昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

東京スカイツリーへ~日本の旅 #2(フランスダイレクト)

東京スカイツリー

フランスダイレクトスクールの動画教材、Voyage au Japon(日本の旅)シリーズの第2話の受講メモです。

第1話はこちら⇒古き街、浅草~日本の旅 #1

第2話では東京スカイツリーに向かいます。

字幕なしの動画が公開されていますのでごらんください。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒voyage au japon 2 日本の旅 東京スカイツリーへ

スカイツリーに登るためには3時間待ちと言ってますね。
当日券だけでなく、予約券をネットで買うことも可能です。

■きょうのメニュー

  • 3つのキーフレーズと解説
  • 東京スカイツリー
  • それでは復習、行ってみよう!

    3つのキーフレーズと解説

    2ユーロぐらいで

    浅草駅で地下鉄の切符を買います。
    東京スカイツリーラインというのがあるんですね。東京は鉄道がいっぱいあって混乱しますね。

    ケンが一駅だから150円と話すと、ティファニーはパリでは一律料金だと言います。

    フランスでは、2ユーロぐらいでパリ中行けるわよ。

    地下鉄の駅

    En France, avec à peu près 2 euros, tu peux traverser tout Paris.

    ポイントは前置詞 avec 手段や道具を現します。

    Je rembourse mes dettes avec cette somme.
    私はこのお金で借金を返済する。

    参考⇒パリのメトロ、バスの切符の買い方~「虎と小鳥のフランス日記」第146話

    すごくよくできてるわ

    隅田川デジタル絵巻を見ながら

    1階に全長45メートルの壁画があります。これは東京の鳥瞰図で一部がアニメーション。

    この壁画がよくできている、と2人で関心しています。

    それにしても、絶景だね。
    ええ、とてもよくできてるわ。

    隅田川デジタル絵巻

    Mais c’est assez impressionnant.
    Ouais c’est vachement bien fait.

    この2つはこのまま覚えて、何か、すばらしいものを見た時に、使えそうです。

    impressionnant 強い印象を与える、驚くべき、感動的な
    site impressionnant  絶景

    vachement ものすごく、ひじょうに
    会話でよく使う言葉。日本語の「すごい」「すっごい」に似たニュアンスかなと思います。以前、ラジオ講座でレナさんが使っているのを聞いたことがありますし、カミーユも使っていましたから、日常会話ならふつうに使われるのでしょう。

    この絵巻は、江戸の風物と現代の東京がミックスしていますね。
    団体受付付近にあります。

    タワーに登る前にこれを見て、期待感を高めて下さい、と東京スカイツリーのサイトには書かれていまいた。

    壁画について詳しくはこちらでどうぞ⇒東京スカイツリーの壁画(隅田川デジタル絵巻) | teamLab / チームラボ

    時間を過ごすってこと?

    東京スカイツリーのそばのドッグデプトカフェ前にて

    ここはああいういふうにコーヒーを飲みながら犬と過ごせるカフェだよ。
    時間を過ごせるってこと?

    ドッグデプトカフェ

    C’est un café où tu peux passer avec, avec des chiens en prenant un café comme ça.
    Comme passer du temps ?

    この comme は「たとえば」という例示の用法。
    comme のあとに名詞が続く例をよく見ますが、このように動詞を続けることもできます。

    Il y a des animaux, comme les antilopes, qui sont en voie de disparition.
    ある種の動物、たとえばカモシカなどは滅びつつある。

    Tu peux faire ce que tu veux.
    Comme dormir ?
    なんでも好きなことをしていよ。
    寝るとか?

    この後、猫カフェの話をしていますね。
    猫カフェは、カフェに猫がいて、猫と一緒に過ごせるカフェ。

    参考⇒フランスで初めての猫カフェがオープン その1

    ドッグデプトカフェは飼い主が、自分を犬を連れて行ってもよいカフェです。人間用の食事だけでなく、犬用の食事があります。

    キッシュとか丼ものとか。メニュー見ると、犬にはもったいない感じの食事です。

    DOG DEPT(ドッグデプト)はもともと、衣料品のブランド。
    人間及び犬用の服を作っていて、愛犬とペアルックを楽しめるファッションを提案しています。カフェにも犬グッズがたくさん販売されています。

    ホーム・ページ⇒ドッグデプト <DOG DEPT> オフィシャルサイト

    ちなみにdept は英語のdepartment(部門、部、課、コーナー、署、県、分野などなど)の略です。

    東京スカイツリー

    スカイツリー

    2012年5月に開業した東京都墨田区にある電波塔。東京タワーに代わるものとして建設されました。

    都心部は高層ビルが多いので、東京タワーでは電波を送るのが難しくなっていたのです。さらに、モバイルむけの電波送信を充実する目的もありました。

    高さ634メートルの、日本の技術を結集して作ったタワーです。

    ●関連ニュース オープンしたときの様子

    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒Tokyo Sky Tree, la tour vertigineuse du Japon

    地震大国日本での一番高いタワーなので、特に耐震設計に力を入れています。

    法隆寺の五重塔の中心にある心柱(しんばしら)の技術を使って、地震に備えています。

    心柱は仏塔や殿舎の中心にある柱。力学上のバランスを整えるためものです。五重塔の柱は下を固定していないタイプ。

    塔が左右にゆれても、心柱は真ん中にあり、塔を逆の方向に戻す働きをします。

    法隆寺の五重塔は7世紀に建設された世界最古の木造の塔。高さ32メートルちょっと。こんなに地震の多い国なのに、1400年間、燃えもせず、倒れもせず今も健在です。

    古(いにしえ)の五重塔と同じ技術が最新の東京スカイツリーに使われているのは、なんともロマンを感じさせますね。

    こちらは東京スカイツリーと周辺の下町を取材したビギン・ジャパノロジー(BEGIN Japanology)。英語で恐縮ですが、おもしろいのでお時間ありましたらごらんください。

    心柱の話も出てきます。


    ※YouTubeで見る方はこちらから⇒BEGIN Japanology – Tokyo Skytree ビギン・ジャパノロジー「東京スカイツリー」

    東京スカイツリーのホーム・ページはこちら⇒東京スカイツリー TOKYO SKYTREE

    いかがでしたか?

    犬は洋服着て、カフェに行って、キッシュみたいなものを食べて、幸せなのでしょうかね?そんなふうに感じた第2話でした。

    この続きはこちら⇒神社でおみくじをひく~日本の旅 #3(フランスダイレクト)

    フランスダイレクトスクールについてはこちらをどうぞ⇒フランス語脳プロジェクト(フランスダイレクトスクール)の体験レビュー | フランス語

    ●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
    ●自己紹介⇒penはこんな人
    ●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    お気に入りに登録してね☆

    ◆お気に入り登録は Ctrl+D

    ◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
    ◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
    ◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
    follow us in feedly

    逆アクセスランキング☆彡

    毎月1日にリセットします
    どなたもふるってご参加を!
    2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
    アクセスランキング

    アーカイブ

    このブログの運営者

    運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
    このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
    プライバシーポリシー・免責事項・著作権

    お問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちらからどうぞ
    封筒
    ⇒お問い合わせフォームへ

    お気軽に^^