昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

名言その2~ココ・シャネル~この世で一番勇気のいる行動とは?

ココ・シャネルの名言をご紹介します。

ココ・シャネル
1920年、27歳ごろのシャネル
File:Coco Chanel, 1920.jpg – Wikipedia, the free encyclopediaより。

フランスのファッション・デザイナー、ココ・シャネル(1883-1971)の生涯については、前回の記事に書いています。
こちら⇒名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?

きょうのお言葉は:

L’acte le plus courageux demeure le fait de penser pour soi-même. À voix haute.
一番勇気のいる行動って、自分の頭で考えるってことよ。そしてそれを声に出すことね。

⇒音声はIVONA Text-to-Speech Voicesでチェック!
(クリック後、ページが表示されると自動的に音声が始まります)

今でこそ、短いスカート、ジーンズ、パンツは全くふつうの女性の服装ですが、シャネルがお針子をしていた20世紀のはじめは、女性はコルセットをつけ、長いスカートをはいていました。

帽子には羽飾りがいっぱい。

「そんな苦しくて動きにくいものを着てるなんて、おかしくない?」

シャネルはタイトなシルエットをゆったりさせて、丈をもっと短くします。

それまでは喪服か修道女が身に付けるだけの黒一色の服をドレスに仕立てあげ、紳士服の素材だったジャージーを使ってゆったりとした、動きやすい服を作りました。

また、男性の労働着からヒントを得て、婦人服にすることも得意でした。

フレンチカジュアルの代表である、ボーダーの服も、水兵さんの服だったのをシャネルがおしゃれな服に格上げしたようなものです。

彼女は婦人服に革命をおこしたのです。

本人も、デザイナーとして成功する前から、人とは違う地味でもっさりとしたなりをしていましたね。現代人から見ると、シックですけど。

もちろん、キャリアの始めに、こうした服を提案したことが、みんなから受け入れられたわけではありません。

女性なら誰もが長いスカートをはいているのが当たり前の時代に、今までとは随分違うスタイルを考案したのですから。

シャネルは、自分のデザインに本当に自信を持っていたのだろうし、勇気もありましたね。

わかりやすい!フランス語の文法解説

単語の意味

acte 行為 男性名詞 前についてるl’ はleのエリジオン。

le plus + 形容詞 もっとも~な
形容詞の最上級です。
詳しくはこちら⇒「まいにちフランス語」20:L42~最上級

courageux 勇敢な

demeure > demeurer ~であり続ける、とどまる
この動詞の基本の意味は、住む、居住する。

fait 行為、行い
le fait de + inf. ~すること

penser 考える

pour ~のための、~向けの

soi-même 自分自身

à ~で

voix 声

haute 高い、大きい
à vois haute 大きな声で

直訳

もっとも勇敢な行為とは、自分自身の観点から考えるということにあります。大声で。

補足

pour soi-même
「自分自身のために」とも訳せますが、この場合は、自分の利害を優先するのではなく、自分の観点から考えること、と解釈しました。

シャネルの物語 「昔昔あるところに・・・」

シャネルブランドが作った、ココ・シャネルのストーリーを紹介します。
タイトルは Il était une fois (英語はOnce upon a time)
これは「昔昔あるところに・・」という意味で、物語の一番最初の文句です。

Coco – Inside CHANEL 2分58秒

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Coco – Inside CHANEL(フランス語)

※英語のナレーションバージョンはこちらをどうぞ⇒Coco – Inside CHANEL(英語)

さすが天下のシャネルが作っただけあって素敵な仕上がりですね。

いかがでしたか?

信念を持って、いつも自分の考えを持ち続け、そしてそれをみんなに言う。

なかなか難しいことです。人の目を気にしていたらできません。

でも何か新しいものをこの世に生み出すためには、必須のことかもしれないですね。「新しいもの」とは、これまでなかったものなのですから。

☆シャネルの名言その3はこちら⇒名言その3~ココ・シャネル~かけがえのない人間になる方法とは?



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^