昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

もう少し成長しないとね

vegies

フランス語のCMのご紹介です。

Flunch(フランチ)というフランスのレストランのCM、その2です。

この店についてはその1に書いています。
私がきれいな理由、知ってる?

きょうは子どもとパパの登場。

子どもだけが雄弁です。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒バランスよく食べることは、すくすく大きくなること

男の子は前回の男の子といっしょですね

以下はスクリプトと和訳です。

フランチのCM、スクリプトと和訳

Papa, tu crois que je ne t’ai pas vu ?
Quoi ?
Arrête de cacher tes légumes sous ta viande !
Tu sais qu’il y a plein de papas dans le monde qui n’ont pas ta chance, qui aimeraient manger des légumes aussi bons que chez Flunch, et à volonté.

Papa, faut que tu grandisses un peu.

Chez Flunch, le menu enfant est à 3 € 45 avec légumes à volonté.

Eh, oui. C’est comme ça.

Bien manger, c’est bien grandir !

※スクリプトはこちらを参考にしました⇒Exercice d'écoute: Chez Flunch (2)

パパ、僕が見てなかったとでも思ってるの?
何?
お肉の下に野菜を隠すのやめなさい。世界には、パパみたいには恵まれてないパパ達がいっぱいいるの、知っているよね。その人たちは、フランチのようないいところで、野菜を食べられたらなって思っているんだよ、好きなだけね。
パパ、もう少し成長しないとね。

フランチでは、野菜食べ放題のお子様メニューが3ユーロ45です。

はい、そうです。こんなふうに。

バランスよく食べることは、すくすく大きくなること!

※単語メモ
t’ai = te ai のエリジオン
à volonté 好きなように、好きなだけ
pain à volonté(レストランなどで)パン食べ放題、vin é volonté ワイン飲み放題
faut que tu grandisses un peu.
= Il faut que … ~しなければならない のilの省略
il faut que のあとは接続法
grandisses > grandir(大きくなる、成長する)の接続法現在 tuの活用
Bien manger, c’est bien grandir!
バランスよく食べることは、ぐんぐん大きくなること。
・・・この言葉は「寝る子は育つ」みたいなよく聞くスローガンのようなもの。

親が子どもに言う典型的な言葉

このCMのおもしろいところは、いつも親が子どもに言ってることを子どもが親に言ってるところです。

Il y a plein de enfants dans le monde qui n’ont pas ta chance.
世界には、きみの持っている運を持っていない子どもがたくさんいる⇒君はラッキーなんだ。

似たような表現を英語でもします。
Do you know how lucky you are ?
(自分がどんなに幸運か知っている?)
のように。

日本でも「食べたくても食べられない子がいるんだよ」と言いますね。

Faut que tu grandisses un peu.
もっと大きくならないとね。

これは「ちゃんと食べて、大きくなりなさい」という意味にも、「精神的に成長しなさい」という意味にも使えます。

野菜の思い出

このレストランのキッズメニューは野菜は取り放題なのですね。サラダバーみたいです。

子どもはたいてい野菜が嫌いですね。

味が独特で、苦みやアクがあるからでしょうか。たぶん、いつも親がすごくおいしそうに食べているのを見ていれば、食べると思いますけどね。

たとえば、テレビを見ながら、親が野菜を食べていたり、おやつに、もりもり食べていたりすれば。

私が子どものころは、今のようにいろんな野菜はありませんでした。というより、すべての食品がこんなに豊富ではなかったのですが。

付け合せはたいていいつもキャベツの千切りやきゅうりの輪切り。私は当然苦手で、最後まで残し、食べるように促されていました。

ステーキなどなかったので(肉を食べるとしたら、細切れを炒めたようなの)、肉の下に野菜を隠す技も知らず。

ほかに食卓にのぼった野菜料理は、大根おろし、つけもの、煮物、ナスの焼いたのあたり。煮物とつけもの以外は食べていました。

高校に入って、初めてブロッコリーという野菜を知りました。一緒にお昼を食べていた子の弁当箱に入っていたのを見たのが、この野菜との出会いです。すごく可愛くてハイカラな野菜に見えました。

大人になったら、自然に嗜好が変わって、野菜好きになりました。調理しなくても食べられるので、食事を用意する立場の今となっては、便利な食材です。



  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^