昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ルルク運河の散歩「虎と小鳥のフランス日記」第42話~前半

ルルク運河

ルルク運河

週に一度のペースで見ている「虎と小鳥のフランス日記」バックナンバー。

きょうは第42話のビデオを見ました。2012年の2月ごろに撮影されたものです。

この回の舞台はルルク運河です。先日、同じ場所をちょっと北上する回がありました。⇒ルルク運河からパリの東北へ「虎と小鳥のフランス日記」第104話

ルルク運河はパリの北東にあるラ・ヴィレット貯水場(Bassin de la Villette)とセーヌ川を結びつける水路です。

前回の第41話「ニースのカーニバル」の回の会話がとても短かったせいでしょうか、今回は4分20秒ありまして、長い。

しかも会話がやや難しい。

というわけで前半、後半の二度にわけました。

ここは水が近く、車の入らないおススメのスポットです。その点については、ルルク運河からパリの東北へ「虎と小鳥のフランス日記」第104話の記事で詳しく書いていますので、そちらをごらんください。

サンプル動画がなかったので、キャプチャー多めでご紹介します。

地下鉄ジョレス駅で待ち合わせ

ジョレス駅

ククー。カミーユ、お気に入りの赤いコートを着ています。1年目、2年目はよくこの黒いベレー帽をかぶっていたのですが、最近かぶってないような?なくしてしまったのでしょうか。

ジョレス駅

きょうはどこに行くか話しています。

キーフレーズ1

特別な場所に行きましょう(←私はあなたに、すごく特別な場所に行くことを提案します)

ジョレス駅

歩き始めました

ジョレス駅あたり

橋の上からルルク運河をながめます。冬は冬で素敵です。

ルルク運河

ルルク運河の終着点、ジョレス閘門(こうもん)

ジョレス閘門

ルルク運河にそって歩いています。「両岸に1つずつMK2という映画館があるのよ。」

ルルク運河

キーフレーズ2

このナヴェット、何に使われるかわかる?

ナヴェット

チケットを販売しているのは片方の映画館だけなので、上映するシアターが向こう岸にある場合、このナヴェットにのって移動します。ほんの数分のことですが。

MK2

運河沿いでのんびりする人々

ルルク運河

このあと、カミーユもちょっと休憩しない?と提案します。

ルルク運河

というわけで、前半はここまでです。開始後1分54秒で、ちょうど半分まで来ました。

【キーフレーズのフランス語】

・その1

Je te suggère qu’on aille euh dans un endroit assez exceptionnel.

suggérer 提案する
aille < aller の接続法 3人称単数 直訳すると「わたしたちがすごく特別な場所へ行くことを私はあなたに提案します。」 suggérer à qne 接続法 というふうに形が決まっています。 実現させたい気持ち、希望が入っていると接続法を使いますが、suggérerは提案しているので、そういう気持ちが入っていますね。 とはいえ、これは決まり文句として覚えておくといいと思います。 ・その2 Tu sais à quoi elle sert, cette navette ?

elle = navette

sert < servir servir à ~に役立つ 例文) フランス語の知識はずいぶん彼女の役に立った。 Sa connaissance du français lui a beaucoup servi. この運河は貨物輸送に使われている。 Ce canal sert au tranport des marchandises. キーフレーズの文章は関係代名詞 が使われていて 前置詞  à  が前に出ています。 ・おまけのフレーズ ちょっと休憩しない? On va se poser ?

休憩するのが好きな人は覚えておくとよいでしょう。簡単ですし。

dotline470

本当にこの回はボリュームがあるのです。もしこれからバックナンバーを買うような機会がありましたら、お得な回なのでこれも選ぶといいでしょう。

部分的にゆっくりしゃべっているので(難しいところもありますが)ディクテの練習に使えますし、接続法など、やや難しげな文法項目がさらっと会話に入っていますし、運河がきれいですからね。

後半はこちらです⇒ルルク運河の散歩「虎と小鳥のフランス日記」第42話~後半| フランス語の扉を開こう
http://furansu-go.com/l-ourcq/

★関連記事
・去年、この回を勉強した時に書いた受講メモ⇒#42 ルルク運河での散歩

・登場した場所や物について書いている記事、その1⇒地下鉄ジョレス駅、ジョレスカフェ、ルルク運河(虎と小鳥#42の補足その1)

・登場した場所や物について書いている記事、その2⇒MK2、ナヴェット、ペニッシュ(虎と小鳥#42の補足その2)

・MK2の創始者であるマラン・カルミッツ(Karmitz)について⇒数字: 7



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^