昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ウエディングケーキ

『百合のFranceウォッチング』第70課の受講メモです。

今週は百合が日本に帰国するため、レンヌを発つ場面です。
3人は駅にやってきました。

ジュリアンが来年、自分たちの結婚式に来てくれるか百合に聞いています。というわけで、ポーズカフェはフランスの結婚式です。

きょうのメニュー

  • お礼の言い方
  • ポーズカフェ~フランスの結婚式
  • それでは復習行ってみよう!

    お礼の言い方

    Je t’en remercie.
    そのことであなたにお礼を言うわ。

    2つだけ書いておきます。
    Merci pour tout ce que vous avez fait pour moi.
    いろいろありがとうございました。

    Je vous remericie pour vos conseils.
    ご忠告、ありがとうございます。

    ポーズカフェ~フランスの結婚式

    書き取り

    フランスでは民法上の結婚式と、宗教上の結婚式がありますね。
    Absolument le mariage civil est obligatoire par contre, le mariage religieux est un choix libre.

    民法上の結婚式はどういうふうに行われますか?
    Eh bien avant la cérémonie de mariage, il y a d’abord obligatoirement la publication des bans pendant 10 jours sur les murs de la mairie ou sera célébré le mariage.

    Si personne ne fait opposition au mariage, les mariés pourront passer devant monsieur le mairie.

    Après le mariage civil, on peut soit aller à l’église pour le mariage religieux ce qui est le cas pour environ 30% des mariages civils, soit aller directement aux restaurants pour faire le repas des mariages.

    Après le repas, les mariés et les invités dansent et la fête se poursuivent souvent jusqu’au petit matin.

    フランスでは「リストドゥマリアージュ」というものがあるそうですね。
    Oui, les mariés déposent généralement une liste de mariage dans un ou plusieurs magasins et les invités choisissent leurs cadeaux dans cette liste.
    On est sûr ainsi de répondre le souhait des mariés et cela évite que le même cadeau soit acheté en double.

    要約

    民法上の結婚式は必須。宗教上の結婚式はしてもしなくても自由。

    式の前に、必ず式の行われる市役所で婚姻の公示を10日間する。異議がなければ、新郎新婦は市長の前で結婚できる。

    そのあと、宗教上の結婚式をあげるために教会へ行くか、直接レストランに行って食事をする。教会で式をあげるカップルは全体のおよそ3割。食事のあとは、新郎新婦もゲストもダンスをし、お祝いは明け方まで続くことが多い。

    新郎新婦はふつう欲しいもののリストを店に知らせておき、招待客はそのリストから贈り物を選ぶ。こうすれば、二人の希望の物を送ることができるし、贈り物がだぶることもない。

    単語メモ

    ban 公示
    bans (複数形で)婚姻公示

    déposer 提出する

    répondre 応じる

    souhait 願い、望み

    いかがでしたか?

    贈り物のリストはいいアイデアですが、、現金をもらうほうがもっと合理的ですよね。

    フランスの結婚式については以下のような記事もありますので、よろしければ読んでください。

    L42 フランス人の結婚観

    バレンタインデーのフランス語~その4 結婚する

    民法上の結婚とは FC2ブログです。

    ガーター~フランス文化に欠かせないもの ストッキングを留めるガーターベルトはフランスの結婚式の重要な小道具です。

    きょうの単語:enterrement de vie de garçon 「独身生活の葬式」とは?enterrement de vie de garçonとはバチュラーパーティのことです。

    この記事では、”Four Weddings and a Funeral”という映画で、ベストマンとして、ヒュー・グラントが結婚式でしたスピーチ(字幕付き)の動画を紹介しています。英語ですけど。

    それでは次回のラジオ講座の記事をお楽しみに。

    ★第50課以降の記事の目次はこちらです。
    『百合のFranceウォッチング』~目次 その3(L50~72)

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^