昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス競争委員会の多額の罰金~ロレアルなどに

pen勉強中

きょうはビジネスニュースを紹介します。

フランスの競争委員会が大手化粧品メーカーなどが価格を競合してつりあげていたことに対して、多額の罰金を課したニュースです。

いわゆる談合のような行為です。

タイトルは
France : treize entreprises sanctionnées pour entente sur les prix
フランス:13の企業が価格の協定で罰せられる

まずはニュースの動画をごらんください。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒France : treize entreprises sanctionnées pour entente sur les prix

treize は 13です。
ほかにも年号で、2003,2006,そして罰金の額が出てきます。
聞き取ってみてくださいね。

France : treize entreprises sanctionnées pour entente sur les prix
フランス:13の企業が価格の協定で罰せられる

En France, l’Autorité de la Concurrence à prononcé de lourdes amendes à l’encontre de plusieurs entreprises des secteurs de l’entretien/hygiène beauté, accusées d’entente commerciale sur les prix entre 2003 et 2006.
Treize sociétés sont visées, dont des grands groupes comme L’Oréal.

Il leur est reproché de s‘être concertées avant les négociations avec la grande distribution.

フランスの競争委員会が複数の日用品や化粧品の会社に重い罰金を課すことを発表しました。これらの企業が2003年から2006年に価格の談合を行っていたからです。

対象は13社で、ロレアルのような大企業も含まれています。

委員会は、これらの企業が、あらかじめ、大手卸業者と価格を協議していたと批難しています。

「こうした企業はあまりに有名で、インターナショナルなメーカーで、とても力があるので、大手卸業者はこうした会社の商品を店内に置かないわけにはいかないのです。たとえ、彼らの申し出る値上がりが、法外であってもです。」

企業の代表が、パリのレストランで定期的に秘密の会合をしていたとされています。

競争委員会は、こうした談合は消費者に影響があるとし、総額9億5千ユーロの罰金を課したと発表しました。

対象の企業にはプロクター・アンド・ギャンブル、ユニリバー、コルゲート・パルモリーブも含まれています。最も高い罰金を課せられたロレアルは、上訴するとしています。

単語メモ

concurrence 競争

à l’encontre de ~に対して

entretien 手入れ

entente 合意、協議

viser  対象とされる
être visé (批判などの)的になる

reprocher de 非難する

concerté (あらかじめ)協議された
économie concertée 協調経済

linéaire 店内の陳列台で商品が占有する長さ

a supposer que + 接続法
~であると仮定して、仮に~だとすれば
À supposer qu’il pleuve demain, que ferons-nous ?
あす雨が降ったら、何をする?
à supposer qu’ils trouvent trop fortes les hausses de prix
彼ら(=ディストリビューター)は値上がりがひじょうに大きいと思ったとしても

hausse 値上がり
hausse des loyers 家賃の値上がり
hausse du coût de la vie 生活費の高騰

s’entendre 理解しあう、一致する

consommateur  消費者

dénoncer 暴く、告発する

montant 合計、総額

écoper de ~を被る、受ける

補足~ニュースの背景など

l’Autorité de la Concurrence 競争委員会
市場で正常な価格競争が行われているかどうかチェックする団体。

l’entretien/hygiène beauté
entretien はお手入れ、hygiène beauté は美容衛生。
つまり、日用の洗剤や、石けん、コスメなどの業界です。

今回の罰金は、同じ業種の国際的大企業が、共同でフランスのスーパーマーケットで、価格の釣り上げを行っていたことなどに対して課されたもののようです。

発端はSCジョンソン、コルゲート・パルモリブ、ヘンケルからの通告で、これらの企業も同様に談合をしていたのですが、その事実を委員会に伝え、捜査に全面的に強力したので、罰金を安くしてもらったようです。

950 millions d’euros 9億5千ユーロ
日本円にして、だいたい1400億円

いかがでしたか?

2003年はけっこう前なのですが、立証できるのでしょうか?
フランス人ってのんびりしているというか、気が長いので、きっとずーっと前から調査していたのでしょうね。

ロレアルは225億円ほどの罰金を課せられたそうです。そりゃあ上訴もするかな、という感じの金額です。

それともこういう国際的な大企業はこのぐらいのお金は何でもないのでしょうか?

それでは次回のニュースの記事をお楽しみに。

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^