昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

2014年春夏のバッグのトレンド[第1回]

フリンジのついたバッグ

こんにちは。
penです。

いつも読んでる、女性向けWebマガジン、madmoiZelle.comから、この春夏流行のバッグに関する記事を読みました。

タイトルは
Les tendances sacs à main printemps-été 2014
2014年春夏のバッグの流行

きょうはイントロダクションと、一つ目の流行のバッグです。

フランス語でバッグはsac(サック)。ですが、一口にバッグといってもいろいろありますね。女性がよく使うバッグの言い方を覚えてしまいましょう。

Les tendances sacs à main printemps-été 2014 2014年春夏のバッグの流行

これからどんなバッグが流行るのか、知りたい方は、こちらをごらんください。2014年春夏のセレクションのアドバイスです。

2014年の春夏のファッションの流行をチェックしたので、きょうは、バッグの流行を取り上げますね。

エスニックなモチーフ、明かるい色、たくさんのフリンジ、パステルカラー、そして、ハードなレザー。これが夏の素敵な装いのためのラインナップです。

Les franges

今シーズンはフリンジが大々的にリバイバルします。
数年間、なりをひそめていましたが、ハンドバッグや、ショルダーバッグ、リュックサックのデザインに戻ってきました。

Rock’n’roll en noir, bohème sur des sacs bandoulière, hippie chic avec des perles ou encore ethniques avec des tressage… il y en aura pour tous les goûts et tous les styles : de la festivalière de Coachella à la cowgirl du Grand Ouest, 2014 sera définitivement l’année du sac frangé.

黒いロックなタイプ、ボヘミアンな斜めがけバッグ、パールのついたシックなヒッピー風、皮を編んだモチーフのついたエスニックなもの。あらゆる好みにあう、すべてのスタイルが登場します。

コーチェラ・フェスティバルから、北フランスのカウガールまで、2014年はまさしくフリンジのついたバッグの年になるでしょう。

元記事 → Les tendances sacs à main printemps-été 2014

単語メモ

pièce phare アドバイス phare 灯台⇒導き手 

décortiqué < décortiquer ~の殻をとる;(話)~を詳細[徹底的]に分析する frange フリンジ、房飾り  発音はフロンジュ à gogo (話) たくさん、あり余るほど、好きなだけ Il y a du vin à gogo. 好きなだけワインがあります。 ・この歌の歌詞に出てきます⇒ジャック・ドゥミ監督の「ロシュフォールの恋人たち」より『双子姉妹の歌』の訳詞、その3語

cartonné < cartonner (話) 高得点をあげる、(スポート)圧勝する、大成功する、(反語的に)失敗する、しくじる Ça cartonne sec. うまくいったぞ、やったせ。 ここでは、反語的に使っているほうだと解釈しました。 festivalière de Coachella コーチェラ・フェスティバル 詳しくはこちら⇒2014年春夏ファッションのトレンドその5~ヒッピー・シック

le Grand Ouest フランスの北西部のブルターニュ地域圏とペイ・ド・ラ・ロワール地域圏のあたり。グランウエスト地方。「グランウエスト」ってよく日本のマンションの名前になっていますね。

きょう出てきたバッグの種類

sac à main ハンドバッグ main は 手

besace ショルダーバッグ
辞書によると、もともとはズタ袋(中央の口から物を出し入れする細長い袋で、肩に振り分け、巡礼などの旅人や物乞いが使う)

besace で画像検索すると、かぶせのついてる、斜めがけするようなショルダーバッグがたくさん出てきたので、ここではショルダーバッグとしました。

この肩にかけるバッグの進化形が今のショルダーバッグだと思います。

sac à dos  リュックサック dos は 背中

考えてみれば、バッグは手に持つ、肩にかける、背中に背負うの3パターンしか考えられないですよね。足でひきずる人はいないと思うのです。

あ、あと、ウエストに巻きつけるタイプもありますね。
ウエストバッグは sac de taille   taille(タイユ) はウエスト。身長、サイズという意味もあります。

関連動画~フリンジのついたバッグ

グッチのフリンジのついたバッグのプロモーションビデオです。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒グッチ 「ザ・フリンジ」

SF風ですね。
フリンジと、くらげの触手(しょくしゅ)のイメージを重ねあわせてるのがおもしろいです。

いかがでしたか?
フリンジバッグは、1960年代後半から70年代のはじめにかけて、ヒッピームーブメントと一緒に流行ってました。

それがリバイバルしてるんですね。

でもあんまりフリンジが長いと、電車のドアにひっかかってしまいますよね?

この続きはこちら⇒[第2回]レトロでロマンチックなバッグ

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^