昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

L11 フランスのパン屋さんが特別な理由

パンとミルク

「百合のFranceウォッチング」第11課の受講メモです。この課では百合がパン屋で買い物をします。

きょうのメニュー

  • 疑問代名詞 que
  • 丁寧にお願いする言い方 Je voudrais
  • フランとシューケット
  • 番組のテーマソングについて
  • ポーズ・カフェ~フランスのパン屋さん
  • それでは、さっそく復習に入ります。

    疑問代名詞のque 何、何を

    Qu’est-ce que vous désirez ?
    あなたは何が欲しいですか?

    この文は
    Est-ce que vous désirez ?
    あなたは欲しいですか?

    に「何が」のque をつけたものです。

    Qu’は queとestのエリジオン
    queはいつもあとに母音が来るとこのようにeが落ちます。

    Qu’est-ce que c’est ? それは何ですか?
    も頻出表現。

    Je voudrais ~ ~が欲しいのですが

    Je voudrais un flan et dix chouquettes.
    フラン1つとシューケットを10個欲しいのですが。

    voudrais は vouloir (~がほしい)という動詞の条件法の形ですが、このまま覚えるべき表現。

    フランとシューケット

    フラン

    講座によるとフランは「カスタード入りのタルトで中にさくらんぼが入っていたりする」もの。

    カスタードは卵の黄身をベースにしたクリームです。

    パリ風フランの作り方 2分56秒

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒パリ風フランの作りかた

    フランは日本で言うプリン(カスタードプディング)と同じものの場合もあります。

    シューケット

    chouquette という名前の通りシュークリームの小さいやつです。
    生地を小さくしぼって焼き、つぶつぶの砂糖をふりかけます。

    こちらも作り方を紹介します。
    シューケットの作り方 3分24秒

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒シューケットの作り方

    こういう一口サイズのお菓子は曲者ですね。食べやすいからぽいぽい口に放り込み、つい食べ過ぎてしまいます。

    ちなみにシュークリームはフランス語で chou à la crème
    chouはキャベツです。

    ★お菓子の名前はこちらでたくさん紹介しています。
    かわいいフランス語、教えます~その5 パンとお菓子 chouquette はリストに書いていなかったので、パン屋さんの部にあとで付け加えておきます。

    番組のテーマソング「プレヴェールに捧ぐ」

    この番組のテーマソングについてちょっと解説がありました。
    なんとシルヴィ先生が日本語を使ってましたね。

    こちらで紹介しています⇒歌と訳詞:プレヴェールに捧ぐ~セルジュ・ゲンズブール 前編

    ポーズ・カフェ~フランスのパン屋さん

    書き取り

    Oui, les boulangeries sont ouverts dès sept heures du matin et à la différence des autres commerces qui doivent en principe être fermer le dimanche, les boulangeries, elles sont ouverts tout le dimanche matin.

    Absolument et d’ailleurs le prix de la baguette est fixé par l’Êtat.

    Les Français sont exigeants sur la qualité de pain et on fait la queue à l’entrées des bons boulangeries.

    La baguette, c’est bon bien frais, mais ça durcit très vite. C’est pourquoi les Français achètent aussi du pain campagne qui se conserve beaucoup mieux.

    Et un des plaisirs des Français le dimanche matin c’est de manger au petit déjeuner des croissants bien chauds achetés le matin-même à la boulangerie du quartier.​

    要約

    パン屋は朝7時頃から開いており、日曜休みが多いほかの店とちがって日曜の午前中も開いている。

    バゲットの値段は国によって決められている。

    フランス人はパンの味にうるさく、おいしい店の前では行列ができる。

    バゲットは焼きたてはおいしいが、すぐに固くなるので、フランス人は田舎パンも買う。こちらはそんなにすぐには固くならない。

    近所で焼きたてのクロワッサンを買って食べるのがフランス人の日曜朝のお楽しみである。

    ※ durcir 固くなる

    フランスのバゲット(いわゆるフランスパン)は日本のお米と似たところがありますね。それにしても、焼きたてのパンが食べたくなります。

    いかがでしたか? ラジオ講座のスキットではこのように買い物をするシーンがよく出てきます。でも、フランとシューケットという特にお菓子好きでもなければ、なじみのないお菓子を使ってるところがおもしろいですね。

    藤田先生はお料理がお好きなようだから、先生のこだわりなのでしょうか?それとも、話の主人公の百合の性格描写でしょうか?

    それでは、次回のラジオ講座の回をお楽しみに

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^