昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

マリー・ペン・アントワネット

百合のFranceウォッチング、第28課の受講メモです。
この講座では、文法は軽くながして、おもにポーズカフェを勉強しています。

今週は、3人でジャパン・エキスポに行ったときの会話ですね。
ジャパン・エキスポについては、先週のジャパン・エキスポ~ヨーロッパ最大の日本を紹介するイベントに詳しく書いています。

きょうのメニュー

  • 命令形
  • ポーズカフェ~コスプレ
  • 命令形

    Regardez les cosplayers là-bas !
    あそこのコスプレをしている人たちを見て!

    命令形は、相手に、命令、依頼、勧誘などする形です。命令というときつく聞こえますが、ゆるやかなお誘いもこれに入ります。

    tu, vous, nous の動詞の活用をさせ、主語をとればできあがり。
    日常生活において、ひじょうによく使われる形です。

    例文)
    健康のために水を飲みなさい。
    Pour votre santé, buvez de l’eau.

    ★命令形はこちらに詳しく書いていますので参照してください。
    「まいにちフランス語」13:初級編L35~動詞prendreと命令法

    ※コスプレは日本語がそのままフランス語になって、cosplay
    コスプレをしている人 cosplayer/cosplayeuse

    日本語のコスプレは英語のcostume+playから来た和製英語ですが、英語でもこのまま使われていますね。アニメパワー、恐るべし。

    ポーズカフェ~コスプレ

    書き取り

    ジャパン・エキスポに向かうメトロの中でフランス人がたくさんコスプレをしているのを見て驚きました。

    Au Japon aussi si l’on va à Harajyuku par exemple, on peut croiser des jeunes filles revêtue de tenue Maid ou Lolita.

    あれはファッションです。コスプレはイベント用で、まんがやアニメの登場人物の格好をするのであり、ふだんあの姿で電車には乗らないと思います。

    C’est vrai ? Je ne savais pas. En France, il y a une tradition de déguisement et pour Mardis Gras les enfants ont coutume de se déguiser et de défiler dans les rues de la ville. Et les adultes aussi aiment organiser des soirées costumées chez eux.

    Le costplay, c’est vraiment un déguisement réservé aux jeunes et ce seulement dans des circonstances particulières comme Japan Expo par exemple qu’on les voit dans le métro en tenue cosplay.

    要約

    日本でも原宿に行くと、メイドやロリータ・ファッションの若い女性がいる。

    フランスでは、マルディ・グラに子どもが仮装して、道をパレードする習慣がある。大人も仮装パーティをするのが好きだ。

    コスプレは、若者だけがするもので、ジャパン・エキスポなどの特別なイベントの時にしか、電車の中で見ることはない。

    単語メモ

    croiser 道を横切る

    rêvetue de qc ~を着た←revêtir

    マルディ・グラ

    マルディ・グラ(Mardis Gras)はカーニバルです。「謝肉の火曜日」とも呼ばれ、四旬節の「灰の水曜日」の前日。断食に入る直前の日なので、おいしいものを食べて楽しむ日です。

    四旬節は復活祭前に行われる40日の懺悔をする時期。現在、四旬節に断食をする信者はいないと思いますが、何か好きな食べ物を断ったり、節制したりする人はいるようですね。

    マルディ・グラについては、こちらに詳しく書いています⇒カーニバルの起源

    いかがでしたか?

    番組では、フランス人はカーニバルで仮装する習慣があるから、コスプレも人気なのかも、という話が出ていましたが、そうなんですかね?

    ほかの国の人だってカーニバルで仮装しますし、ハロウインの仮装もあります。

    カーニバルの仮装の起源は、自分以外のものになることです。

    ふだん庶民でもカーニバルのときは、身分は関係なく、お姫さまになれたりします。また、人間なのに、その時だけ動物になることもできます。

    アニメの登場人物になるのも、自分を捨てるってことなのかもしれません。

    それでは、次回のラジオ講座の記事をお楽しみに。

    ■この講座の過去の記事(25課まで)はこちらからどうぞ⇒ラジオ講座「百合のFranceウォッチング」記事の目次



    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^