昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

フランス語の達人になるために~その1

辞書

わたしの受講しているフランス語脳プロジェクトで、今週から仏語の達人養成講座というものが始まります。

これはDELFのB1とB2の対策講座で、隔週でB1が6回、B2が6回で半年にわたる講座です。講師は翻訳講座の清水先生。

DELF(デルフ)とはフランス語の試験の一種です。フランス国民教育省が認定した公式フランス語資格(ディプロム)を得るもの。B1、B2は級の名前です。ちなみにB2のほうが難しいです。

日本でこの試験を受ける場合は、DELF・DALF試験管理センターというところのサイトを見ると、詳しい情報がのっています。

DELFDALF.JP

10月の終わりに、この講座の受講生の質問に講師が答えるスカイプミーティングが3回に渡って行われました。

月末だし、時間も微妙にあわなかったので私は参加しませんでしたが、音声が配信されましたので、きょうはその内容から勉強法などをシェアします。

ミーティングは生徒がチャットで質問しており、それに先生が基本的に音声で、チャットを交えて回答をしていました。

このチャット部分のログがなかったのと、音声が不鮮明な箇所があったので、内容を100%聞き取れたわけではないのですが、DELFを受験しなくとも、フランス語の学習一般で参考になりそうなところを書いてみますね。

きょうは、概論として、すべての技能を磨くのに必要な考え方と、アウトプットの強化法(作文と口頭表現)をご紹介します。

概論 フランス語力をあげて達人になるために

表現モデル(言葉のネットワーク)の習得を

フランス語を単語単位ではなく、語の連なりとして意識することが必要。

たとえば、「影響を与える」という表現の「与える」はdonner ではなく、exercer である。

よって、単語集や構文集は確認用に使うのはいいが、これで単語を覚えようとするのは無駄。地道に読解して、文章の中で出会うべきである。

表現モデルとは決まったことばの並びです。英語でいうところのコロケーションですね。

ある名詞にどんな動詞が使われるか、自分で作文をするときに調べるのに便利な辞書は、以前も作文講座の記事で書いたことがありますが、Dictionnaire Des Combinaisons De Mots という本です。

Dictionnaire Des Combinaisons De Mots (Usuels - PB)
日本のアマゾンで見る⇒Dictionnaire Des Combinaisons De Mots (Usuels – PB)

名詞中心の世界

フランス語は名詞中心の言語だということを意識する。

ある種の動詞は、名詞(主語)と名詞(目的語など)の関係を表す機能的なものであるから、これをいちいち日本語に訳そうとしていると読解、リスニングとも処理が遅くなる。

例えば provoquer, permettre, causer etc.

名詞中心の構造を理解するには、上記辞書、そして日本の「フランス語名詞化辞典」などがおすすめ。

フランス語名詞化辞典
アマゾンで見てみる⇒フランス語名詞化辞典

この参考書、私も持っていますが、辞典といっても小さくて薄いコンパクトな本です。

仏検の1級や準1級を受験する人は中身を暗記したりするかもしれませんが、考え方を理解するのに使うのなら、ぱらぱら読めばいいと思います。

アメブロに記事を書いています。

『フランス語名詞化辞典』を買いました。|penのフランス語日記

また、フランス語の構造を理解するために、「書きながら考えるフランス語」という本もおススメ。

書きながら考えるフランス語
アマゾンで確認⇒書きながら考えるフランス語―仏作文の授業ライヴ

この本は絶版で、中古本は高価です。図書館などで見つけたら、手にとってみるといいでしょう。

自分で書いて、間違えて、そこから学ぶ

言葉のネットワークの中で、特に自分の弱い部分を知るには、作文して、ネイティブの添削を受けることが有効。間違えたら、どこが間違いなのか、考えること。

よく添削を受けて、受けっぱなしという場合がありますね。

私は英語を学んでいたとき、半年ほど毎日英語で日記を書いて、先生に添削してもらっていました。

でも、自分でもあきれるほどたくさん書いていたし、改めて自分の日記を読むのがどうにもつまらなかったので、間違いをそれほどつきつめて考えることがありませんでした。

つまり添削してもらったのにほぼほったらかし状態という、ひじょうにもったいないことをしていたわけです。もっと間違いを掘り下げるべきだったと思っています。

主体的な学習を

講師の言うことを丸暗記するのではなく、彼の思考を学び、それを自分の思考に昇華できるように努力する。自分のやっていることを俯瞰(ふかん)でとらえる。

この講座では、学んだことを人に教えられるように、なるべく先生の考え方を伝えていく、とのことです。

思考を学び、自分の思考にしていくためには、ノートをとることが有用とのこと。先生は手書きにこだわっています。

手書きは消滅してしまうのでしょうか?という記事で書きましたが、手を動かすことによって、覚えるという利点もありますが、私は、脳になんらかの作用があるのではないか、と思います。

手書きをすると、創造力がふくらむのは確かですね。

「俯瞰でとらえる」というのは、実は読解の話で出てきたのですが、これは自分とフランス語の関係にもいえます。

「何のためにこれを学習しているのか、自分はこれを学習したらどうなるのか」、といったことは時々考えるべきだと思います。そして、そこに意義が見い出せなければ、人にやらされているような気になって、学習がつらくなるものです。

作文の学習方法

授業で重点的にやる。というのも、読解は独学できるけれど、作文は自分でやるのが難しい分野だから。

そのさい、課題を自分の頭で考えて、自分で書いて提出することが大切。

課題の提出が大事な理由は概論のところで書きました。

話すこと~エキスポぜ対策

  • 自分で書いた原稿を暗記する。
  • 言葉につまったときや話がそれたときに、使える表現を覚えておく。
  • 時間稼ぎの表現を覚えておく。ex) C’est une bonne question
  • エキスポぜ(exposé)は、与えられたテーマに関して自分の意見を述べるものです。プリゼンテーションです。

    日本はあまり、この方面の教育に力を入れませんが、外国では盛んですね。私の娘なんて、3歳と4歳のときに通っていたプレイスクールで、すでにありました。

    テーマは「私のコレクション」。自分の集めているものをみんなに見せながら、それについてしゃべるのです。

    彼女は集めるのは得意ですから、テーマにはことかきません。その時は、たくさんあった磁石について話しました。テーマ選びや話すことは私が考えたのでよく覚えているのです。

    もちろんDELFのエキスポゼのテーマはもっとアカデミックです。

    いかがでしたか?

    フランス語のアウトプットである作文や口頭表現の力は、どちらも実際に書いたり、話すことでしかのばせない部分があります。

    知識は覚えるものではなく使うものである」とは、先生の弁。

    盲目的にやっていると、覚えることが目的になってしまう罠にはまるので注意しなければなりませんね。

    それでは、次回は読解とリスニングというインプットについて書きます。

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^