昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語のアクサン(つづり字記号)と句読点のまとめ

ペンディクテ中

フランス語の文章に出てくる文字以外のちょっとした記号(たとえば à の上にのっている点のような棒のようなもの)は慣れないとわけがわからないと思います。誤植かな、印刷の汚れかな、と思ったり(それはないかも)。

でもみんな意味があって存在しています。きょうはそんな記号を表にまとめました。

これらの記号はアクサンと句読点にわけることができます。

アクサンは綴り字記号で、たとえば、 préférée のeの上についてるものです。

ほかの例をあげると、s’il vous plaît の i のうえについている傘というかしょうゆのマークみたいなやつ。

これはアクサンシルコンフレックスですが、ここにつけることになっているので、つけないと試験では減点です。

句読点は文を読みやすく、わかりやすくするためにつける記号。代表的なのは、文の最後につける «.»(ポワンという名前です)

各種試験のディクテ(書き取り)では、句読点も読み上げられます。

たとえば«Pour elle,» というフレーズは«Pour elle virgule» と読み上げられます。

«,» virgule ヴィルギュル は日本語や英語でいうところのカンマです。

よく出てくる句読点はその発音を聞いて、該当する記号を書けるようにしておく必要があります。

アクサンも句読点もただの飾りではありません。それは日本語の濁点や半濁点が気分によってつけたりつけなかったりするものではないというのと同じです。また文の最後には「。」をつけるべきなのに、文中に入れると変ですよね?

«,»をつける場所は個人差があり、その点についてそんなに深く考える必要はないのですが、一応みんな理由があって存在していることを心にとどめておきましょう。

下記にこれだけ知っていればとりあえず対応できるだろうというものを表にしました。アクサンはアクサンの名称としては読み上げられませんので、名前を無理に覚える必要はないです。

フランス語のアクサンと句読点

名称 記号 読み  例/備考
les signes orthographiques      
accent aigu ´ アクサンテギュ é
accent grave ` アクサングラーヴ à,è,ù
accent circonflexe ^ アクサンシルコンフレックス â,î,û,ê,ô
cédille ¸ セデューユ ç (ça ço çu)
tréma ¨ トレマ ï ,ü,ë
apostrophe アポストロフ a,e,i の省略を意味する
trait d’union トレ・デュニオン l’arc-en-ciel
       
les signes de ponctuation      
point . ポワン  
virgule , ヴィルギュル  
point-virgule ; ポワン・ヴィルギュル 並置された節の前
deux points : ドゥ・ポワン 説明や列挙の前
point d’interogation ! ポワン・ダンテロガスイオン  
point d’exclamation ? ポワン・デクスクラマスイオン  
points de suspension ポワン・ドゥ・サスポンスィオン 文の省略
tiret ティレ 会話の前(話者の交換)
guillemets «» ギュメ 引用符
parenthèses () パランテーズ  
       
majuscule   マジュスキュル 大文字
minuscule   ミニュスキュル 小文字

アクサンの発音を確認できる動画

■それぞれの記号の読み方。1分19秒

■記号の読み方、使い方の説明、最後に実際のディクテの例。わかりやすいです。約3分

【補足】
●トレデュニオンとティレ:ともに横棒でそっくりですが、ティレのほうが長いです。

Trait d’union ( – ) · Tiret ( – ) ← Trait d'union – Wikipédiaより。

ちなみに、このページにはここにない句読点の名前ものっています。

トレデュニオンは連結符で、たとえば、qu’est-ce que に出てくるものです。ティレは小説などの会話で、引用符を使わない場合、以下のように使って台詞だということを示しています。

– Un quoi?
– Un champignon !  

ティレを使う場合であっても、トレデュニオンを代用して使うことも多いみたいですね。正式には使い分けたほうがいいそうです。

たとえば
二語で一語の名詞を作っている時に使う横棒はトレデュニオン
Le chou-fleur est comestible.
カリフラワーは食べられる。

文中の語を説明している部分を区別するときはティレ
Le chou – fleur de la plante du même nom – est comestible.
カリフラワーは、それは同名の植物の花であるが、食べられる。

ティレでかこまれている(ほかと区別している)部分はLe chouの説明です。
                      

句読点を使うときのスペースの開け方

※ここでいうスペースは半角です。

■ point(.) と virgule(,)は前にスペースはなく後ろだけ。
Il a vu Pierre, Paul, Jacques et les autres. Tous allaient bien.

■ point-virgule(:), point d’interrogation(?), d’exclamation(!), deux points(;)
前と後ろにワンスペースずつあける
Qui sera là pour les accueillir ? Personne ; à moins que tu ne te déplaces !
*2つのパーツからできている句読点は前後にスペースをあける、と覚えるとよい。

■ parenthèses () :前のかっこの前にワンスペース、後ろのかっこの後ろにワンスペース
Il nous a écrit : “J’arriverai demain (ou après-demain) à Paris.” Mais il n’est pas venu.

■ guillemets «» :それぞれのかっこの前後にワンスペース
Il nous a écrit : « J’arriverai demain (ou après-demain) à Paris. »

■ apostrophe(‘) と trait d’union(-)
スペースはなし。トレデュニオンは前後をあけるとティレだと誤解される可能性あり。文脈からわかるでしょうか。
Nous l’avons vu à Saint-Tropez.

■ tiret ( – )
ティレは説明がなかったのですが、会話文で文頭にきているときは「星の王子さま」を見るとインデントしています。そして、うしろにワンスペース。
    – Que vous êtes belle !

■ points de suspension …
前はスペースなし(文に直接つづけて)うしろにワンスペース
Ah ! je me réveille à peine… Je vous demande pardon… Je suis encore toute décoiffée…

■ 句読点が続けてでてくるときは前の句読点がうしろにスペースをあけなければいけないもので、その次の句読点が前にスペースを開けなければいけないものの場合は、ひとつのスペースを両方のスペースとして兼ねているようです(言ってる意味わかりますか?)
Mais, comme il disait : « On ne sait jamais ! »

このあたりはそんなに神経質にならなくてもいいと思います。

以上、Grammaire : Les espaces et la ponctuationを参考にしました。例文はこのページからのものと、「星の王子さま」からとりました。

この記事は以前アメブロに書いたものを書き換えました。

説明不足、あるいは間違いなどありましたら、コメントなどで教えてください。



    • でみ
    • 2013年 6月 21日

    こんにちは!仏検前なので参考になりました!ディクテのときに役立てたいと思います。
    ところで、私のブラウザから拝見すると、表のティレのスペルで途中にスペースが入っているように見えます。プラウザはChromeです:)

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 22日

      でみさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      お役に立てば、何よりです。
      ティレ、私もスペースが入っているように見えます。
      でも、これスペース入ってないんです。
      エクセルで表を作ってから、テーブルタグを生成するジェネレーターで
      作ってみたんですが、そのせいかもしれません。
      今後、表を手直しすることがあったら、そのときは手打ちをしようと
      思います。

    • うるる
    • 2013年 6月 21日

    おお、これは私にぴったり! このまえのディクテの課題ではがんばって毎回「ぽワン、ヴィルギュル」とかこうとした。
    ポワンは途中で.だと気が付いたけれど、ヴぃるぎゅるはさいごまで「なんだ、それ?」とおもっていんちきつづりを書き続けたわ~。
    penさんありがとう。なんか本格的な内容で感激!!

      • フランス語愛好家
      • 2013年 6月 22日

      うるるさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      ヴィルギュルね~、これあんまり有名じゃないから、
      私も、これを知ったのはわりに最近かもしれません。
      学校でフランス語を習っている人は、こういのがのってる
      教科書を持ってるとは思うけど。
      お役に立てばうれしいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^