昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

地球温暖化対策の正念場、COP21は11月30日からパリで開催

地球

2015年の11月の終わりからパリで開催されるCOP21の告知記事をこども新聞から紹介します。

COPはConference of the Parties のこと。「条約に参加する国々の会議」という意味です。

COP21の日本語の正式な名前は「気候変動枠組み条約第21回締約国会議」です。

COPは、地球温暖化対策について世界規模で話し合う会議。第21回はパリで開催されるというわけですね。


Climat : le JDE vous explique tout ! 気候:JDEがすべて説明します

Une grande réunion va bientôt avoir lieu à Paris pour discuter d’un sujet grave : le réchauffement climatique. Qu’est-ce que ça veut dire ? Quelles sont les conséquences ? Y a-t-il des solutions ? Notre hors-série répond à toutes vos questions !

「地球温暖化」という深刻な問題について話し合う大きな会議がもうすぐパリで行われます。

これはどういう意味でしょうか?どんな結果になるのでしょうか?解決策はあるのでしょうか?LDEの特別号で読者の質問にすべて答えます。

Le COP 21, c’est quoi ? COP21とは?

C’est une grande réunion qui se tiendra à Paris du 30 novembre au 11 décembre. Des experts et des représentants des pays du monde entier vont tenter de trouver des solutions pour freiner l’augmentation de la température sur Terre. Car la planète se réchauffe trop vite ! Et c’est en grande partie à cause de l’homme.

COP21はパリで11月30日から12月11日まで行われる大きな会議です。

地球の気温の上昇をくいとめる解決策を見つけるために、世界中から専門家や研究者が集まります。というのも、地球の気温はすごい勢いで上昇しているからです。

その原因の大部分は人類のせいなのです。

Ce numéro spécial du JDE a été créé pour vous permettre de comprendre comment fonctionne le climat et pourquoi la Terre se réchauffe. Témoignages, conseils, solutions, explications sont réunis dans ce numéro spécial de 12 pages disponible à la vente.

このJCEの特別号では、気候のしくみやなぜ地球が温暖化するのか説明しています。

データや、アドバイス、解決策、解説が12ページにのっている特别号をお求めいただくことができます。

注文はこちらからどうぞ⇒【注文書へのリンク】

元記事 → www.jde.fr : Tous les articles : Climat : le JDE vous explique tout !

関連記事:
個人でできる温暖化対策⇒地球温暖化防止のために個人ができることとは?

単語メモ

hors-série  特别な

freiner ブレーキをかける、抑制する

en grande partie 大部分は

この特別号、もうできているのでしょうか?残念ながらネット上では読むことができないようです。フランス在住の方は買ってみるといいかもしれないですね。

これまでのCOPの流れ

1992年 国連の地球サミット(UNFCCC United Nations Framework Convention on Climate Change )で「気候変動枠組み条約」が採択されました。

1997年 京都で行われたCOP3で「京都議定書」の採択。条約に調印した国は、温室効果ガスの排出削減のための目標値に向かって動き始めました。

この時、世界で一番CO2(二酸化炭素)を出していたアメリカは京都では「参加する」としたものの、あとでやめたので、批准していません。

さらに中国など、経済発展真っ最中の国からCO2がたくさん出たため、先進国の取り組みだけでは思ったように地球温暖化を食い止めることはできませんでした。

COPをやるたびに、先進国と発展途上国の意見があわず、「ポスト京都議定書」にあたる条約(体制)はいまだにできていません。

2010年にメキシコで行われたCOP16で、で、「世界の気温上昇を産業革命前の気温から2℃未満に抑える」という目標に世界各国が合意しています(カンクン合意)。

COP21では、2020年以降の温暖化対策の枠組みが決まることになっています。

はたしてアメリカや中国、発展途上国も参加した体制ができるのかどうかが、この会議の焦点となると思います。地球の未来を握るとても大事な会議なのです。

今手を打たないと、ますます温暖化が進みます。


COP21のプロモーションビデオ


※YouTubeで見る方はこちらから⇒“title=”Clip officiel de la COP21/CMP11 (sous-titres en français)”>Clip officiel de la COP21/CMP11 (sous-titres en français)

1jour1actuでも似たような特集号を出すようです。ホームページには地球温暖化について、子どもたちに説明している短いビデオが5つ掲載されています。サイトでごらんください⇒1jour1actu s’engage pour le climat ! – 1jour1actu.com – L’actualité à hauteur d’enfants !

実際に会議が始まったら、また関連ニュースを訳していきますね。それでは、次回のニュースの記事をお楽しみに。







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^