昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語のことわざ49~幸運は寝てる時にやってくる

お釈迦様

前々回、眠ることの効用をとなえたことわざをご紹介しました。

こちら⇒フランス語のことわざ47~夜は助言をもたらす

きょうも、「寝ること」に関係のあることわざです。

La fortune vient en dormant.
幸運は寝てる時にやってくる

⇒音声は、IVONA Text-to-speechにアクセス⇒ French, Céline か Mathieu を選び、文章を下の四角いところに入力し、playボタンを押して、聞いてください。

幸運は寝てる時にやって来る

このことわざ、辞書では「果報は寝て待て」という訳がついています。幸運は寝てるときにやってくるから、寝ながら待ってなさい、ということですね。

きょうはまず、日本語のほうのことわざを解説します。

果報ってふだんあんまり使いませんよね?
果報は、もと仏教の言葉です。

これは前世での行いの結果として、現世で受ける報いのこと。「報い」は一般に、悪い行動の結果をさしますが、もともとは、いいことも悪いこともさしました。

因果応報の世界ですね。

その「報い」が転じて、恵まれた運、つまり幸運という意味になりました。

この幸運ですが、何もせずただ寝てればいいというわけではありません。

「やることをやったら、じたばたせず、待ちなさい。何事にもタイミングがあるから。」

こんな意味です。

フランス語のほうもこれと同じ。

「焦ってもしかたないですよ。待ちましょう。人間、辛抱が肝心です。低空飛行で行きましょう。」

このように言っていることわざです。

よくわかる!フランス語の文法解説

単語の意味

la 女性名詞につく定冠詞 ここでは、「~というもの」

fortune 幸運 これは古い意味です。現在は、資産、財産

vient < venir 来る en ジェロンディフを作るen ⇒ 後述 dormant < dormir 眠る の 現在分詞

きょうの文法 現在分詞とジェロンディフ

■現在分詞

分詞は動詞の性質持ちつつ、形容詞の働きをするもの。動詞から分かれ出たという感じですね。

分詞には「現在分詞」と「過去分詞」という2種類あります。動詞の活用表を見るといっしょに書いてあります。dormantは現在分詞なので、きょうは現在分詞についてご説明しますね。

現在分詞の例
Regardez ce garçon,marchant dans la rue.
通りを歩いているあの少年を見てください。

marchant が 現在分詞。

現在分詞は、形容詞的なものなので、もう動詞ではありません。これが出てくるときは、その文のメインの動詞があります。

上の文で言えば、regarder がメインの動詞です。

現在分詞の表している「時」は、このメインの動詞と同じです。それより前を表すときは、助動詞(avoir かêtre)をつけた、完了形の現在分詞にします。

■ジェロンディフ

en+現在分詞 という形でジェロンディフと呼ばれるものがあります。
これはメインの動詞を修飾する副詞の働きをします。

たとえば、

Pen marche en mangeant une glace.
penはアイスクリームを食べながら歩いている。

この文ではen mangeantを使って、どんなふうに歩いているのか説明を加えています。

ジェロンディフの意味は、文脈によって、~しながら、~してるとき、~すると、などいろいろあります。きょうのことわざも「幸運は寝てればやってくるさ」と、理由のように訳すこともできます。

そもそも意味をはっきりさせたければ、動詞を使って表現するでしょうから、解釈はいろいろ考えられるでしょう。

私は en dormant を「寝てるとき」と考えました。

ジェロンディフのルールで、メインの動詞の主語と、ジェロンディフの主語は常に同じである、というのがあります。

上の例文で言えば、アイスクリームを食べているのはpenです。
penが歩いているとき、パムがアイスクリームを食べている、なんてことではありません。

しかし、きょうのことわざは、自分が寝ているときに、幸運がやってくるのですから、主語が違います。

これは、昔はこういう言い方もしたからです。

同じ構造を持つことわざに

L’appétit vient en mangeant.

食欲は食べているうちに出てくる。
食べれば食べるほどおなかがすく。
持てば持つほど欲が出る。
欲に項なし。

というのがあります。

現在分詞とジェロンディフについてはこちらにも詳しく書いていますpen-studying1 ec

⇒「まいにちフランス語」42:L64 現在分詞とジェロンディフ

直訳

幸運は寝ている時にやってくる

似ていることわざ

バリエーション

Le bien vient en dormant.
le bien は よいこと、幸福

似ていることわざ

英語では、Everything comes in time to him who waits.
良いことは待っている者にやってくる。

ということわざがあります。

日本のことわざでは、
果報は寝て待て
待てば海路の日和あり

いかがでしたか?

何事もあせらず、時には待つことも必要ですね。

語学も、毎日コンスタントに進歩が見られるわけではなく、プラトー(進歩が停滞している状態)があり、ある時、ボンと上にあがって、またプラトーがあり、という感じで上達します。

地道に進んでいきたいと思ってます。

それでは、次回のことわざの記事をお楽しみに。

★同じく語学の心得のことわざ⇒フランス語のことわざ14~ちりも積もれば山となる

★ことわざの記事の目次を作りました。ご利用ください。
その1⇒フランス語のことわざ~目次 その1
その2⇒フランス語のことわざ~目次 その2

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^