昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

オール・オーヴァー・ザ・ワールド:フランソワーズ・アルディ(訳詞)

黄昏

フランソワーズ・アルディが1964年に発表したアルバム、Mon amie la rose(私の友達、バラの花)に収録されていた、Dans le monde entier(直訳:世界中で)という短い曲を紹介します。

邦題はオール・オーヴァー・ザ・ワールドです。実は、この曲に英語の歌詞をつけて、アルディが英語で歌ったら、翌年、イギリスでヒットしました。

だから、日本では、オール・オーヴァー・ザ・ワールドというタイトルで通っています。

今回はアルディのフランス語版と英語版、それにザ・シーカーズのバージョンを紹介します。

まずはオリジナルのフランス語バージョンです。作詞作曲はアルディです。


オール・オーヴァー・ザ・ワールド(フランス語版)

アルディは1944年生まれですので、20歳ごろの歌声です。

では訳してみます。

Dans le monde entier 世界中で

世界中で、この夜は同じ
ほかのたくさんの夜と、太陽が見えなくなったときは
そのとき、たくさんの幸せとたくさんの苦しみが隣り合わせ
たくさんのものが死んでいく一方で、たくさんのものが生まれる
たくさんのものが死んでいく一方で、たくさんのものが生まれる

でも今夜は、あなたがここにいない
今夜は、あなたはやってこない
ずっと遠くにいる
もう私のこと、忘れちゃったんじゃないかしら

だから、こんなこと知ることが大事かしら?
他の人は、今夜、愛し合うのか、それとも、悲しみにくれるのか
他の人は、ケンカするのか、仲直りするのか
大事なことなんて何もない、あなたが遠くにいるってこと以外は
そして今夜、あなたがどうしているのか、私にはわからないということ以外は

単語メモ

pareil à ~によく似た

tant de +無冠詞名詞 多くの~、それほどたくさんの~

côtoyer ~と接する、~と隣り合う

détresse (孤独感、無力感による)苦悩

importer à qn ~にとって重要である

plus ou moins 多かれ少なかれ

se défier 挑み合う

se rejoindre 再び一緒になる、互いに一致する

sinon que ~以外は

夜はいつも同じだけど、今夜は違う。なぜならあなたがそばにいないから、という歌です。

昼と夜、幸せと苦しみ、死に行くもの生まれ来るものなど、二項対立の歌、あるいはオールオアナッシングの歌、と言えましょう。

この曲に、Julian Moreという人が英語の歌詞をつけました。

オール・オーヴァー・ザ・ワールド(英語版)

フランスワーズ・アルディが英語で歌っています。

バックに写っている夜景はロンドンみたいですね。1分20秒ぐらいで、The Beatles Help と出てきます。映画館でしょうね。

それにしても、アルディはベッドの上でパジャマを着ているという趣向なのでしょうか?ふつうの服を着て、ふつうに歌ったほうが美しさが映えるのに。

では英語版の歌詞も訳してみます。

世界中で、
人は出会って別れているはず
どこかに私みたいに
心が傷ついている人もいるわ

再び出会う人もいる
同じ輝く星のもとで
もし別の夜に
あなたが遠くから帰ってくるなら
別にいいわよね、今夜
あなたがどこにいるのかわからなくても

今、私のこと考えている?
私がそばにいなくて寂しい?
もしあなたが私のことを忘れてしまったら
私の世界は砕け散ってしまうわ

世界中で
他の人も今夜は悲しい思いをしている
どこかに私みたいに
太陽の光が陰っていくのを見ている人がいる

世界中で
同じあたたかな光が見えている
あの星の下で
あなたに知っていてほしいの
あなたがどこにいようと
私はやっぱりあなたを愛しているって

私の訳詞が下手なのはおいといて、せっかくの二項対立の世界がくずれてしまいました。まあ、これはこれで、恋人のいない寂しい夜を過ごす人とか、故郷を遠く離れている人が聞くと、じーんとくるかもしれません。

フランス語版のほうが好きだな~、と思うのですが、次に紹介するシーカーズの歌を聞くと、俄然よい歌に聞こえます。


オール・オーヴァー・ザ・ワールド(ザ・シーカーズ)

この曲を1966年にザ・シーカーズ (The Seekers)がカバーしました。シングルカットはしてないようですが、代表曲の1曲となっています。この頃、イギリスでレコード契約して活躍していました。

シーカーズは女性ボーカルと男性3人のグループ。1962年にメルボルンで結成されました。フォーク色の強いコーラス・グループです。

イギリスやアメリカで成功した初めてのオーストラリアのグループです。

ジョージーガール(Georgy Girl)という大ヒット曲があり、日本のラジオでもよくかかっていたので、私と同世代の人は知っていると思います。

紅一点のジュディス・ダーハム(Judith Durham)はひじょうに伸びやかで温かい声の持ち主。彼女が歌うと、まったく別の歌になります。

この曲、フランソワーズ・アルディが作ったんですが、アルディのほうが、フランス語でカバーしてると思っている人もいるようです。

シーカーズ・バージョンは1966年に発売された、Come the dayというアルバムに収録されています。

このアルバムにはジョージーガールも入っているし、ビートルズのイエスタデイ、バーズのターン・ターン・ターン、ママス・アンド・パパスの夢のカリフォルニアなんかも入っています。

フランソワーズ・アルディの英語版は、Françoise Hardy Sings in Englishというアルバムに収録されています。こちらも1966年の発売です。

ダーハムは1943年生まれなので、アルディと同じ世代です。2人とも古希を越えました。

アルディの曲はこちらでも紹介しています。

フランソワーズ・アルディ:1日の最初の幸せ(Le premier bonheur du jour)~歌と訳詞

『男の子女の子』~フランソワーズ・アルディ:歌と訳詞

さよならを教えて~フランソワーズ・アルディ(歌と訳詞)

歌と訳詞:霧のコルヴィザール~フランソワーズ・アルディ

今回は、フランソワーズ・アルディの隠れた(?)名曲を紹介しました。

この記事、シーカーズのアルバムを聞きながら書きましたが、やはり60年代はいい曲が多かった、と改めて思うpenでした。







関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^