昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

シャルリ・エブド最新号の発売、すぐに売り切れ

新聞を読む

テロの襲撃にあったシャルリ・エブドの最新号が、14日に発売され、すぐに売り切れてしまったニュースをお伝えします。

シャルルエブドの事件
シャルリ・エブド(フランスの風刺週刊誌)での銃撃

シャルリ・エブド続報~2つの立てこもりと犯人の射殺

今回は1jour1actuの1月14日付けの記事です。

タイトルは
Le Charlie des survivants est en kiosque 生き残った人たちが発行したシャルリがキオスクに

死を免れた編集者が、いつもどおりシャルリ・エブドを水曜に発行したということですね。

Le Charlie des survivants est en kiosque 生き残った人たちが発行したシャルリがキオスクに

Pourquoi en parle-t-on ? なぜこれが話題に?

1月7日、シャルリ・エブドの漫画家と編集者がテロリストの攻撃で殺されてから、みんな、この週刊誌が続くのだろうか、と気がかりでした。

生き残った編集部のメンバーは、ひじょうに特別なシャルリ・エブドを発行することで、その疑問に答えました。

シャルリ・エブド誌をゆるがした襲撃以来、残りの編集部のメンバーは、必ず発行すると決め準備していたのです。

その号は、本日3万部発行されました。

「シャルリ・エブド」は続くべきだ、と、残された編集者や漫画家は、先週、決意を固めました。

1月14日のきょう、雑誌は創刊以来、いつもそうだったように、水曜日に発売されました。

Pourquoi ce nom, Charlie ? なぜ「シャルリ」?

1970年に創刊したシャルリ・エブドは、創設者が発行していた前身のコミック誌の登場人物、「シャルリ・ブロウン」の名前をとったものです。

「シャルリ」は、昔のフランス大統領、シャルル・ド・ゴールの名前にもちなんでいます。フランスの政治に大きな功績を残したド・ゴールは、この雑誌が生まれた1970年に亡くなっています。

Ce journal que le monde attend 皆が待っていた雑誌

先週の襲撃で、世間はシャルリ・エブドの話で持ちきりでした。大勢の人が、この雑誌を買いたいと願っていました。

勇気のある行動を支持し、出版の自由のシンボルを守りたいからです。そうした人の中には、とりたててこの雑誌が好きでない人もいます。

フランス国内外で、シャルリ・エブドをほとんど知らない人や、全然知らない人も、どんな雑誌なのか見たいと願っていました。

今回、ふだんの50倍の3万部という並外れた部数が発行され、英語、アラビア語、イタリア語などに訳されたのはそのせいなのです。

De quoi parle ce journal ? この号には何が書いてある?

漫画家のリュズはこう言います。

「毎号、『シャルルの精神』を大切にしています。もちろん、この号でそれを実現するのは難しかったし、『とても奇妙』な雰囲気でした。

亡くなった友への哀悼の言葉と漫画があります。この号では、彼らの文章や、漫画を大きくフィーチャーしたかったのです。」

水曜の朝、シャルリ・エブドは多くのキオスクですでに売り切れです。木曜と金曜に補充されます。

元記事 → Le Charlie des survivants sort en kiosque -1jour1actu

単語メモ

survivant 後に残された人、生き残り、生存者

se demander 自問する 疑う

survécu < survivre 生き延びる の過去分詞 paraître 本などが出る、発売になる tirer à + 数詞 本などを ~部印刷する tenir à ~を大切にしている épuiser 売り尽くす réapprovisionner (市場などに)再び品物を供給する

シャルリ・エブド最新号の発行~関連ニュース


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Rupture de stock ! CHARLIE HEBDO épuisé en France – Les kiosques pris d’assaut

暗いうちからみんな並んで、あっという間に売り切れたそうです。

最新号はモハメッドの表紙です。

USA Todayによると、いつもとトーンが違って、悲しみをたたえた感じ。テロのあとも発行したのは言論、出版の自由を守る、という観点からひじょうに意義のあることとしています。

New 'Charlie Hebdo' cover released

一方、フランシスコ教皇は「信仰をからかってはいけない。しかし、神の名のもとに殺人を犯すのは逸脱行為である」と言っています。

Pope Francis Speaks Out on Charlie Hebdo: ‘One Cannot Make Fun of Faith’ | TIME

いかがでしたか?

なんとなく「言論の自由」、さらに人権の自由の擁護に発展している感じですが、シャルリ・エブドの12人を撃ち殺した若者2人の本当の動機はなんだったのでしょうかね。

いったい何に怒っていたのか?言論の自由に怒っていたわけではないと思います。

2人とも死んでしまったから、今となってはわかりませんね。

それでは次回の子ども新聞の記事をお楽しみに。

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^