昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

月(季節の単語)~フランス語の暦(5)

カレンダー

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

フランス語の基本的な単語を学ぶフランス語初心者シリーズ。「」に関する単語を紹介しています。

今回は、1月、2月、3月の「月」。1年を12にわけた1つの「月」がテーマです。空に浮かんでいる「月」ではありません。


フランス語で「月」は un mois

Sは発音しません。

単数でも複数でもつづりは変わりません。

発音は「私」の強勢形の«moi»と同じです。
Excusez-moi. のmoiです。

発音はこちら⇒ 三角マークを押すと音が聞こえます。

mois の使い方、例文

ce mois (-ci)  今月

le mois prochain  来月

le mois dernier  先月

au mois de juin  6月に

Nous passerons le mois d’août sur la Côte.
私たちは8月を南仏の海岸で過ごします。

moisは暦の月だけでなく、単位としての月の意味もあります。日本語と同じです。使い方によってはこの違いは微妙ですが。

prendre un mois de vacances
1ヶ月の休暇を取る

dans un mois  1ヶ月後

il y a un mois  1ヶ月前に

une fois par mois  月に1度

dans le courant du mois : au cours du mois  今月中に

tous les mois  毎月

tous les trois mois  3ヶ月ごとに

être payé au mois  月給で支払いを受ける(この意味の形容詞は mensuel です。)

Il est resté deux mois à Paris.
彼はパリに2ヶ月いました。

Je suis enceinte de trois mois.
私は妊娠3ヶ月です。

Il doit trois mois à son propriétaire.
彼は3ヶ月分の家賃をためています。


Dans un mois ou dans un an 1ヶ月後か1年後に:ピエール・グロスコラ

Dans un mois ou dans un an

mois がタイトルと歌詞に入っている、ピエール・グロスコラの(Pierre Groscolas) Dans un mois ou dans un an という曲を紹介します。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Pierre Groscolas – Dans un mois ou dans un an (1977)

moisが出てくる箇所はリフレインの部分です。

Dans un mois
Dans un an elle reviendra
Et l’orchestre revivra
Dans un mois
Dans un an elle reviendra
Et son chœur rechantera

1ヶ月後、
1年後に、彼女は戻ってくるだろう
そして、オーケストラもまた始まる
1ヶ月後
1年後には彼女は戻ってくrだろう。
そして、コーラスがまた始まる

elle(彼女)は、ご主人の背中に魚をつけたあと、タバコを探しに、出て行ってしまったのです。

冒頭の歌詞に、暦にまつわる単語として「4月の魚」が出てきます。

Le monsieur qui pleure derrière son saxo
N’a pas la vie facile
Sa femme lui a mis un poisson dans l’dos
C’était un premier avril

ご主人は、サキソフォーンの影で泣いている
大変な人生なんだ
奥さんが彼の背中に魚をつけた
4月の魚だったのさ。

「4月の魚」はフランスのエープリルフールです。

くわしくはこの記事⇒4月の魚(フランスのエープリル・フール)の起源とは

歌詞はこちらです⇒Paroles Pierre Groscolas Dans Un Mois Ou Dans Un An lyrics – clip en parole

ピエール・グロスコラ(Pierre Groscolas)

ピエール・グロスコラは特に70年代に活躍したフランスのシンガーソングライター。

ビートルズやジミ・ヘンドリックスなど、英米のロック、ポップスに強い影響を受けています。

この曲もアメリカの「名前のない馬」に雰囲気が似ていますね。

«Dans un mois ou dans un an»はサガンの小説の題名でもあります。邦題「一年ののち」です。

次回の暦の記事は、四季の復習です⇒ジャン・フェラ「季節」:歌と訳詞。季節の単語の復習をしよう

 







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^