持ち歩いています。持ち運べるのだから、この世界すべてを映せるほど大きな鏡ではなさそうです。

持ち歩いている人はどの道を歩くかはわかりません。メインストリートを行く人もいれば、どこかの路地裏みたいなところを行く人もいるでしょう。

歩く道を自分で選んでいる人もいれば、誰かにつきあって、いやいや歩いている人もいるかもしれません。

その道を行く目的だってさまざま。

それに鏡をどこに向けるかによっても、映るものが違ってきます。上のほうにあるものを映す場合もあるし、電信柱の後ろにまわって、下のほうにいる蟻を映すこともあります。

言うまでもなく、この鏡を持ち歩いている人は、その小説を書いている人。同じものをリアルに写実していても、作家によって、そこに映し出される世界が違うわけです。

よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

un 男性名詞につく不定冠詞 ひとつの

roman 小説
Elle aime beaucoup les romans d’amour.
彼女は恋愛小説が大好きだ。

est < être ~である miroir 鏡 qui 関係代名詞 ~(するところ)の くわしくはこちらをお読みください⇒「まいにちフランス語」39:L61 関係代名詞 qui と que

se promène se promener 散歩する、動きまわる

sur ~の上に

une 女性名詞につく不定冠詞 ひとつの

grande  大きな

route (都市間を結ぶ)道路、街道
都市内部の街路はrue dans la rue 通りで
道路上で、は sur la route
辞書によると、dans と sur の違いは、rueの閉鎖性と、routeの開放性の違いを表すそうです。

直訳

小説は街道を散歩する鏡です。

映画「赤と黒」

1954年、ジェラール・フィリップ主演、クロード・オータン・ララ監督
「赤と黒」はさまざまま映像作品になっていまうが、この映画が一番有名だと思います。

2009年にジェラール・フィリップ没後50周年を記念して、デジタルリマスター版が出ました。

法廷のシーンです。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒映画「赤と黒」より

ちなみにレナール夫人役はダニエル・ダリューです。

ジェラール・フィリップはこの映画がリリースされた5年後、36歳でガンで亡くなっていますので、どの映画見ても若若しいですね。

いかがでしたか?
岩崎良美の歌に「赤と黒」というのがあります。

今、YouTubeで見たら、ボタンが2列に並んでいる、黒いコートみたいなワンピースを着て歌ってました。軍服風なのでしょうか。

岩崎良美って、「愛してモナムール」とか「あなた色のマノン」とか、ちょっとフランス語がかぶったタイトルの曲がありますね。ちょっとだけね。

それでは、次回の名言の記事をお楽しみに。

名言の記事の目次を作りました。ご利用下さい⇒フランス語の名言の記事の目次



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^