昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ブドウ収穫祭・その2 非結婚式~「虎と小鳥のフランス日記」第22話

アベス広場

「虎と小鳥のフランス日記」のバックナンバー、今週は第22話の復習をしました。

第21話 ブドウ収穫祭・その1の続きで、2011年のモンマルトルのブドウ収穫祭(les Vendanges)が舞台です。

この回はモンマルトルの丘の登り始めぐらいのところにあるアベス広場で行われていた「非結婚式」の様子。

非結婚式というのは、カップルが、「法的には結婚しないけど、ともに人生を歩みます」という式で、なんともフランス的エスプリのきいた催しです。

式を執り行うのは18区の区長さん。この人がまた冗談が好きみたいで、ジョークが炸裂しておりました。

よって、彼のしゃべるフランス語は難しいです。でも、むっつりした区長さんより、こういう方のほうが断然いいですね。

きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズ
  • キーフレーズをちょっと解説
  • きょうの豆知識~アベス広場
  • それでは、復習、行ってみよう!

    3つのキーフレーズ~すべて区長さんの言葉

    それは~だからです

    新婦の髪型が話題になっています。
    新郎が「彼女の髪型がうらやましい」と言うと、区長さんも「わかりますよ」と同意します。

    というのも、あなたには櫛は必要ありませんね。かわりにボディタオルがいりますが。

    ブドウ収穫祭~非結婚式

    C’est que vous avez pas de peigne, il faut un gant de toilette, carrément.

    ちょっと聞いていいですか?

    新婦の仕事がウエブデザイナーだと知り、区長さんが

    ちょっと聞いていいですか?

    ブドウ収穫祭~非結婚式

    Ben dites-donc avec là…

    いずれにせよ

    インタビューをしめて、非結婚式に移ろうとするときの言葉です。

    いずれにせよ

    ブドウ収穫祭~非結婚式

    En tous cas …

    キーフレーズの解説

    C’est que …

    C’est que はたまに「虎と小鳥」に出てくるのですが、C’est parce que の略で「それは~だから」と理由を強調するときの表現です。

    C’est que je suis tout seul et que je commence à fatiguer.
    1人なので、疲れてきました。

    これは、第92話のキーフレーズで、歌手が言った言葉。
    ビストロのライブで1人で歌い続けていたので、疲れてきた、という意味です。

    詳しくはこちら
    「虎と小鳥のフランス日記」第92話 ベルヴィルの大衆的なビストロ

    gant de toilett というのはトイレ掃除をするときするゴム手袋をさすこともありますが、この場合はからだを洗うときに使うボディタオルとかウォッシュクロスで、手袋になっているものだと思います。

    参考⇒きょうの単語:gant de toilette

    dites-donc

    これは、「ちょっと聞いてもいいですか」とか「つかぬことをお聞きしますが」という決まり文句。

    ここでは、vousを使って話しているので、vousの活用ですが、tuの相手なら、dis-donc となります。

    文脈によっては「ちょっと待って」と訳したほうがいいときもあります。あるいは、「あ、そういえばさ~」とか、ちょっと話の流れを変える間投詞ですね。

    en tous cas

    これは、もう何度も出てきてます。「とにかく、いずれにしても」と話をまとめる、切り上げるときに使う表現です。

    きょうの豆知識~アベス広場

    アベス広場のあたりは、映画『アメリ』のロケで使われたので、おなじみの方が多いかもしれません。

    広場はパリ12号線の、地下鉄アベス駅の周辺です。

    この駅の天井はガラスになっています。これは、エクトル・ギマール(Hector Guimard)のデザインした、パリに現存する3つのアール・ヌーヴォー様式の天蓋の1つです。

    METROPOLITAIN という文字もギマールのデザイン。

    こちらは、モンマルトル、アベス広場、駅、サン ジャン ド モンマルトル教会の歴史を紹介しているビデオです。アベス広場にある「ジュテームの壁」も出てきます。

    なかなか興味深いですね。
    モンマルトルの名前の由来は、第21話 ブドウ収穫祭・その1で書いているので、参考にしてください。

    きょうのおまけ~ハワード・ジョーンズのWhat is love?

    誰も知らないと思いますが、1980年代のハワード・ジョーンズのヒット曲、What is love ? のビデオで、彼が、アベス駅の前で歌い始めるので、ご紹介します。

    この曲の邦題が思い出せません・・・


    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒ハワード・ジョーンズ~What is love?

    私のように、「虎と小鳥のフランス日記」を139話全部見ていると、「あ、これ、あそこじゃん」とわかるパリの名所がいろいろと出てきますね。

    30年前は、全く気づいていませんでしたが。

    いかがでしたか?
    ハワード・ジョーンズ、懐かしいですね。彼がビデオで着ていたのとそっくりなブロックチェックのシャツを私も持っておりました。

    帽子はかぶっていませんでしたけどね。

    それでは次回の「虎と小鳥のフランス日記」の記事をお楽しみに。

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●虎と小鳥って?⇒新「虎と小鳥のフランス日記」が初学者にも優しくパワーアップ!
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^