昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語の数字【第27回】51 – 60

numbers 51-60

慣れないと難しいフランス語の数字を少しずつチェックしています。きょうは51から60まで。

21から69までパターンは同じです。10の倍数に1の位の数字を組み合わせるだけです。

1の位の数字があまりにあやふやな場合は復習をどうぞ⇒【第12回】1(アン)~10(ディス)の復習

数字 51-60

数字 51

作り方は21、31、41と全く同じで、「50と1」と書きます。

cinquante et un
数詞として扱うときは常にcinquante et un

後ろに女性名詞が続くときは
cinquante et une

※1990年の清書法では、cinquante-et- un とトレデュニヨンで結びます。
参考⇒【第24回】21 – 30

数字 60

今回初めて出てくるのは、60 soixante ソワサーント
oi は二つセットで「オワッ」。
xはsの発音
an は鼻母音です。

発音はこちら

※YouTubeで見る方はこちらから⇒soixante

■語源はラテン語の soixante ← sexanginta

■派生語など
soixantaine ソワソンテーヌ およそ60
soixantième ソワソンティエム 60番目の

sexagénaire セクサジェネール 60歳代の人

■soixanteを使った表現、文章
les années soixante 60年代

Le soixante a gagné.
60番の選手が勝った。

数字 51から60

52から59は22~29、32~39、42~59、と同じ要領で、soixanteと1の位の数字をトレデュニオンでつなぎます。

51 cinquante et un
52 cinquante-deux
53 cinquante-trois
54 cinquante-quatre
55 cinquante-cinq
56 cinquante-six
57 cinquante-sept
58 cinquante-huit
59 cinquante-neuf
60 soixante

発音はこちらで確認を。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒フランス語の数字50~60

cinquante の Tの音を発音していない数字もありますが、これは正式にきっちり言うときは発音するのだと思います。

5:55

歌詞に数字55が出てくる曲をご紹介します。
曲のタイトルは 5:55
cinq heures cinquant-cinq 5時55分 という意味。

実は、この曲は英語の歌です。が、5:55の部分はフランス語です。歌っているのは、シャルロット・ゲンズブールですから、5:55はちゃんとフランス語として発音していると思います。

では動画をどうぞ

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Charlotte Gainsbourg – 5:55

冒頭の歌詞は

A cinq heures cinquante-cinq
Awake with open eyes
A drift upon the night
And miles away from land

5:55
5:55

5時55分に
目覚める
夜の余韻
地上の果て

5時55分
5時55分

もとの歌詞はごらんのように4行すべてA(ア)から始まっていて、詩的なんですが、私の訳は今ひとつです。

一番最後のリフレインも
And again
And again
と続いています。

歌詞はこちらを参照してください⇒Charlotte Gainsbourg – 5:55 Lyrics | MetroLyrics

シャーロット・ゲンズブールは1971年生まれの43歳。フランスの人気女優です。ご存知の方も多いでしょうが、父はセルジュ・ゲンズブール、母はジェーン・バーキン。

、歌手としての活動は1986年に父親のプロデュースで、Charlotte for Ever 『魅少女シャルロット』というアルバムを出しています。

その後は音楽活動はほとんどしていませんでしたが、2006年に 5:55 というアルバムを発売し、これがものすごく売れました。

プロデュースはイギリスのレディオヘッドのナイジェル・ゴドリッチ(Nigel Godrich)、曲や演奏には、フランスのデュオ エール(Air)、英国のジャーヴィス・コッカー Jarvis Cocker、アイルランドのニール・ハノンらが協力。当代の一流ミュージシャンとコラボして、セルジュ・ゲンズブールの世界を超えたという感じでしょうか。

そこまで行くのに20年の歳月を要したのかもしれないですね。

このアルバムは彼女が大人になって初めて発表したアルバムでもありますし、実質的にファーストアルバムと呼べるかもしれません。

“5:55”

試聴とレビューはこちらから⇒“5:55”

いかがでしたか?

シャルロット・ゲンズブールの5:55というアルバム。1曲をのぞいてすべて英語です。というのも両親の影響から離れたところで音楽を作りたかったからだそうです。

父親が偉大すぎて、いろいろ苦労があったのでしょうね。

★この続きはこちら⇒フランス語の数字【第28回】61 – 70

★このシリーズを最初から読む方はこちらからどうぞ⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)

★ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、こちらからどうぞ⇒お問い合わせフォーム

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^