昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語の数字【第31回】91から 100

数字91-100

フランス語の数字をゆっくりチェックしています。今回は91から100まで。

91から99までは80に10の位の数字をつけます。よって新しく覚えるのは100のみです。

11~19までがあやふやな場合はこちらをどうぞ⇒フランス語の数字【第23回】~0 – 20の復習

数字 91-100

数字 91-99

90は 80(20 が4つ)と10 と考えて quatre-vingt-dix
91~99は 80 に 11から19をつけて数えます。

数字 100

今回初めて出てくるのは、100 cent ソン

●発音はこちら

※YouTubeで見る方はこちらから⇒cent 100

cent は 母音で始まる名詞の前でリエゾンします。

cent ans ソントン

しかし、数詞の前ではリエゾンしません。

cent un (101) ソン アン

cent は短くて覚えやすいのですが、短い単語のほうが聞き取りは難しいですね。一瞬で発音されてしまうので。

そん と発音する単語はほかにもいくつかあります。

sans 前置詞 ~することなしに 例:Sans toi mamie(アダモのサン・トワ・マミー)
sang 名詞 血
s’en (再帰代名詞 + 中性《特殊な》代名詞 en)
c’en (指示代名詞 + 中性《特殊な》代名詞 en)

■語源
ラテン語のcentum(100)が語源

英語でcent は 1セントのcent スペルが同じです。
フランス語のcentも、英語のcentも語源は同じ。セントは、100分の1ドル。英語のcenturyは100年。

■cent の派生語など
centaine  ソンテーヌ  およそ100、100の位、100倍
centenaire ソンテネール 100年(以上)たった、100歳(以上)の
centième ソンチエム 100番目の

■cent を使った表現、文章
Avez-vous des billets de cent euros ?
100ユーロ札を持っていますか?

cent un chiens
101匹ワンちゃん

le cent mètres
100メートル競争

les Cent-Jours
ナポレオンの100日天下

cent は「多くの、たくさんの」という意味もあります。

Il a cent fois raison.
彼は全く正しい。

数字 91から100

91 quatre-vingt-onze
92 quatre-vingt-douze
93 quatre-vingt-treize
94 quatre-vingt-quatorze
95 quatre-vingt-quinze
96 quatre-vingt-seize
97 quatre-vingt-dix-sept
98 quatre-vingt-dix-huit
99 quatre-vingt-dix-neuf
100 cent

●発音はこちら

※YouTubeで見る方はこちらから⇒90-100

Joe Dassin: La vie se chante, la vie se pleure (1978)

歌詞に数字99が出てくる曲をご紹介します。
厳密に言うと、1999ですが。

タイトルは
La vie se chante, la vie se pleure
人生は歌い、泣く

人生山あり、谷ありということです。

歌詞には1999年だけでなく70歳という数字も入っています。

では曲を聞いてください。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒OE DASSIN – La Vie Se Chante, La Vie Se Pleure

1999年が出てくる箇所は

En dix-neuf cent quatre-vingt-dix-neuf
La Californie devient un océan
En Afrique dans un pays neuf
Un chanteur de rock devient président

1999年に
カリフォルニアは海になる
アフリカの新しい国で
ロックシンガーが大統領になる

人生にはいろいろなことが起こるから、こんなこともあるかもしれない、ということですね。

歌詞はこちらJoe Dassin – The Unofficial Site – La vie se chante, la vie se pleure

この曲は1979年発売の 15 ans déjà というアルバムに入っています。

ジョー・ダッサンはアメリカのシンガーソングライターですが、フランス語の曲をたくさん歌っています。日本ではオー・シャンゼリゼを歌った人として知られていますね。

彼のプロフィールはこちらでどうぞ⇒フランス語の歌の定番:オー・シャンゼリゼの訳詞

いかがでしたか?ようやく100まで到達しました^^;
次回ハ1~100の復習です。お楽しみに。

★ジョー・ダッサン関連記事もどうぞ:
リュクサンブール公園~パリのおすすめの公園 | フランス語 ジョー・ダッサンの歌に Le Jardin du Luxembourg (リュクサンブール公園)(1976)の動画を貼っています。

バトームーシュで芽生えた恋 ジョー・ダッサンが作詞した「バトームーシュ」をジリオラ・チンクエッティが歌っています。

★この続きはこちら⇒フランス語の数字【第32回】1-100の復習と無料で数字の練習ができるサイト

★このシリーズを最初から読む方はこちらからどうぞ⇒フランス語の数字【第1回】~0(ゼロ)

★ご意見、ご感想、ご質問などありましたら、こちらからどうぞ⇒お問い合わせフォーム

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^