昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

アントワーヌとコレット~入門日記第25回

レコード・プレイヤー

こんにちは。フランス語愛好家のpenです。
きょうは、入門日記をお届けします。

入門日記とは、私が独学でフランス語の学習を始めたときに、自分の記録のために非公開ブログに書いていたもの。

毎週土曜日にその週やったことを記録していました。また、時々、好きなトリュフォー監督の映画のタイトルを調べながら語彙増強をはかっていました。

きょうはそんな映画のタイトルについて書いたある日の日記です。学習開始後4ヶ月ほど経過しています。

フランス語独学日記

2009年9月1日 Truffautの映画のタイトル-7

7作目は Antoine et Colette 副題が l’amour à 20 ans。1962年

また人の名前でアントワーヌとコレット*。副題は二十歳の恋。このamour という男性名詞が「愛、恋愛」という意味。

この映画は「大人は判ってくれない」のアントワーヌが17歳のときのエピソードを同じ役者(ジャン=ピエール・レオ)が演じている。

あのニヒルな少年がなぜかあぶない青年になってしまっている。

コレットに一目ぼれしたアントワーヌは、あれやこれやお近づきになるためにストーキングまがいのことをするが結局ふられるというごく短い話。

あらすじの仏文にあるストーカーまがいのアントワーヌの描写。

Il l’aborde, lui écrit, lui téléphone, l’emmène au cinéma, lui offre un disque et finit même par déménager pour s’installer en face de l’immeuble où elle habite avec ses parents.

aborder: to approach
écrire: to write
téléphoner: to call
emmener: to take
offrir: to give
même: even
déménager: to move (house)
s’installer: to settle
en face:opposite
immeuble (m):block of flats、building

最後にはコレットの近所に引っ越して、両親とは仲良くなれたのだが・・。

YouTubeに英語字幕のものがある。以前見たことあるが、古いものがいっぱい画面に登場するので楽しい。

アントワーヌはクラシック音楽が好きで、レコード会社で働いていて、レコードをプレスしたりする。

・・・古い日記ここまで・・・

*「また人の名前」と書いているのは、その前の映画も「ジュールとジム」という人名がタイトルだったからです。

「ジュールとジム」についてはこちらをどうぞ⇒突然炎のごとく~入門日記第23回

『アントワーヌとコレット』

この映画は『二十歳の恋』というオムニバス映画のパリ編です。長さは30分ほど。

『二十歳の恋』はパリ、ローマ、東京、ミュンヘン、ワルシャワという5つの都市を舞台にした青春を、それぞれの国の監督が描いた作品を集めたもの。

おそらく、トリュフォー監督のパリ編が一番有名です。ワルシャワ編はアンジェイ・ワイダ監督によるもの。東京編は石原慎太郎監督のものです。私はパリ編しか見ていません。

アントワーヌというのは、「大人は判ってくれない」で出てくるアントワーヌで、いわゆるアントワーヌ・ドワネルものの二作目です。

「大人は判ってくれない」についてはこちらに書いています⇒「大人は判ってくれない」の原題知ってる?~入門日記第12回

こちらは映画の抜粋。
冒頭の部分と、アントワーヌがコンサート会場でコレットに一目惚れする部分など。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒二十歳の恋 / フィルム・シンフォニック・オーケストラ
音楽はジョルジュ・ドルリューです。

日記の中のフランス語について

当時は、英仏辞典を使うことが多かったので、単語の意味を英語で書いています。改めて、日本語で記しておきますね。

aborder:近づいて話しかける
écrire:書く
téléphoner:電話する
emmener:連れて行く
offrir:あげる
même:~でさえ
déménager:引っ越す
s’installer:住む
en face:正面に
immeuble (m):大きな建物、ビル、アパート、マンション

文章の和訳は

彼は彼女に近づき、手紙を書き、電話をし、映画に連れ出し、レコードをプレゼントし、とうとう彼女が両親と暮らしているアパートの真ん前に引っ越しまでします。

このようにアントワーヌは猛然とアタックしたのですが、コレットからは兄のような存在と見られて、あっさりふられてしまいます。コレットの両親からはすごく気に入られるのですけどね。

いかがでしたか?

この日記を書いたときは、中に書いた仏文の意味は辞書をひいても、ぼんやりとしかわかりませんでした。さすがに今はわかるようになっていて、よかったです。

少しフランス語を勉強すれば、この程度の文章はわかるようになります。

「フランス語をやってみたいけど、難しくて無理そう」と思っている方は気軽に始めてみてはいかがでしょうか?

何も皆が皆、ペラペラとフランス語をしゃべったり、翻訳や通訳ができるようになる必要はありませんから。

それでは、次回の入門日記をお楽しみに。

過去の入門日記はこちらからどうぞ⇒フランス語入門日記~目次を作りました

ご意見、ご感想をお寄せください⇒penにメールする



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^