昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

4月から6月をフランス語で言うと?~フランス語の暦(7)

春

フランス語を始めたばかりの人にも楽しんで読める「フランス語初心者シリーズ」暦編。今回は4月から6月です。


4月、5月、6月

すべて男性形。三角マークをクリックすると発音が聞こえます。英語に似ています。

4月  avril 
5月  mai 
6月  juin 

4月、5月、6月の例文

4月 avril 

Avril est le quatrième mois de l’année.
4月は1年の4番目の月です。

en[au mois de] avril  4月に

Au Japon, la nouvelle année scolaire commence en avril.
日本の新学期は4月に始まる。

En avril ne te découvre pas d’un fil.
(ことわざ)4月には1枚も脱ぐな。4月には薄着は禁物

poisson d’avril
4月の魚=エープリールフール
こちらで説明しています⇒4月の魚(フランスのエープリル・フール)の起源

faire un poisson d’avril à qn
エープリールフールの嘘で~に一杯食わす

5月 mai

Mai est le cinquième mois de l’année.
5月は1年の5番目の月です。

en[au mois de] mai  5月に

Le 5 mai, c’est le jour des enfants.
5月5日は子どもの日だ。

le Premier Mai  メーデー

muguet du premier mai
5月1日のスズラン(親しい人に送る)
こちらで説明しています⇒スズランの日(フランス)の起源

les évènements de Mai ; Mai 68 
(1968年の)5月革命

6月 juin

Juin est le sixième mois de l’année.
6月は1年の6番目の月です。

en [au mois de] juin  6月に

Il est né le 13 juin.
彼は6月13日生まれだ。

En juin, il pleut jour après jour.
6月は来る日も来る日も雨降りだ。

solstice de juin  夏至

Fin juin, les jours sont les plus longs de l’année.
6月の終わりは1年で1番日が長い。

12ヶ月の単語(歌)発音確認用動画

歌になっているので覚えやすいです。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒les mois de l’année


ポルトガルの四月・イヴェット・ジロー

avril がタイトルと歌詞に入っている曲を紹介します。

イヴェット・ジローの「ポルトガルの四月」(Avril au Portugal)。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒YVETTE GIRAUD : AVRIL AU PORTUGAL

リフレインでavril が出てきます。

Avril au Portugal,
A deux c´est idéal,
Là-bas si l´on est fou,
Le ciel l´est plus que vous,
Pour un sentimental
L´amour existe t-il
Ailleurs qu´au Portugal
En Avril.

ポルトガルの4月
2人にとって理想の季節
そこでは、人々が陽気なら
空はもっと陽気よ
感傷的な恋は
ポルトガルの4月とは
別のところにあるの

★単語
ailleur  他の場所に、よそに

4月のポルトガルでの楽しい日々を、夏になって回想している歌です。

歌詞はこちら⇒Paroles Avril Au Portugal Anthologie de la chanson française lyrics

イヴェット・ジロー(1916-2014)はたいへん日本が好きだったフランスの歌手。1946年に
«Mademoiselle Hortensia»(あじさい娘)というデビュー。

フランスより日本での活動が多く、日本で人気がありました。

この曲はもともとアマリア・ロドリゲスのポルトガル語のCoimbra(コインブラ)をフランス語でカバーしたものです。

Coimbraは地名です。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Amália Rodrigues – Coimbra

アマリア・ロドリゲス(1920-1999)はファドの女王。

ファドはポルトガルの民族歌謡です。
アメリカにはカントリー、ブラジルにはサンバ、フランスにはシャンソン、日本には演歌、ポルトガルにはファドがある、と言えばわかりやすいでしょうか?

こういうちょっと高い音(?)の出るポルトガルのギターの伴奏で歌われます。

この続きはこちら⇒7月~9月の言い方~フランスの暦(8)

このシリーズを最初から読む方はこちらから⇒春(季節の単語)~フランス語の暦(1)







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^