昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語の数字【第22回】~20(ヴァン)

数字20

慣れないと難しいフランス語数字を毎週1つずつチェックしています。今週第22回は「20」です。

数字 «20»

20 は vingt ヴァン

発音はこちら

※YouTubeで見る方はこちらから⇒vingt

in は鼻母音 g と t は読みません。

母音で始まる語の前と、21~29を言う時はTを読み、ヴァントと発音します。

vingt ans 20年 ヴァントン 発音はこちら ▲マークを押すと聞こえます。

■語源はラテン語のviginti→vinti vint
vi は bi(2回) gint は10という意味。

■派生語
vingtaine ヴァンテーヌ およそ20
vingtième ヴァンティエム 20番目、20分の1
vingtième siècle 20世紀
vingtième arrondissement (パリ)の20区

歌 『20歳』

vingt がタイトルに入っている歌をご紹介します。

Vingt Ans
1987年 Pierre Bachelet (ピエール・バシュレ)のヒット曲

自分が20歳のときは、こんなふうだった、と歌っています。
彼は1944年生まれですから、激動の60年代に青春を過ごしていたわけですね。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Pierre Bachelet – Vingt Ans

80年代ふうのアレンジです。

歌詞にving ans が8回出てきますが、一番初めに出てくるところを訳してみます。

En ce temps là j’avais vingt ans
Sur la télé en noir et blanc
On découvrait le rock and roll
Elvis Presley et les idoles
Fauteuils cassés dans tous les music halls
En ce temps là c’était Paris
C’était la guerre en Algérie
Dans les bistrots de la banlieue nord
On était pas toujours d’accord
Ira ou pas, d’accord ou pas d’accord

あの時、僕は20歳だった
白黒テレビで
ロックンロールを初めて見たのさ
エルヴィス・プレスリーと、彼のアイドルたちを
コンサート会場で壊された椅子を
あの時、それはパリでのできごと
アルジェリアでは戦争
北の郊外のビストロで
いつも意見があわなかった
行くのか行かないのか、賛成なのか反対なのか

歌詞はこちら⇒Paroles Vingt Ans – Pierre Bachelet

vingt ans は「青春」という意味もあります。

ピエール・バシュレ Pierre Bachelet

ピエール・バシュレ(1944-2005)は、フランスのシンガーソングライター。日本では『エマニュエル夫人』(1974)のタイトル曲で知られています。

彼がフランスでメジャーになったのは、80年代に入ってから。82年に Les corons(邦題がわからなかったのですが、coron は北フランスやベルギーの鉱夫の住宅、鉱夫街です)という歌が大ヒットします。

バシュレはパリ生まれですが、すぐに、父親の故郷であるフランスのカレー(Calais)に引っ越し、ここで大きくなります。

カレーは19世紀の産業革命をささえた炭鉱地帯でした。石炭産業の街だったわけです。

バシュレは10代のときには、パリに戻って、映画の勉強をします。始めは映画関係の仕事をしていたので、歌手活動の開始は遅く、30歳近く。『エマニュエル夫人』のテーマを歌ったのはこの頃。

幼年時代を過ごしたカレーの街が生涯好きで、その思いを歌ったのが Les corons。厳しい北の生活や炭鉱夫への賛歌です。

その後ヒット曲を連発し、オランピア劇場にも何度も立つ大スターとなりました。残念ながら、2005年、がんで亡くなっています。60歳でした。

vingtを使った表現、文章

les années vingt 20年代

vingt-quatre heures 丸一日
On ne peut pas s’amuser vingt-quatre heures sur vingt-quatre.
四六時中遊んでいるわけにはいかない。

le vingt du mois dernier
先月の20日

いかがでしたか?
ベルギーの国境に近いノールパドゥカレーの炭鉱地帯は世界遺産になっています。Les coronsはとてもいい歌なので、そのうちまた訳詞のコーナーで取り上げます。

この続きはこちら⇒フランス語の数字【第23回】~0 – 20の復習

★このシリーズを最初から読む方はこちらからどうぞ⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)

★ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、こちらからどうぞ⇒お問い合わせフォーム

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人


    • うさぎのぎい
    • 2014年 12月 12日

    「Vingt Ans」で8回vingt ansが出てくるというので、最近では思い出せないくらいの集中力で聴いて、指を折りながら数を数えました。前半には余り出てこないので、ありゃぁこれで8回あるの?と思いましたが、後半に次第に出てきて、ここまで6回出てきたよなぁ、もう曲も終わりそうなのに後2回出てくるのかぁ?と仕舞いにはクイズ感覚で数えておりまして、何となく8回だったよなと・・・。韻を踏んでいるような?ところもあり、こりゃぁ引っ掛けだなぁなんて思ったり。歌詞の内容などは全く理解出来ず、ここレーヴって聞こえたぞ、夢のことを言っているのか?と好き勝手に思ったりした次第です。でも、クイズみたいで大変面白かったです。

      • フランス語愛好家
      • 2014年 12月 13日

      うさぎのぎいさん、こんにちは。

      はい、曲の後半にたくさん出てくるんです。
      僕は20歳だった、きみもの同じぐらいだったね、
      ということろで韻をふんでいます。

      楽しんでいただけたようでよかったです。
      なかなかいい曲ですよね。

      コメントありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^