昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

ジャック・プレヴェールの詩『朝食』は複合過去の学習に最適

コーヒー

毎日フランス語を勉強したい人へ⇒2017年版、フランス語学習用日めくりカレンダーのレビュー。

ジャック・プレヴェールの有名なに、Déjeuner du matin 『朝食』というのがあります。とてもシンプルで美しい詩であると同時に、複合過去を勉強するのに最適な文となっています。

この詩を歌詞にした歌があるので、ご紹介し訳詞をそえます。歌っているのはマレーネ・ディートリッヒです。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Déjeuner du matin

Déjeuner du matin 

Il a mis le café
Dans la tasse
Il a mis le lait
Dans la tasse de café
Il a mis le sucre
Dans le café au lait
Avec la petite cuiller
Il a tourné
Il a bu le café au lait
Et il a reposé la tasse
Sans me parler
Il a allumé
Une cigarette
Il a fait des ronds
Avec la fumée
Il a mis les cendres
Dans le cendrier
Sans me parler
Sans me regarder
Il s’est levé
Il a mis
Son chapeau sur sa tête
Il a mis
Son manteau de pluie
Parce qu’il pleuvait
Et il est parti
Sous la pluie
Sans une parole
Sans me regarder
Et moi j’ai pris
Ma tête dans ma main
Et j’ai pleuré.

– Jacques PRÉVERT (Paroles 1945)

朝食

彼はコーヒーをいれた
カップに
彼はミルクをいれた
コーヒーのカップに
彼は砂糖をいれた
カフェオレの中に
小さなスプーンで
彼はかきまぜた
彼はカフェオレを飲んだ
そしてカップを置いた
何も言わずに
彼は火をつけた
たばこに
彼は輪を作った
たばこの煙で
彼は灰をおとした
灰皿の中に
何も言わずに
私を見ないで
彼は立ち上がった
彼はかぶった
頭の上に帽子を
彼は身にまとった
レインコートを
雨が降っていたから
そして彼は家を出た
雨の中を
一言も言わずに
私を見ないで
そして私は
片手で頭をかかえた
そして泣いた。


単語メモ

reposer 戻す、元の場所に置く

cendres 灰

cendrier 灰皿

文法ポイント 複合過去

この詩は彼が家を出て行く前にやっていたことと、彼が行ってしまったあとに、私がしたことがすべて複合過去形で書かれています。

複合過去の形は助動詞+過去分詞。助動詞はavoir か être のどちらかを使いますので、その使いわけを書いておきます。

1.ほとんどの動詞は、avoir を助動詞として取ります

この詩では、最後の3行以外は、主語はずっと彼(il)で3人称なので、a + 過去分詞となっています。
Il a mis le café コーヒーを入れた avoir + mettre の過去分詞

2.代名動詞は助動詞は être を使います

Il s’est levé 彼は立ち上がった ←se lever 立ち上がる
代名動詞のほかの例:se laver 自分自身を洗う、se promener 散歩する、s’appeler お互いに呼び合う、se rencontrer お互いに会う、s’amuser 楽しむ、など。

3.être を使う17個の動詞

かっこの中は過去分詞です。

devenir (devenu), revenir (revenu), monter (monté), rentrer (renté), sortir (sorti), venir (venu), aller (allé), naître (né), descendre (descendu), entrer (entré), retourner (retourné), tomber (tombé), rester (resté), arriver (arrivé), mourir (mort), passer (passé), partir (parti)

これらは場所の移動や状態の変化を表す自動詞です。

このうち、sortir, passer, rentrer, monter, descendre, entrer, retourner, tomber はあとに目的語が来ると(他動詞として使うとき)は avoir を助動詞として使います。

Et il est part 彼は出かけた。 être + partir の過去分詞。

関連:
「まいにちフランス語」30:L52 複合過去その1 助動詞にavoirを使う複合過去

「まいにちフランス語」31:L53 複合過去その2  助動詞にêtreを使う複合過去。自動詞と他動詞の違いについても書いています。

「まいにちフランス語」32:L54 代名動詞の複合過去

ジャック・プレヴェール Jacques Prévert

プレヴェール(1900-1977)は、フランスの詩人であり、劇作家です。読みやすい詩が多く、今も人気です。特に、フランスの学校でよく読まれています。

脚本では、『天井桟敷の人々』(Les Enfants du Paradis)が有名。

彼の詩の題材は、第二次世界大戦後のパリの生活が多いです。Déjeuner du matin は Paroles という詩集に入っていますが、この詩集は大ベストセラーとなっています。Déjeuner du matin はその時代背景から彼はこれから戦争に行くというj解釈がなされています。

 

ジャック・プレヴェールについては以下の記事でも書いています。

Le Jardin(ジャック・プレヴェール)という詩を読んでみた

セルジュ・ゲンズブールの「プレヴェールに捧ぐ」訳詞 前編

『劣等生』~ジャック・プレヴェールの詩で学生時代を思い出す

Déjeuner du matin 関連動画

この詩は数々の朗読が、学校のプロジェクトの素材になっており、動画もたくさんアップされていますが、2つだけご紹介します。

この詩の情景をそのままショートフィルムにしたもの。発話はありません。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Déjeuner du Matin – a poem by Jacques Prévert (shortfilm)

詩の朗読 アクション付きでわかりやすいです。


"Déjeuner du matin" de J. Prévert

関連サイトのご紹介

この詩の動詞を活用させる問題を作りました(複合過去の練習)。
Déjeuner du matin 練習問題

“Paroles”という詩集からとられた詩がたくさんのってます。仏語版と英語版あり。

Hommage à Jacques Prévert – Toute sa poésie

詩の朗読が聞けるサイト。アメリカのWheaton College という学校の Department of French Studies が管理しているので、広告などもなく落ち着いて閲覧できます。

Vive Voix | Wheaton College

Déjeuner du Matin のページはこちら
DEJEUNER DU MATIN – Vive Voix | Wheaton College

いかがでしたか?
詩の朗読もたまにすると楽しいですね







関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^