昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

L57 モン・サン=ミシェルに橋をかける計画

モン・サン=ミシェル

藤田先生のラジオ講座、『百合のFranceウォッチング』第57課の受講メモです。

この日のスキットで、3人は海越しにモン・サン=ミシェルを見ていますね。

きょうのメニュー

  • faire+数量の表現
  • ポーズカフェ~モン・サン=ミシェル
  • それでは復習、行ってみよう!

    faire+数量の表現

    Ça fait déjà cinq ans que …
    ~してからすでに5年になる。

    faire のあとに数の表現(長さ、重さ、サイズ、期間、価格、回数etc)をつけ、「~になる、~である」と言い表せます。

    【例】
    Deux et trois font cinq.
    2足す3は5。

    Cent centimètres font un mètre.
    100センチは1メートルになる。

    Ça fait combien ?
    いくらですか?

    Ça fait longtemps que je ne l’ai pas vu.
    もう長いこと彼に会っていない。

    ★こちらにfaireのいろいろな意味をまとめています。
    faireの記事も作るべきね。|penのフランス語日記

    ポーズカフェ~モン・サン=ミシェル

    書き取り

    モン・サン=ミシェルは日本人にとても人気のある観光地です。

    Des amis français en visite en Mont-Saint-Michel m’ont dit la surprise d’y avoir croisé autant de Japonais. Et cela quel que soit la saison.

    モン・サン=ミシェルまで橋をかける計画はどうなっていますか?

    À cause de la digue route qui va du continent à l’abbaye, les courants de marées sont bloqués et la baie s’ensable.

    Le projet en cours qui s’intitule «l’établissement de caractère maritime de Mont-Saint-Michel» vis à rétablir les courants de marée et à désensabler la baie. Les travaux sont déjà bien avancés.

    Oui, le barrage a été mis en service en 2009 et on prévoit de terminer la construction du pont passerelle fin de 2014.

    駐車場が遠くなりますね。

    La nouvelle digue aura une longueur d’environ 1 km. Mais il aura bien sûr des navettes et des maringotes tractées par des chevaux pour acheminer les touristes.

    要約

    モン・サン=ミシェルに行った友だちはいつ行っても日本人がいっぱいと驚いている。

    大陸から修道院に続く堤防道のせいで、潮の流れがせきとめられる。そのため湾に砂がたまり、埋もれそうなので、潮を流れるようにし、湾の砂を取ること(モン・サン・ミッシェル海洋復興計画)が進められている。

    ダムは2009年に完成、橋は2014年末に完成の予定。

    新しい堤防道はおよそ1キロ。シャトルバスやマランゴット(馬車)が、観光客を運送する。

    単語メモ

    croiser すれ違う、出会う
    J’ai croisé mon frère dans la rue.
    道で兄とすれ違った。

    digue 堤防

    abbaye 修道院

    s’ensabler 砂で埋まる
    L’estuaire de ce fleuve s’est ensablé.
    この川の河口が砂で埋まった。

    s’intituler ~と題する、呼ばれる
    Ce film s’intitule «Amour fou».
    この映画は「狂気の愛」という題名だ。

    acheminer 運ぶ、送る (chemin)

    tracter 牽引する

    モン・サン=ミシェル

    フランス北西部、ノルマンディー地方のマンシュ県モン・サン=ミシェル湾に浮かぶ小さな島。

    岩でごつごつした島の真ん中に8世紀に建てられた礼拝堂を起源とした尊厳な修道院が有名。10世紀以降のロマネスク、ゴシック、ルネサンスの建築が残っています。

    モン・サン=ミシェルは、干満の差が激しく、島は時に、絶海の孤島になり、時に大陸と地続きになります。

    世界遺産の文化遺産に登録。

    ☆モン・サン=ミシェルのスライドです。

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒モン・サン=ミシェル

    ★モン・サン=ミシェルや、砂がたまる事情などについてはこちらの記事に詳しく書いています。
    モン・サン=ミシェルの再生

    いかがでしたか?
    モン・サン=ミシェルは本当に日本人に人気で、レストランのメニューも日本語で書いてあるそうですよ。

    それでは来週のラジオ講座の記事をお楽しみに。

    ★第26課以降の記事の目次はこちらです。
    『百合のFranceウォッチング』~目次 その2(L26~)

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^