昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語の数字【第28回】61~70

数字61-70

苦手な人も多い(私もです)フランス語の数字を少しずつチェックしています。きょうは61から70まで。

21から69までパターンは同じ。10の倍数に1の位の数字を組み合わせます。70から10の倍数の作り方が少し変わります。

1の位の数字を知らない場合はこちらをどうぞ⇒【第12回】1(アン)~10(ディス)の復習

数字 61-70

数字 61

作り方は21、31、41、51と同じで「60と1」と書きます。

soixante et un
数詞として扱うときは常にsoixante et un

後ろに女性名詞が続くときは
soixante et une

※1990年の清書法では、soixante-et-un とトレデュニオンで結びます。
参考⇒【第24回】21 – 30

数字 70

今回初めて出てくるのは、70 soixante-dix ソワサーントディス
初めてと言っても70はこれまで出てきた単語の組み合わせ。

すなわち、70=60と10 と数え、2の数字をトレデュニオンで結びます。

発音はこちら

※YouTubeで見る方はこちらから⇒soixante-dix

■派生語など
soixante-dixième ソワサントティジエム 70番目の、70分の1の

■soixante-dixを使った表現、文章
Il a plus de soixante-dix ans.
彼は70歳を超えている。

à la page soixante-dix du livre
この本の70ページに

guerre de soixante-dix
1870年の戦争=普仏戦争

数字 61から70

62からはsoixanteと1の位の数字をトレデュニオンでつなぎます。

61 soixante et un
62 soixante-deux
63 soixante-trois
64 soixante-quatre
65 soixante-cinq
66 soixante-six
67 soixante-sept
68 soixante-huit
69 soixante-neuf
70 soixante-dix

発音はこちらで確認を。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒フランス語の数字60~70

69 année érotique

歌詞に数字69と70が出てくる曲をご紹介します。
曲のタイトルは 69 année érotique
Soixante-neuf année érotique 69年はエロティックな年 という意味です。

邦題は『69年はエロの年』らしいです。

せめて、69年はエロティックな年、とか、69年の官能、愛の航海、とかできなかったんでしょうかね?前にちょっとふれた、サンディ・ショウの「恋のウエイトリフティング」という邦題と同じくらい、担当さんの投げやりな態度を感じます。

「恋のウエイトリフティング」のこと⇒歌と訳詞:恋はみずいろ L’Amour est bleu ~ヴィッキー

歌はセルジュ・ゲンズブールです。リフレインの部分はジェーン・バーキン。

では動画をどうぞ

※YouTubeで見る方はこちらから⇒ 69 année érotique 『69年はエロの年』 セルジュ・ゲンズブール/ジェーン・バーキン

冒頭の歌詞は

Gainsbourg et son Gainsborough
Ont pris le ferry-boat
De leur lit par le hublot
Ils regardent la côteIls s’aiment et la traversée
Durera toute une année
Ils vaincront les maléfices
Jusqu’en soixante-dix

Soixante-neuf année érotique
Soixante-neuf année érotique

ゲンズブールと彼のゲンズボローは
フェリーに乗った
2人はベッドで、丸窓から
海岸を眺めている
2人は愛しあい、船の旅は
1年中続いた
2人は魔力を打ち負かした
70年になるまでずっと

69年 エロティックな年
69年 エロティックな年

単語メモ:
hublot 船の丸い窓 舷窓(げんそう)

côte 海岸 ですが、脇腹という意味もあるので、お互いのからだを見てる、ということもほのめかしていると思います。

そうやって考えると、丸窓はのぞき窓のようでもあります。

traversée (海や川を)渡ること、航海、船(空)の旅

vaincront < vaincre 負かす、征服する maléfice 悪魔の呪文、まじない、魔力 映画「マレフィセント」のmaleficent という単語と語源は同じだと思います。 歌詞はこちら⇒Jane Birkin – 69 Annee Erotique Lyrics | SongMeanings

この曲が収録されているアルバムです。

レビューはこちら⇒JANE BIRKIN & SERGE GAINSBOURG(JE T’AIME MOI NON PLUS)

いかがでしたか?

先週シャーロット・ゲンズブールの曲を紹介したので、今回はご両親に登場していただきました。

シャーロットの曲⇒【第27回】51 – 60

この歌の発売された2年後に、シャーロットが生まれています。

ジェーン・バーキンとセルジュ・ゲンズブールが出会いは、1969年公開のSlogan(スローガン)という映画の共演がきっかけです。

ジェーン・バーキン(1946生)はイギリス人で、1968年に前の結婚(しかしすぐに離婚した)でもうけた女の赤ちゃんと一緒にフランスにやってきました。

当時、セルジュ・ゲンズブール(1928-1991)はフランスではすでに有名スター。オーディションで選ばれたジェーン・バーキンは、ほとんど無名だったので、彼は怒ったそうです。「オレの相手役がこれかよ?」という感じで。

しかも、ジェーンのフランス語も今いちだったので、その点もセルジュは、気に入りませんでした。

そのせいかどうか、当時の歌では、ジェーンは、あまりたくさんフランス語をしゃべっていませんね。

この続きはこちら⇒フランス語の数字【第29回】71 – 80

★セルジュ・ゲンズブール関連記事もどうぞ
歌と訳詞:Laisse tomber les filles~フランス・ギャル(娘たちにかまわないで)

歌と訳詞:さよならを教えて~フランソワーズ・アルディ

歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 前編

歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 後編

★このシリーズを最初から読む方はこちらからどうぞ⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)

★ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、こちらからどうぞ⇒お問い合わせフォーム

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^