昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語でわたあめは「〇〇のひげ」

わたあめ

フランス語で「わたあめ」は何と言うか?

フランス語でわたあめは「わた」ではなく、「○○のひげ」と言います。

今回はこの単語について詳しく説明します。


フランス語でわたあめは「わた」ではなくて「ひげ」

フランス語でわたあめは barbe à papa です。

barbe は ひげ
papa は パパ、お父さん

つまり、「パパのおひげ」

うーん・・・確かにサンタクロースのようなひげなら、わたあめに見えないこともないかも?

英語ではcotton candy で、日本語の「わたあめ」と同じです。

1897年に、二人のアメリカ人がわたあめを作る器械を作ったのが、今のようなわたあめの歴史の始まりです。

二人は1904年、セントルイスで行われた博覧会で、わたあめ作りを実演し大好評を得ました。

一つ25セントで、それは博覧会の入場料の半分にあたりました。

そんなに高価だったのに、飛ぶように売れたそうです。

barbe à papa を使った例文とその和訳です。

Nous sommes allés à la fête foraine et j’ai mangé tant de barbe à papa que j’en suis tombé malade !

私たちはお祭りに行きました。私はわたあめを食べ過ぎて、気分が悪くなりました。

単語メモ

fête foraine お祭り、縁日

tant (de+無冠詞名詞)… que あまりに・・・で~

tomber malade 病気になる

三つの動詞、aller 行く、manger 食べる、tomber ~になる とも複合過去形です。

複合過去形の形は
avoir + 過去分詞
être + 過去分詞

mangerはavoir、あとのふたつはêtreが助動詞です。

バーバパパの話

1970年代にフランスで生まれたバーバパパという絵本があります。

原題はBarbapapaで、わたあめのbarbe à papaと主役のパパをかけています。

土から生まれたバーバパパはアメーバのようにどんなものにも変身することができます。

初期のアニメのクリップです。
30秒

バーバパパは英語圏や日本でもアニメや本になっており、わたあめ同様、子どもたちに大人気ですね。

きょうは歌をご紹介しましたが、関連リンクからアニメのクリップをごらんになると、思ったより単語が聞き取れると思われるはずです。

一つ一つが短いですし、ぜひ聞き取りの練習に使ってみてください。

バーバパパについてはこちらでも取り上げています⇒バーバパパ出版45周年おめでとう~Googleが記念ロゴでお祝い


penのわたあめの思い出

わたあめは別名綿菓子ですが、私はどちらかというとわたあめという言い方に慣れています。

子どものころ、縁日に行ったら、必ず親にねだってわたあめを買ってもらっていました。

まず、わたあめを作っているところがおもしろかったです。

ぶーんといってる大きなたらいのような器械の中に、おじさんが棒をつっこみます。

甘い匂いの中で、おじさんがを棒をくるくる回すと、どんどんわたが大きくなりました。わくわくしたものです。

ふわふわで可愛い見た目。

口に入れるとかすかにプチプチはじけながら、甘くとけていくわたあめが大好きでした。

わたのような飴だから「わたあめ」。ぴったりのネーミングだと思っていました。とてもひげには思えません。






関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

友だちのブログ

友人、知人のブログをまとめました。

管理人がよく行くサイト

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^