昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

【第17回】大福をフランス語で?

大福

私は甘党ですが、チョコレートやケーキ、クッキーといった洋菓子より、和菓子のほうが好きです。

特に好きなのは大福、今川焼き、みたらし団子、たい焼きあたり。

あんこが好きなんですね。

でも悲しいかな、あんこの入ったおやつはあまり手軽に入手できません。たまに小豆を自分でたいて、そのまま食べています。

さて、きょうは珍しくうちに大福(もどき)がありましたので、そのパッケージを読みました。

文字数が少ないので、初心者の方も抵抗なく読んでいただけると思います。

大福といっても日本で手に入るような大きくてもっちりした大福ではありません。

中華系のスーパーで売ってるこんなのです。

大福

・・・・なんか違う。

原産地は台湾で、それをバンクーバーの会社が輸入しているんです。輸入品の大福っていったい?

いつ輸入したのか知りませんが、賞味期限を見ると

大福

2013年の10月9日!!

どれだけ保存料が加味されているのか心配です。それにおもちが不自然に白いです。

とはいえ、さっき一つ食べてしまいました。

自分で大福もどきを作ったほうがおいしいはず。すぐ固くなりますが。自分ではこういうのは買わないのですが、たまに家族が気を利かせて買ってきてくれます。

英語とフランス語に入るまえに、日本語をチェックしましょう。

大福

日本の商品ふうに装っているけど、台湾のメーカーが作っているので、日本語ネイティブから見ると、あきらかに日本の商品ではありません。

まず箱の右上の日本語、写真ではわかりにくいですが、縦書でこう書いてあります。

自然のアズキ
素朴な味わいと豊かな香り
をお楽しみ下さい

日本人ならアズキをカタカナにしないでしょう。
助詞の「を」が文頭に来るのもありえません。

それと大福のどこから豊かな香りがでるというのでしょうか?
お茶ならわかりますけどね。

どのみち、保存料がいっぱい入っているので、自然でも素朴でもありません。

台湾では、人々は中国語を話していますが、本土の中国とは違い、昔ながらの漢字(やたらと画数の多いやつ)を使っています。

箱にのっているそういった漢字が日本語とは違います。写真にのってる部分には難しい漢字はないのですが・・・

[箱をあけたところ]私はこの漢字の意味がわからないです。

大福
大福

箱のイメージ画像とは少し違う大福です。

サイズは小さいです。大きさが比較できる画像をご用意しました。

大福

では英語とフランス語をみていきます。

【英語】

red bean mochi 小豆のもち
NET WEIGHT 純量

red bean は小豆です。mochiは英語になってないと思うのですが、商標として使われてるのでしょうか。ふつう、red bean cakeなどと呼びます。

和英辞典には大福もちの定義として a soft rice cake stuffed with sweetened bean jam とありました。

【フランス語】

GÂTEAU DE RIZ 米からできたお菓子
(HARICOT ROUGE)(あずき)
POIDS NET

gâteau お菓子
riz 米
gâteau de riz の de は材料を示す前置詞。

poids 重さ

この表示だと米製お菓子で、あずき風味ととれなくもありません。
ただ、商品に大きな写真があるので、少なくとも大福を知っている人にはそれとわかるようになっています。

大福と言いたいときは gâteau de riz aux haricots rouges と言えばいいでしょう。ただし、相手が小豆を知らないと、haricots rougesの説明を付け加えなければなりません。
dotline470

あんこは子どものころから食べ慣れていないと、好きになれない食品だと思います。英語でこういうのをacquired taste(後天的に習得した味・・・とでも訳せますでしょうか?)というのですが、フランス語でもそういう表現があるでしょうか?

外国の方でいきなりあんこを好きになるのは珍しいです。アンパンをあげるとたいていみんないやそうな顔をします。見た目が黒くて食品に見えないようです。

ところが「虎と小鳥のフランス日記」のカミーユはあんこが大好きです。

第69話 虎と小鳥のブラジル旅行では、ブラジルで日本風の大福を ma pâtisserie préférée japonaise aux haricots rouges (私の好きな日本の小豆のお菓子)と呼び、買って食べていました。

また、パリのオペラ地区の日本人街「虎と小鳥のフランス日記」第34話でもオペラ地区の日本人向けスーパーで大福を買っていました。

彼女はチョコレートも大好物です。甘いものならなんでもいけるのかもしれません。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^