昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

『愛、アムール』の予告編~年老いた夫が妻を介護する映画

ピアノ

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

フランス映画の予告編のスクリプトでフランス語を学習しています。

今回は、ミヒャエル・ハネケ監督の2012年の作品、Amour です。邦題は「愛、アムール」。第65回カンヌ映画祭で、パルム・ドールを受賞。パルム・ドールは最優秀作品賞みたいなものです。

関連⇒カンヌ国際映画祭のパルムドールの起源

第85回アカデミー賞、外国語映画賞も受賞。

予告編はこちら。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Amour – Bande annonce (VF)

仲のよい音楽家の老夫婦の奥さんのほうが病気になってしまいます。下半身が麻痺し、要介護の状態に。夫は自分1人で介護をしようとするのですが・・・という映画です。

セリフが少ないので今回は1回で終わります。


Amour 予告編 スクリプトと和訳

Il y a quelqu’un?

Il y a quelqu’un?

Maman ?

Tout à l’ heure, quand je suis entrée, je me suis rappelée comment je vous écoutais toujours faire l’amour quand j’étais petite. Ça me donnait le sentiment que vous vous aimiez et qu’on resterait toujours ensemble.

Aaaaa! Aaaaa!
Mais… mais… Qu’est-ce qu’il y a ? Qu’est-ce qu’il y a ?

Ça ne va pas ?
No, it’s not OK.
Mais qu’est-ce qui se passe ?

Tu ne vas quand même pas malmener ton image sur tes vieux jours ?
Je m’en garderais bien.
Eh, c’est quoi, mon image?
Tu es un monstre parfois.

Mais qu’est-ce qu’il y a ? T’es devenu fou ?
Assieds-toi.
Non, mais je ne veux pas m’asseoir.
Qu’est-ce qui se passe ici ?

誰かいるのか?

誰かいますか?

お母さん?

さっき家に戻った時、私が子どものころ、父さんと母さんが愛し合っているのを聞いていたのを思い出したわ。ふたりとも愛し合っていて、私たちはずっと一緒だと思っていた。

アー、アー!
まあ、どうしたの?どうしたの?

大丈夫かい?
大丈夫じゃないわ。
いったい何が起きてるの?

年をとったとき、自分のイメージを台無しにしたりしないわよね。
いいままにとっておくよ。
僕のイメージってどんなふうなんだい?
時々、恐ろしい人よ。

どうしたのよ?気でも違ったの?
座りなさい。
いやよ。座りたくないわ。
この家、いったいどうしちゃったの?

スクリプトはこちら⇒Bande-annonce: Amour

単語メモ

tout à l’heure さっき、今しがた
Elle est arrivée chez moi tout à l’heure.
彼女はさっき私の家についた。

tout à l’heure は、過去に使うときは、「ちょっと前」、未来に使うときは「まもなく」

Ne vous inquiétez pas. il va rentrer tout à l’heure.
心配しなくていいよ。彼はすぐに戻るよ。

malmener 邪険に扱う、ひどいめにあわせる、こきおろす

『愛 ラムール』日本語字幕つき予告編


※YouTubeで見る方はこちらから⇒映画『愛、アムール』予告編

エマニュエル・リヴァ Emmanuelle Riva

主演はジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リヴァ、イザベル・ユペールです。トランティニャンは1930年生まれ、エマニュエル・リヴァは日本では「ヒロシマ・モナムール(24時間の情事」で知られている女優で、1927年生まれ。

ともにこの映画に出演しているときは、80歳すぎているんですけど、お元気ですね。特にリヴァさん。85歳でアカデミー主演女優賞にノミネートされました。

☆ヒロシマ・モナムールの予告編


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Hiroshima mon amour (version restaurée) bande annonce

この映画はアラン・レネ監督の長編第1作。1959年公開。1958年広島でロケ。リヴァは当時31歳。フランス語はHを読まないので、広島は「いろしま」です。


シューベルトの即興曲

それにしても、映画に出てくるアパート、素敵な家ですね。この2人は、ともにもともとピアノの先生で、お金持ちという設定。クラシックのピアノ曲が随所にながれます。

最後に予告編で流れている、シューベルトの即興曲、変ト長調、作品90-3をご紹介します。この映画で、ピアニスト役(奥さんの弟子)で本人として出演している、ピアニスト、アレクサンドル・タロー Alexandre Tharaud の演奏です。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒“Impromptu, Op. 90 D899 No. 3 in G-Flat Major” by Franz Schubert

いかがでしたか?
私はシューベルトが好きなので、フランス語には関係ありませんが、即興曲をご紹介しました。

それでは、次回の映画の記事をお楽しみに。

☆『愛 ラムール』DVDはこちら
愛、アムール [DVD]
愛、アムール [DVD] 1071円って安いですね。

☆ヒロシマ・モナムール
二十四時間の情事 [DVD]
二十四時間の情事 [DVD] 昔は「24時間の情事」というタイトルで公開されましたが、今は「ヒロシマ・モナムール」のほうが通りがいいです。

24時間の情事と聞くと不倫の話みたいですが、テーマは原爆を投下されてから10年たった広島だと思います。岡田英二がフランス語で熱演。彼は「和製ジャン・マレー」と言われたほどの2枚目俳優。子供のときはテレビでよく見ていましたが、そのときはさほどよさがわからなかったです。今見ると、「2枚目だな~」と思います。彫りの深い顔立ちです。







関連記事

    • puni
    • 2015年 4月 17日

    使えそう かつ あまり難しくなさそうな例文の宝庫ですね
    是非覚えたい デモオボエラレナイ

      • フランス語愛好家
      • 2015年 4月 17日

      puniさん

      こんにちは。
      そうですね。日常よく使う表現がいっぱいですね。
      一度では覚えられないかもしれませんが
      何度も繰り返すうちに覚えるので
      ぜひ、チャレンジを。

      コメント、ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^