昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

自分の書けそうな表現を探す~仏作文力養成講座第2回 前半

ライティング

清水先生の仏作文講座第2回の受講メモです。

この回は、まず目標(到達点)の提示として、課題は実際に過去出題された問題でした。「過去問をやってみて、自分に何が足りないのか、自覚せよ」、ということですね。

講義では、添削コースの生徒さんの答案から、先生が適宜ポイントをとりあげて、解説されています。

きょうは、22分の講義の前半11分の仏検の問題のところを聞きました。出題された和文の、最初の2つの文に使えそうな表現モデルをシェアします。

問題

わたしの数少ない趣味の1つが美術館めぐりだ。ぶらりと出かけ、ただぼうっと絵を眺めるのが好きだ、。何年ぶりかで見る作品との再会も楽しい。初恋の人や古い友だちと出会った気分になる。(2010年度)

仏検で作文が出るのは準1級以降です。

表現モデル

趣味

passe-temps, hobby, loisir, divertissement
goût は「あの人は趣味がいい」の「趣味」なのでここではふさわしくありません。

数少ない

rares, peu nombreux
少ない数でも複数、というところがフランス語らしいですね。

美術館めぐりをする

faire le tour des musées, visiter les musées, aller aux musées

ぶらりと

⇒目的もなく、行き当たりばったりに
sans but précis, à l’aventure, à l’improviste

3つとも私は思いつかなかったです。
précis 明確な

à l’aventure 行き当たりばったりに、当てずっぽうに、適当に
marcher à l’aventure 当てもなくぶらぶら歩く = au hasard
partir à l’aventure 目的なしに/行き先を決めずに出発する
aventureは意外な出来事、冒険。アバンチュールという日本語になってますね。今はあんまり言わないですかね?日本語では、特に「恋の冒険、火遊び」という意味で使われています。

à l’improviste 不意に、出し抜けに、即興で
Elle m’a rendu visite à l’improviste.
彼女は突然私を訪ねてきた。
improviste という単語は à l’improviste という形でしか使われません。動詞は improviser 即興で作る。improviser un repas ありあわせの食事を作る

ぼうっと

distraitement, d’un œil distrait, paresseusement, vagument

distraitement  ぼんやりと、うわのそらで、うっかりと
répondre distraitement うわのそらで返事をする

distrait 放心した、うわのそらの、ぼんやりした
écouter d’une oreille distraite うわのそらで聞く

ぼうっと眺める⇒絵を見るのに没頭する、と考えると
se perdre dans ~に没頭する、夢中になる、を使って
Ils se perd dans la méditation. 彼は瞑想にふけっている
または
se plonger dans 没頭する
se plonger dans une lecture 読書にふける

を使って、
se perdre [se plonger] dans la contemplation d’un tableau
とも言える、と聞きましたが、絵をぼ~っと見てるときって、実施に絵を没頭して見てるんでしょうかね?

みんな、絵を見てるときって、あまり何も考えてないですよね?絵って何か感覚にうったえてくるものだから、絵から受けるものを言葉にするのはとても難しいと思います。

言葉にしてる人もいますけど。
たとえば水林先生とか。
関連記事⇒水林章先生の「メロディ」~翻訳講座第11回前半

きょうのポイント

  • 作文をするときは、自分が使えそうな表現を見つける能力が重要。
  • il est と c’est の使い分けに気をつける。Il’est ~que と C’est ~que(強調構文ではない)がともに可能な場合は、作文ではIl’est ~queを使う。また、Il’est は前に書いた文を受ける機能はない。
  • 作文では、ça ではなく、celaを使う。ça はcelaの短縮形であり、話し言葉。
  • 問題の解答例

    Un des mes rares loisirs est d’aller aux musées. J’y vais sans y réfléchir, et j’aime contempler distraitement des tableaux. Il est plaisant de revoir une œuvre que je n’ai pas vue depuis de longues années. J’ai l’impression de retrouver mon premier amour ou un vieil ami.

    いかがでしたか?

    仏検準1級の作文の問題をあまり見たことがないのですが、「ぼうっと」とか「ぼんやりと」とか「なんとなく」「知らないうちに」「うっかりと」といった表現がよく出てくる気がします。

    こういう副詞や副詞句をせっせと仕入れなければいけませんね。

    それでは、次回の作文講座の記事をお楽しみに。



    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^