昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ガラスの靴
シンデレラ pen
シンデレラpen

『シンデレラ』のフランス語のタイトルをご紹介します。

お伽話の中では最も有名な話と言えそうですが、まだこのシリーズで取り上げていませんでした。

というのも「虎と小鳥のフランス日記」第91話 パリジェンヌのブティックの会話にシンデレラが登場したので、関連記事として、大事なのは自分の足にあう靴をはくことを書き、この話の謎についてかなり詳しく検証したからです。

しかし、それもすでに半年以上前のこと。
今回、masausaさんが、シンデレラのイラストを描いてくださったので、改めて、「タイトルのフランス語」シリーズのトピックとして取り上げることにしました。

シンデレラは欧州の各地に似たような話が伝わっています。

童話としては、フランスのシャルル・ペロー、ドイツのグリム兄弟のバージョンが有名です。

シンデレラをご存知ない方はいないでしょうが、ごく簡単にあらすじを書いておきますね。

シンデレラ(灰まるけ)あらすじ:penバージョン

昔々あるところに、裕福な男性がいました。奥さんが亡くなったので、後妻をもらいました。

この後妻は、2人の娘を連れて、男性の家に入りました。

男性には亡くなった奥さんとのあいだにできた娘がいて、この娘がこの話の主人公です。きれいで気立てのよい子です。彼女は連れ子より若く3人姉妹の末っ子になりました。

お姉さんたちが18歳ぐらいで、末っ子が16歳ぐらいでしょうか?

後妻はとても性根が悪く、義理の娘をいじめ抜きます。
末っ子を蜘蛛の巣だらけの屋根裏部屋に追いやり、家事をすべて押し付け、お姉さんたちの世話をさせました。

末っ子は家事に疲れたのと、寒いのとで、いつも台所のかまどの前でうずくまっていました。ここならほんのりあたたかいですから。

しかし、そのせいで灰まるけでした。後妻と義理のお姉さんたちはその様子を見て、彼女をサンドリオンと呼びました。これは「灰まるけ」という意味です。

さて、お父さんはいったい何をしていたのでしょうか?自分の子どもがそんなふうにいじめられていたというのに?

彼は後妻の側についていたのです。不思議ですね?

ある日お城でパーティが行われ、お姉さん2人は力いっぱい着飾って出かけました。

灰まるけも行きたくて、泣いていたら、人のよさそうな魔法使いが現れ、親切にも馬車や馬、御者などを魔法で用意してくれました。

馬車は元かぼちゃ、馬や御者はねずみです。魔法使いが杖で灰まるけをさわったら、ぼろぼろの服が素敵なドレスになりました。

きれいな靴を灰まるけに渡しながら、魔法使いはこう言います。

「魔法は夜中の12時にはとけるんよ。必ずその前にお城を出なきゃいけん。」

灰まるけはパーティで王子さまと楽しくダンスします。でも制限時間は覚えていました。

ギリギリまで踊っていたので、12時直前にバタバタとお城の階段を駆け下りることになり、靴が片方どこかに飛んでいきました。

灰まるけに一目惚れした王子さまは、その靴を従者に渡し、持ち主を探すように命じました。

従者は国中の若い娘の足に靴をあてがって歩きましたが、見つかりません。

最後に灰まるけの家に来ました。お姉さんたちは、無理やりその靴に足をねじこもうとしましたが、入りません。

灰まるけがはいてみたら、あらびっくり。あつらえたようにフィットして、従者は仕事が終わってほっとしました。

灰まるけはお城に呼ばれ、王子さまと結婚し、そのあとは灰だらけで家事をすることもなく、幸せに暮しました。

ガラスの靴

シンデレラの人気の秘密

今もってこの童話が根強い人気がある理由を考えてみました。

逆転の構図

1.シンデレラがはじめ文字通り、灰まるけで、とことんかわいそうであったのが、最後に逆転ホームランのように幸せになる。

2.魔女が杖をひとふりすると、かぼちゃが馬車に、ネズミが馬や御者に、ぼろぼろで灰まるけの服が美しいドレスに一瞬のうちに変わる。

ドキドキする場面

緊迫する場面が少なくとも3つ用意されています。
1.12時前に帰らなければならないというタイムリミット。
2.12時前に階段を駆け下りるアクション。
3.「靴が足にあうか、あわないか」というスリリングな場面

ボーナスポイント:きらびやかな場面、小道具

1.お城の舞踏会
2.ガラスの靴
シンデレラの靴をガラスとしたのはペローだと言われていますが、これもロマンチックな演出です。わらじみたいな靴だと、脱げるときもはかせるときも絵になりませんから。

★靴については以前の記事に書いています。
こちら⇒大事なのは自分の足にあう靴をはくこと

シンデレラはフランス語で

Cendrillon ou La Petite pantoufle de verre
直訳は「サンドリオン またはガラスの小さな靴」

Cendrillon cendre(灰)から来た呼び名。;灰かぶり、灰まるけ
ou または
la 女性名詞につく定冠詞
petite 小さい(女性形)
pantoufle スリッパ、部屋ばき、フラットシューズ
de ~の
verre ガラス

英語は Cinderella(シンデレェラ 2つ目のeにアクセント)
ellaは女性の愛称を作る語尾

この物語はたくさんの映像作品になっています。
最も有名なのはディズニーの映画でしょう。

きょうはイタリア製のアニメのフランス語版をご紹介します。

このアニメは、お父さんは仕事で遠くへ行ってしまい、そのあいだに継母にいじめられる展開。

フランス語は聞き取りやすく、日常よく出てくる表現が満載です。
これはエピソード1
お父さんが旅立ち、いじめがはじまりました。
22分13秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Cendrillon. Ep.1. Le Départ

灰まるけが夕食の支度をしているとき、ネズミ2匹が手伝って、塩とこしょうをスープに入れます。熱心に入れ物を振っていたら、蓋が取れ、全部スープの中に入ってしまうところが笑えます。

【関連サイト】
シャルル・ペローのサンドリオン(音声付き、要Quicktime)
Cendrillon de Charles Perrault

「灰だらけ姫」(青空文庫)
ペロー Perrault 楠山正雄訳 灰だらけ姫 またの名「ガラスの上ぐつ」

***************************************************
★このシリーズを最初から読む方はこちらから
第1回『白雪姫』
***************************************************



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^