昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

祖母の日はいつで、どんなことをするのでしょうか?

花かご

毎年3月の第1日曜日は、フランスでは「祖母の日(Fête des Grands-mères)」というアンオフィシャルなお祝いの日です。

2017年は3月5日で、私がぼんやりしているうちに過ぎてしまいました。ちょっと遅れましたが、イングリッドが説明している動画を紹介し和訳をつけます。

本日のプチなうんちくは「かばん語」です。


フランスにおける「祖母の日」とは?

こんにちは、みなさん。イングリッドです。

皆さんの国では「祖母の日」をお祝いしますか?「祖母の日」は毎年3月の第1日曜日に、孫たちがおばあさんのためにお祝いする日です。

このレッスンでは、フランス人がどんなふうに「祖母の日」をお祝いするのか学びます。

【クイズタイム】
フランスの祖母を対象に行われた調査で、80%の祖母たちの一番のモチベーションは何でしょうか?動画の最後に答えをお教えします。

祖母の日を作ったのはコーヒーメーカー

祖母の日は、純粋に商業的な動機で生まれました。事実、1987年に同じ名前のコーヒーのブランドが作ったのです。

それ以来フランスでは3月の第1日曜日に、祖母たちは祝福されます。

年を経るにつれて、この記念日はどんどん知られるようになっていきました。学校でイベントが行われたり、プロモーションキャンペーンも開催されます。

「祖母の日」を記載するカレンダーやこの日を紹介するメディアもあります。

子どもたちは学校でおばあさんにあげるプレゼントを作ります。幼稚園でも同様です。この日はフランスの家族が集まる機会で、孫はおばあさんにプレゼントを贈ります。

もっとも人気のあるプレゼントは花束や蘭のような鉢花です。

フランスの花屋の調査によると、この日は、室内に飾る植物の売れ行きに大きな影響を与えています。

国中でイベントが行われる

祖母の日は、フランス中でイベントが行われます。商業的なものもそうでないものもあります。たとえば、数年前からmamif(マミーフ)がバスティーユ広場で行われています。

mamif は かばん語で、mamie(おばあちゃん)と manifestation (デモ、フェスティバル)をかけ合わせた言葉です。

この催しの目的は祖母と家族の絆を深くすることです。

【ファンファクト】
祖父は、カレンダーから完璧に忘れられています。確かに祖父の日は存在しません。祖母の日はあるのに。

どこかのブランドが祖父の日を作るまで待つべきなのかもしれません。

では、最初に出したクイズの答えをお教えします。

祖母対象に行われた調査によると、祖母立ちの80%の一番のモチベーションは何でしょうか?

フランスには600万人以上の祖母がいます。平均は65歳で孫が4人います。フランスの祖母対象に行われた調査によると、そのような祖母の80%にとって、もっとも大事なことは、孫達を喜ばせることです。

このレッスンはどうでしたか?何かおもしろいことを学びましたか?みなさんは「祖母の日」をお祝いしますか?

FrenchPod101.comにコメントを残してください。それでは、また会いましょう。

単語メモ

petits-enfants   孫

en l’honneur de qn/qc  ~に敬意を表して、~を祝って、~のために

auprés de  ~を対象として

aïeule  祖母

étude  調査

mot-valise  かばん語

effectivement  実際に、確かに

contrairement à  ~に反して

mamie おばあちゃん フランス語でmamieはおばあちゃんのことなのでまぎらわしいです。ママはmaman(マモン)です。

祖母の日については、以前、子ども新聞の短い記事を紹介しています⇒フランスの「祖母の日」の起源

かばん語とは?

かばん語は、2つの言葉の一部分をかけあわせて作った言葉です。

たとえば、すっかり定着していますが、英語の brunch(ブランチ)は breakfast + lunch からできたかばん語です。

なぜかばん語というかというと、このようにして作った言葉を、ルイス・キャロルが「鏡の国のアリス」でportmanteau word と呼んだからです。

portmanteau は 英語で、両開きの革製の旅行かばんのことです。形容詞で、「2つ以上の用途をもった」という意味もあります。

portmanteau はフランス語の portemanteau(コート掛け)の親戚というか仲間というか語源は同じです。ところが、portemanteau はフランス語では通常「コート掛け」の意味で使い、かばん語は mot-valise です。

portemanteau は porter (荷物を持つ)+manteau(コート)からできた言葉です。

イギリス英語でポートマントーの説明をしてもらいましょう。例も出てきます。時間は1分33秒。

こちらはフランス語のmot-valiseの説明と例です。2分30秒。

時間が1分違うだけでかなり長く感じます。

ポケモンもかばん語なんですね。日本語では、2つの言葉のそれぞれの最初の文字2つをくっつけるのはごく普通にやっていることなので、わざわざかばん語とか、ポートマントーとは言いませんね。

少なくとも私は聞いたことがありません。

おまけ:グランメールコーヒーのCM

イングリッドが話していたように、祖母の日は、もともと、「グランメール」というコーヒーのメーカーが思いついたものです。

祖母の日を作って、もっとコーヒーを飲んでもらおうと思ったのでしょう。

こちらは1999年のグランメールコーヒーのCMです。

コーヒーの名前に「おばあさん」とつけるセンスってよくわかりません。コーヒーはやはりネスカフェみたいな感じですよね?


孫のいない私も祖母の日はお祝いされるらしい

「祖母の日」はコーヒーメーカーが作った記念日なので、キリスト教の話は出てきません。そのせいか、イングリッドの説明も比較的あっさりしているので、初心者にもとっつきやすいと動画だと思います。

それにしてもフランスのおばあさんは平均4人も孫がいるんですね。さすがカソリックの国です。

孫の幸せはおばあさんの幸せ。どうしてもそうなってしまうのでしょう。

フランスは家族の結びつきが強いので、コーヒーメーカーが作ったこんな記念日が、どんどん広まっていったのだと思います。

祖母の日は、別に孫がいなくても、55歳以上の女性は祝福されるらしいです。私もフランスにいたらお祝いされる対象です。ひじょうに複雑な気持ちです。

それでは次回の年中行事の記事をお楽しみに。







関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

更新情報をメールで配信中。

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アーカイブ

このブログの中を検索

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^