昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

【第22回】チョークはフランス語で何?

歩道用チョーク

歩道用チョーク

チョークの箱のラベルを読んでみました。歩道に絵を描く専用のカラフルなチョークです。

こちらは娘のです。学校の黒板用のチョークより太いです。

歩道用チョーク

きれいな色のチョークで歩道にいろんな絵を描くのは、小さな子どもの典型的な遊びの1つです。

娘は、基本的にお絵描きが好きなので、歩道にもバリバリ描いていました。

こういうのが発展して、ストリートアートになっています。

では、ラベルを読んでいきます。

歩道用チョークの箱

チョークの箱のラベル:英語とフランス語

【英語】

Crayola  クレヨラ(メーカー名)

SIDEWALK CHALK  歩道用チョーク
日本語の「チョーク」はchalkから来ています。洋裁をするとき布に印をつけるペンの「チャコ」も同じです。

LOTS OF COLOURS  たくさんの色
アメリカ英語ではcolorというスペルですが、カナダ英語ではイギリス式にcolour とつづります。

20 STICKS 20本入り

Nontoxic Chalk 毒性のないチョーク

※一般にこういうチョークを「サイドウォーク・チョーク」とか「ストリート・チョーク」と読んでいます。

【フランス語】

意味は英語と同じなので書きません。

CRAIE POUR TROTTOIR

craie チョーク 発音は「クレ」
「チョークをくれ!」とおぼえましょう。

pour ~のための(目的)

trottoir :(車道にそった)歩道
動詞 trotter(小走りに走る)から。

BEAUCOUP DE COULEURS

beaucoup de たくさんの
couleur 色

20 craies 20のチョーク⇒20本

Craie non toxique

toxique 毒性

チョークの毒性って?

チョークは石灰石からできていますが、おもな成分は炭酸カルシウムか硫酸カルシウムのどちらかです。

昔のチョークは炭酸カルシウムを使っているものが多かったので、チョークの粉を吸い込むと肺や胃によくなかったそうです。

ただ、この昔がどのあたりの時代なのか、調べきれていません。

私が小、中学生のころ、「日直」というものがあり、号令をかけたり、黒板を消したり、消すのに使った黒板消しをふたつあわせて、パンパンとはたく仕事をしておりました。
チョーク消し

このような仕事が、今もあるのかどうか知りませんが。

このとき絶対、チョークの粉を吸い込んでいますが、べつに何ともありませんでした。この程度の量なら大丈夫のようです。

いたずらな子だと、人にむかって黒板消しをはたき、先生に怒られていました。

現在は硫酸カルシウムが成分のものが多く、こちらは水に溶けるため、粉を吸いこんでも大丈夫です。また、粉がなるべく出ないように作られたチョークもありますね。

こちらでは、3歳ぐらいから、歩道にお絵かきを始めますので、安全基準はきびしいと思います。

娘の小学校は、黒板はなく、板書はすべてホワイトボードにマーカーでした。

基本的に、教室の側面が四面あり、一面は窓、一面(一番後ろ)にジャケットやバックをかけるフックや、物を収納するもののある側面、あとの二面に、全体的ではなく、部分的にホワイトボードがかかっていました。立地のせいで、多少デザインの違う教室もありましたが。

いかがでしたか?

今はありとあらゆるお絵かきグッズが販売されていますが、私の子どものころはそうではありません。

私は、地面に棒きれで絵を描いていました。舗装された場所に絵を描くときはそのへんの石を使っていました。

どこからかまぎれこんだのか白いそれもちびたチョークが家に1本だけあり、それは大事だったので、じっと眺めているだけでした。



    • アン
    • 2013年 8月 16日

    子どもの頃、チョークではなく「ロウセキ」と呼ばれる白い石が文房具屋で売っていました。
    アスファルトに描けます。チョークより減らないので、コスパがはるかによかったです。なつかしい。
    色がいっぱいあるんですね。路上にアートしてる人もありますからね。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 8月 16日

      アンさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      「ろう石」ああ、見たことあるような。
      でも、私は持ってませんでした。私はそのへんの石で描いてました。
      散歩してるとき、歩道にかわいい絵を見つけると、とてもほほえましい気持ちになります。
      アーティストの路上の絵はすごいですよね。

  1. こんにちは、

    フランス語の横に、意味が書いてあってわかりやすかったです、発音は英語読みでなんちゃって読みしました。(^-^)/ 日本では、道にお絵かきする人みないですね、歩行しゃのみの道がすくないからかな。

      • フランス語愛好家
      • 2013年 8月 17日

      花南さん、こんにちは。
      発音は、もしちゃんと確認したいのなら、TTSをおすすめします。
      IVONA Text-to-Speech Voices
      http://www.ivona.com/us/
      ロシア語もあります。

      そうですね~。いわゆる舗道がないですよね。
      車道としっかり、わかれてなくて、白い線がひいてあるところが多いですよね?
      娘が小さいとき、こういう道で連れて歩く時、ヒヤヒヤしました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^