昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ディクテの試験の前に押さえておきたい、de を聞き取る6つのポイント

パリ

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

フランスダイレクトスクール動画教材、「不思議の国のFrance」第43話の受講メモです。

43話のタイトルは Emplettes au marché Raspail です。emplette は「買い物」という意味。特に日用品など安いものを買う買い物です。

前回に続いてビオ製品のみを扱うマルシェラスパイユが舞台。アレックスがチーズとガレットを買います。

今回は買い物に使える3つのキーフレーズと、«de»を聞き取るコツを書きます。


3つのキーフレーズ

マルシェラスパイユ

カードはいくらから?

Vous prenez la carte à partir de combien ?
カードはいくらから使えますか?

à partir de ~から

carte は クレジットカードのことです。

これに対して店の人は最初、A partir d’un sourir. 「笑顔」から とジョークで答えたので、アレックスは Pardon ? と聞き返していました。

お店の人は今度は大声で、A partir d’un sourir ! と返答。いかにもフランス人らしいですね。日本の店員さんはまずこんなことは言わないでしょう。
このあとちゃんと、Ça marche à partir de quatre euros. 4ユーロから使えます と続けていました。

少しください

Je vais vous prendre un petit peu de parmesan, s”il vous plaît.
パルメザンチーズを少しください。

prendre の前に入っている vous は 「あなたから」という意味で、口語ではよく使われるそうです。

~をいただけませんか?

ひよこ豆のガレット
Est-ce que je pourrais avoir une galette pois chiche et sauce, s’il-vous-plaît ?
ガレット・ポワ・シッシュ(ひよこ豆のガレット)にソースをかけたものを1ついただけませんか?

pourrais は pouvoir の条件法で、丁寧な依頼です。ここでは疑問文にしているのでよけいに丁寧です。


«de»を聞き取るコツ。こんな時はたいてい«de»

フランス語の場合、de, des, du, de la と、de と音が似ているだけでなく、位置も似ていてまぎらわしい単語が複数あります、ディクテをしているとき、de と du で迷うことがありませんか?

以下のような時は、de が来ます。

1.複数の単語が1つの単語として使われている場合

「前置詞+名詞」が他の名詞を修飾して、全体が複合名詞のようになっているものです。

une salle de classe 教室
le chemin de fer 鉄道
l’homme d’affaire サラリーマン

こういうのはその単語を知らないと聞き取れません。

また1つの名詞としては使わなくても、意味的にここは前置詞のdeだ、というのもあります。

Il est de Genève. 彼はジュネーブ出身です。

2.deの直後の名詞に不定冠詞の複数形(des)や、部分冠詞がもともとついていた場合

前置詞の次に来る、不定冠詞のdesと部分冠詞は省略するルールがあるので、いつもdeです。

des galettes de céréales (des galettes + des céréales) 穀物のガレット
une maison entourée d’arbres  (entourée de + des arbres) 木々に囲まれた家

これもその単語がわからないと聞き取れないです。

3.「形容詞+名詞(複数)」の前でdesがdeに変わっているもの

Il y a de très belles maison dans ce quartier.  この界隈には何件かとても美しい家があります。

4.量を表す形容詞のあと

un peu de parmesan
beaucoup de fleurs

キーフレーズで書いた Je vais vous prendre un petit peu de parmesan.の、un petit peu de のdeはほとんど聞こえませんでした。

ただ、そこに一拍余白が入ります。

こういう場合、un peu de という形を覚えていれば、「ああ、ここはdeがあるんだな」とわかります。

5.否定のde

Elle ne boit pas de lait. 彼女は牛乳を飲みません。肯定文なら du lait となります。

6.部分冠詞のde la の de

Elle a de l’argent. 彼女はお金を持っている。
Tu veux de la salade ? サラダ欲しい?

この場合は、あとに la, l’ が続きます。

☆deの聞き取りについてはこちらにも書いています⇒冠詞にも前置詞にも見えるdeの話~入門日記第11回

deはたいてい小さな音で発音されるので、「何も聞こえないけど、間があいている」ときは、de を疑ってください。

この続きはこちらからどうぞ⇒パリのオアシス?リュクサンブール公園を散策しながらリアルなフランス語を学ぶ

「不思議の国のFrance」の記事をもっと読みたい方はこちらから:
動画教材『不思議の国のFrance』関連記事の 目次

『不思議の国のFrance』関連記事の 目次その2







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^