昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語の数字【第20回】~18(ディズュイット)

eighteen

慣れないと難しいフランス語の数字を1つずつチェックしています。今週は18です。

数字 «18»

18 は dix-huit ディズュイット
dix(10) と huit(8) をトレデュにオン(-)でつなぎます。

参考:
dix ⇒10(ディス)
huit⇒8(ユイット)
トレデュニオン⇒フランス語のアクサン(つづり字記号)と句読点のまとめ

発音はこちらで確認してください。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒dix-huit

dix-huit のhuitは8と同様に、Hは発音せず、語末のTは発音します。
子音が続くときは、このTの音が落ちて、ユィッとなります。

歌 «Une fourmi de dix huit mètres »

タイトルに18の入っている童謡をご紹介します。

動画はこちら

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Une fourmi de dix huit metres

この歌の歌詞はロベール・デスノスの詩がもとになっています。

Une fourmi de dix huit mètres

Une fourmi de dix-huit mètres
Avec un chapeau sur la tête
Ça n’existe pas, ça n’existe pas

Une fourmi traînant un char
Plein de pingouins et de canards
Ça n’existe pas, ça n’existe pas

Une fourmi parlant français
Parlant latin et javanais
Ça n’existe pas, ça n’existe pas
Et pourquoi… pourquoi pas

訳してみました:

18メートルのアリ

18メートルのアリ
頭に帽子をかぶってる
そんなのいない、そんなのいない

山車(だし)を引っ張るアリ
ペンギンとアヒルをいっぱいのせて
そんなのいない、そんなのいない

フランス語と、ラテン語と
ジャワ語を話すアリ
そんなのいない、そんなのいない
でも、どうしていないんだろ

メロディの違うバージョンもありました。

ロベール・デスノス Robert Desnos

ロベール・デスノス(1900-1945)はフランスのシュールレアリズムの詩人。ジャーナリスト、シナリオライター、作家。

子どものときは勉強嫌い。しかし、文学や大衆文化に多大なる興味を持っていました。1922年にシュールレアリズムの活動に参加。初期のシュールレアリズム運動の方向付けに大きな役割を果たします。

その後この運動から離れ、より柔軟なスタイルを志向。30代は、当時始まったばかりのラジオで活躍。シナリオを書いて番組や広告を作って人気を博しました。

この頃、藤田嗣治の妻であったユキと恋に落ち、結婚。

だんだん政治に興味を持つようになり、1942年にレジスタンス運動に参加。44年にゲシュタポにつかまり、収容所を転々としたあげく、45年にチェコのテレジン収容所で亡くなります。死因はチフス。

代表的な詩集は
Deuil pour deuil (1924) 喪には喪を
Corps et biens (1930) 肉体と幸福
État de veille (1943) 覚醒状態

シュールレアリズムと言っても、彼の詩は平易でわかりやすいものが多いそう。言葉遊びをたくみに使い、ユーモアがあります。

このアリの詩も「ふふふ」と笑える詩ですね。
子どもむけの詩集も残しており、たくさん歌われているようです。

●ロベール・デスノスの詩の一部はこちらで読めます⇒Robert Desnos – Poet | Academy of American Poets

●こちらにも詳細なプロフィールあり⇒Robert Desnos

●こちらは彼の生涯を追ったドキュメンタリー。46分と長いですが、興味のある方はどうぞ。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒ROBERT DESNOS

●英語で書かれた伝記
Robert Desnos, Surrealism, and the Marvelous in Everyday Life
アマゾンマーケットプレイスで入手可能⇒Robert Desnos, Surrealism, and the Marvelous in Everyday Life

dix-huit を使った表現、文章

le dix-huit août 8月18日

il y a dix-huit ans 18年前

Sa femme a dix-huit ans.
奥さまは18歳。

いかがでしたか?

デスノスは45年の6月4日に亡くなっています。もうこの戦争が終わる頃です。病気になっていなければ、解放されていたでしょうね。

ちなみに、藤田嗣治の妻だったユキは、本名リシュー(Lucie )というフランス人女性。才色兼備でパリの芸術家サークルのミューズでした。とても美しい人だったのですが、酒癖が悪かったとか。

この続きはこちら⇒フランス語の数字【第21回】~19(ディズヌフ)

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム

★トップの写真をお借りしました。
photo credit: chrisinplymouth via photopin cc



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^