昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

バルジェーム・中世の趣が残る村

バルジェーム

File:Bargème -1.JPG – Wikimedia Commonsより

先週のヴェズレーに続いて、今週もフランスの美しい村をご紹介します。

ヴェズレー⇒ヴェズレー・美しくも神秘的な村

今回は、バルジェーム。

南フランス、プロバンス地方の山にある小さな村です。

どんなところか動画でごらんください。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒village bargeme
絵の展示会があったようです。

バルジェームは「フランスの最も美しい村(Les plus beaux villages de France)」の1つに選ばれています。

フランスの最も美しい村(Les plus beaux villages de France)

バルジェームの話の前に「フランスの最も美しい村」をご説明します。

これはフランスにたくさんある小さな村の歴史的遺産を保護、かつ観光誘致を目的として1982年に設立された協会。

フランスと聞くとパリなど都市部を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、田舎が多いのです。

フランスの人口は6600万人で日本の1億2700万人のおよそ半分。

国土は日本の1.5倍、さらにその6割は平地なので、可住地の広さは日本のおよそ3.5倍にあたるそうです。

よって人口が集中する都市部を除けば、大半がのどかな田園地帯だと考えられます。

そのような田舎に人知れず美しい景観や、たくさんの遺跡が眠っているから、見に来てください、とうことですね。

この団体は、コレーズ県のある村長さんが発起人となって設立。

村長さんは、リーダース・ダイジェストが出していたフランスの美しい村を集めた写真集を見ていて、こういう素晴らしい村のことをみんなにもっと知ってもらわにゃ、と思ったのです。

こうした村はほっておくと、どんどんさびれてしまいますから、いいアイデアですね。

2012年に30周年をむかえ、活動の幅を広げている「フランスの最も美しい村」協会。現在は157の村が「美しい村」として認定を受けています。

フランスの最も美しい村になるには?

美しい村になるためには、この協会に登録申請します。書類審査⇒現地審査と進みますが、申し込むのに最低限の条件あり。

その条件を読んでみました。

・Attester d’une dimension rurale, c’est-à-dire avoir une population agglomérée maximale de 2000 habitants,

・Posséder, sur son territoire, au minimum 2 sites ou monuments protégés (classés ou inscrits),

・Prouver d’une adhésion collective au projet de demande de classement par la fourniture d’une délibération du Conseil municipal.

(だいたいの訳)
・田舎であること。つまり、人口は2000人以下
・保護されるべきものとして登録された場所や建物が最低2件あること
・自治体の討議によって、申請の合意を得ていること

田舎でしかも、何か、歴史的資産となる景色か遺跡が2つはないとだめなんですね。

ほかにも細かい条件がついています。

一度認定されても、途中でこの条件からはずれたら、資格を剥奪されます。

この協会は、村の自然や素朴な魅力を維持したいのであり、商業主義にまみれてもらっては困る、と考えているようです。

協会の公式サイト

Les plus beaux villages de France – Site officiel

バルジェーム Bargème

バルジェームは南フランスのプロバンス、ヴァール県にあります。

プロバンスはおおざっぱに言って南は地中海、北はアルプス。海と山があるわけですね。

古くから、ギリシアの影響の強い場所で、ギリシア人植民都市があり、その後ローマの属州に。

そのあとプロバンス王国となります。中世は、プロヴァンス伯という人が掌握しており、フランスになったのはフランス革命のあとです。

最初は「プロヴァンス」という国だったのが、歴代のフランスの王様が次第にフランス化していったのです。

この地方の山にある街は、海から攻めてくる敵を発見するために作られた要塞都市でした。

そのようなプロバンスの山の上にあるのがこのバルジェームです。

村の入り口
バルジェーム

File:Bargème -1.JPG – Wikimedia Commonsより

「フランスの最も美しい村」協会のサイトにある説明を読んでみます。

Perché à 1 097 m d’altitude, Bargème est le plus haut village du Var et offre une vue imprenable sur la vallée.

Dominé par les tours de son château médiéval en partie dévasté par les guerres de Religion, ce site classé ravira les amateurs de vieilles pierres et de patrimoine médiéval.

標高1097メートルに位置するバルジェームはヴァール県でもっとも高いところにある村で、すばらしい峡谷を眺めることができます。

宗教戦争で、部分的に破壊された中世のお城の塔が目立っており、この遺跡は、古い石や中世の資産を愛好する人たちをうっとりさせることでしょう。

ravira ravir うっとりさせる、心を奪う
Ce beau paysage nous a ravis.
その美しい景色は私達をうっとりさせた。

patorimoine 世襲財産、資産、(共同体やグループが受け継ぐ)資産
La civilisation orentale est le patrimoine de l’humanité.
オリエント文明は人類の共同資産である。

バルジェームの人口は、冬場は142人と公式サイトにありました。あまりに高いところにあるのでアクセスが悪く、昔のものがいろいろ残っているようです。

いろいろといっても石ばかりですが。

この村の資産の1つは説明にもある半分こわれたお城の塔ですね。

ホーム・ページでも「見どころ」の一番最初にのっていました。

バルジェームの公式サイト

Mairie de Bargème – Accueil

このお城の名前は Le Château des Pontevès ポントゥベーズの城(読み方間違ってたらすみません)1225年に作られました。そのころ日本は鎌倉時代です。

宗教戦争のとき、内側はほとんど破壊されましたが、外側は残っています。宗教戦争は16世紀です。

もう一つの見どころは

L’enceinte fortifiée 要塞の城壁
辞書には enceinte fortifiée は牢獄城壁 とありました。

ほかの遺跡もみんな石です。この手のものが好きな人にはうれしい場所です。

宗教戦争のころは、お城の領主の座をめぐって、血なまぐさい陰謀が渦巻いていました。

隠し部屋や、地下牢もあったことでしょう。お城ときくと、今は宮殿とか、何かきらきらしたもののように感じますが、もともとは敵に攻めこまれたときの防衛及び戦闘の拠点ですから。

お城が建てられてから1900年ぐらいまでは、この石の塔も、波瀾万丈の歴史を目撃。

その後、この城は修復されることもないまま、打ち捨てられていました。ある時、バルジェームの村長さんか誰かが、「フランスの最も美しい村」に申請したので、特にフランスの村に興味があるわけでもないpenの知るところになったわけですね。

いかがでしたか?

バルジェームの写真を見ると、私にはほとんど廃墟に見えます。

150ある村の中でも、観光地化されてない雰囲気。落ち着いた気分になれそうですね。

ホーム・ページに羊の写真があったので、牧羊をやっているみたい。のんびり羊の姿を眺めながら昼寝するのもいいでしょう。この村へ行くには山に向かう1本道をえんえんとドライブする必要がありますが。

ところで、バルジェームのホーム・ページは村長の挨拶はふつうのフォントですが、ほかのページの大半は、なんて呼ぶのか知りませんが、中世の雰囲気のあるフォントです。

こんなの
中世の雰囲気のあるフォント

これは4行だからいいのですが、改行なしに、このフォントがずらーっと並んでいると、読みにくくて仕方ありません。ふつうのフォントにしていただきたいです。

来週もう1つ、フランスの観光地をご案内します。

関連記事もどうぞ
南仏の村~クルセグル「虎と小鳥のフランス日記」第119話
南仏の村~ベルヴェデール 虎と小鳥のフランス日記第118話
アスプルモン~プロヴァンス地方の小さな村「虎と小鳥のフランス日記」第19話

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    • かぢゅ*
    • 2014年 12月 17日

    こんばんは(*^-^*)

    1枚目の写真の第一印象は色が少ない!でした^^;
    空の青色と、建物の白色?と、草木の緑色かな?
    動画で流れてる音楽がなんか奇妙というか不思議というか
    そんな風に思いました(^-^;

    フランスと聞くとやっぱりパリが一番に思い浮かんできますが
    フランスの田舎町は自然が豊かで素晴らしい
    ということも忘れないでおきたいです(*^。^*)♪

      • フランス語愛好家
      • 2014年 12月 17日

      かぢゅ*さん、こんにちは。
      1枚目の写真はWikimedia Commonsから借りてきたのですが、
      あまりいい写真ではないのでよね。

      バルジェームのサイトに行けばもっと美しい写真が見られます。
      緑豊かな村ですね。

      そうですね。都会より村がお好きな方も
      いらっしゃるでしょうし、村めぐりもたのしいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^