昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ビュット・ショーモン公園「虎と小鳥のフランス日記」第3話 

ビュット・ショーモン公園

毎週一つずつ見ている虎と小鳥のフランス日記のバック・ナンバー。

きょうは第3話です。この回はパリの北のほうにあるビュット・ショーモン公園が舞台です。

カミーユとヴァロンティーナのしゃべる日常会話と、カミーユが公園について紹介するナレーションの箇所の二つあるので、両方勉強できてお得な回です。

今回はキャプチャー多めでご紹介しますね。

メトロに乗っているカミーユ。
エッフェル塔が左手に見えてきます。

パリ

到着。ヴァロンティーナに挨拶。

キーフレーズその1

久しぶり!

パリ

Coucou !

第1話、2話に登場したヴァロンティーナ。
初期のエピソードにはよく出てきました。
いつも、独特のおしゃれをしています。

ビュット・ショーモン公園

2人でビュット・ショーモン公園に向かっていると、途中で仮装をして楽器を持っている人たちに出会います。

キーフレーズその2

小さな譜面台よ。
かわいいわね。

ビュット・ショーモン公園

Un mini pupitre.
C’est mignon.

公園では、マグレブ系フランス人が太鼓をたたいて踊っていました。これはコミュニティ主催のアフリカ音楽のミニコンサートです。

ビュット・ショーモン公園

コンサートを見たあとは芝生の上に落ち着いておしゃべりです。
ヴァロンティーナの靴が「可愛い!」と興奮するカミーユ

ビュット・ショーモン公園
2人ともきれいな足の持ち主

キーフレーズその3

まるで「不思議の国のアリス」の靴みたい。

ビュット・ショーモン公園

On dirait les chaussures d’Alice au pays des merveilles.

先日、赤いワンピースをもらったお礼でしょうか?
ヴァロンティーナは青い服をカミーユに渡します。
そのあとは寝そべってのんびり。
パリにいる秋田県は、さすがにおしゃれ?
青いバンダナを首に巻いていました。

ビュット・ショーモン公園

パリの街を眺めて、おしまい。
アフリカ音楽を聞いて、おしゃべりをして、のんびりする。
・・・とてもいい休日ですね。

きょうのフランス語ワンポイント

きょうのキーフレーズ
Coucou !
C’est mignon.
On dirait ~

3つともよく出てきます。

Coucou !

ク・クー。間投詞です。

Coucou ! は挨拶でも使えるし、誰かの家にいってしーんとしているので、「お~い、誰かいますか?」という時にも使えます。

coucou はカッコウ(鳥)という意味もあります。

C’est mignon.

セミニヨン
フランス語で「それはかわいい」という意味です。

C’est = ce est のエリジオン
mignon は かわいらしい、愛らしい

C’est mignon chez vous, vous avez du goût.
すてきなお宅ですね。いいご趣味でいらっしゃるわ。

On dirait ~

On dirait les chaussures d’Alice au pays des merveilles.
まるで「不思議の国のアリス」の靴のよう。

きょうのキーフレーズでは一番長い文章ですが、これは「不思議の国のアリス」を意味するフランス語が
Alice au pays des merveilles
と長いからです。
merveille は「すばらしいもの(人);(古風)脅威、不思議」

この小説のことはそのうち⇒タイトルのフランス語でとりあげる予定です。

On dirait ~ で 「まるで~のようだ」
direは 言う と意味の動詞で、diraitは条件法。

それは現実のことではないのだが、私たちは~と言うだろう、言うかもしれない⇒まるで~みたいです、という流れです。

例文
あの女の子を見て。まるでお人形みたい。
Regarde cette petite fille. On dirait une poupée.

きょうの豆知識 ビュット・ショーモン公園

Parc des Buttes-Chaumont

パリの北東部19区の南側にある大きな公園。

この場所は昔、採石場でした。ここから切り出した石で、パリにあるさまざまな建物が作られました。

そのせいか、とても起伏にとんだ地形です。野性的といいましょうか。昔は荒れ果てていましたが、ナポレオン三世が美しい公園によみがえらせました。

神殿(展望台)、湖、渓谷、橋、滝、英国の庭、中国の庭、エキゾチックな木々、鍾乳洞など盛りだくさんのものがあります。

パリで3番目に大きな公園です。

butte 小さな丘、小山
chaumont は chauve(禿げた)と mont(山)がくっついたものではないかと言われています。

こちらはこの公園を案内する動画。
英語ですが、様子がよくわかります。
旅行者にアパートをレンタルする会社のビデオなので、物件が出てきますが、それだけに、周囲の環境のリポートが詳しいです。

6分17秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒ビュット・ショーモン公園の案内(英語)

いかがでしたか?
きょうの3つのキーフレーズ、どれも使いでがあります。

特に「かわいい!」のセミニヨンは女性ならよく使うことでしょう。

日本の女性はなんでもかんでも「かわいい!」ですませる傾向があります。ボキャブラリーが少ないのか、本当になんでもかわいく見えるのかその理由はわかりません。

本当はかわいくないものであるはずなのに、「キモかわいい」という言葉を作り、むりやりかわいいものの範疇(はんちゅう)に入れようとすらします。

「かわいい」はもうほとんど間投詞、あるいは挨拶となっていて、意味などないような気さえします。

ですからC’est mignon.は絶対覚えておくべき言葉でしょう。
フランスに行ったら、なんでもかんでも可愛く見えてしまうでしょうから。

それでは次回のバック・ナンバーの記事をお楽しみに。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^