昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

名言その4~ココ・シャネル~「ぜいたく」の反対語は?

シャネル 1920年
1920年のシャネル 37歳頃
ファイル:Chanel.JPG – Wikipediaより

ココ・シャネル(1883-1971)の名言、4つ目をご紹介します。

孤児同然からトップデザイナーになったシャネルの経歴は初回の記事に書いています。こちら⇒名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?

きょうのお言葉は:

Le luxe, ce n’est pas le contraire de la pauvreté mais celui de la vulgarité.
「ぜいたく」は、「貧しさ」の反対語じゃないのよ。
「下品」の反対語なの。

⇒音声はIVONA Text-to-Speech Voicesでチェック!
(クリック後、ページが表示されると自動的に音声が始まります)

さて、「ぜいたく」とはなんでしょうか?
ふつう物やお金が必要以上に使うことをさしますね。
だから「貧乏」の反対と言えなくもないです。

しかし、シャネルはそうは言いません。
「ぜいたくなことは下品であることの反対語。」
と言います。

シャネルは下品なことが嫌いでした。

「下品」が好きな人はいないと思いますが、何が上品で何が下品なのかは、その人の考え方によって違います。

シャネルは、シンプルかつ実用的でエレガントなテイストが好きであり、「下品なこと」をかなり憎んでいたようです。

また、「下品なこと」の反対語だとしている「贅沢であること」は、彼女にとっては「自由」に通じるものです。

若い頃、ほとんどお金がなく、愛人に庇護されていたときも、仕事をしたがっていたことはココ・シャネルの名言~かけがえのない人間になる方法とは?にも書きました。

仕事はシャネルの自己実現の方法であり、彼女が何よりも愛しているものでした。

作っているスーツの肩の形が気に入らなくて、べりべりっと引き裂き、また縫うというのを27回やった逸話が残っています。

これはきっと自分で縫ったのではなく、雇っていたお針子さんに縫い直しをさせたのだと思います。また、シャネルは、そういうお針子さんたちの休みの日である日曜日が嫌いでした。

いまでいうワーカホリックですね。でも、仕事は彼女を裏切らなかったし、経済的な自由をもたらしてくれました。

よくわかる!フランス語の解説

単語メモ

le 男性名詞につく定冠詞
luxe ぜいたく
ce それは
n’ = neのエリジオン ne~pasで否定文を作ります。
est < être ~である contraire 反対、反対語 de ~の la 女性名詞につく定冠詞 pauvreté 貧しさ、貧困 mais でも(逆説の接続語) celui ~のそれ(指示代名詞)この場合は、le contraire(反対語)を受けています。 vulgarité 俗悪、無作法、下品

文法ワンポイント

最初にle luxe と話題をぽーんと出して、「c’est それはね~」と説明を続ける構文です。
フランス語にひじょうに多い言い方です。

有名なものでは
ルイ14世(太陽王)が言ったという
L’Etat, c’est moi.
朕(ちん)は国家なり
があります。
※朕=天子や王様が自分のことを言う言葉=私は

この構文はこちらで詳しく説明しています。
フランス語のことわざ4~去ることは少し死ぬこと

直訳

「ぜいたくさ」、それは「貧しさ」の反対語ではない。「俗悪さ」の反対語です。

きょうのシャネルの動画

きょうもシャネルブランドが作ったシャネルのバイオグラフィーの動画をご紹介します。

前回は、第2次世界対戦中、パリのブティックを閉めざるを得なくなったところまで。

きょうは戦後、パリに舞い戻り71歳でまたコレクションを発表するところから。

約3分

※YouTubeで見る方はこちらから⇒ガブリエル・シャネル~インサイド・シャンル(フランス語)

これはブランド、シャネルが作った動画なので、ふれていないのですが、シャネルは大戦中は、ドイツの将校の愛人であり、また本人自身がドイツのスパイであったという報告があります。

1954年、パリに舞い戻るまでスイスで10年ほど亡命生活をしていました。

「売国奴」であったので、戦後すぐのパリではものすごくイメージが悪く「古くさい」と叩かれたのですね。

けれども、アメリカで火がつき、世界へ波及し、
その後はまた破竹の勢いで仕事をしていました。

1971年1月10日、ある日曜日、シャネルはドライブに出ているとき気分が悪くなり、早めに寝てそのまま亡くなりました。

87歳でした。この頃あまり体調がすぐれなかったようですが、それでもスプリングコレクションの準備をしていたそうです。亡くなった日が仕事の休みの日であったというのも象徴的ですね。

☆シャネルの名言その5はこちら⇒名言その5~ココ・シャネル~香水をつけない女性の未来とは?

☆シャネルの名言を最初から読む方はこちらから
名言その1~ココ・シャネル~上品な服装が引き立たせるものとは?



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^