昭和のペンギンが、平成21年にフランス語開始。インターネットがあるから家でも勉強できるよ。あなたも一緒にどうですか?

menu

フランス語の扉を開こう~ペンギンと

歌と訳詞:フランシス・カブレル『死ぬほど愛する』

夜の空

フランシス・カブレル 彼女を死ぬほど愛している Je l’aime à mourir という曲をご紹介します。バレンタインデーの頃になるとよくラジオでかかるシンプルできれいな愛の歌です。邦題は『死ぬほど愛する』のようなので、記事のタイトルはそうしました。

でも、なんかあまりいい邦題だとは思いません。「愛している」のほうが、個人的にはしっくりきます。

フランシス・カブレル(1953生)はフランスを代表するシンガー・ソングライターです。

まずライブでお聞きください。


※YouTubeで見る方はこちらから⇒Je l’aime à mourir – Francis Cabrel LIVE

それでは、訳詞に挑戦!

Je l’aime à mourir 彼女を死ぬほど愛している

☆Moi je n’étais rien
Mais voilà qu’aujourd’hui
Je suis le gardien
Du sommeil de ses nuits
Je l’aime à mourir

Vous pouvez détruire
Tout ce qu’il vous plaira
Elle n’aura qu’à ouvrir
L’espace de ses bras
Pour tout reconstruire (bis)
Je l’aime à mourir

僕は、以前は何者でもなかった
でも今は
彼女の夜の眠りを見守る役さ
彼女を死ぬほど愛している

世間は壊すことができる
壊したいものなら何でも
でも彼女が腕を広げてくれるだけで
すべて元通りになるんだ
すべて元通りになるんだ
彼女を死ぬほど愛している☆

彼女は数字を消したんだ
この街の時計のね
彼女は僕の人生を
折り紙の鳥にした
はじける笑いがあふれるものに
彼女は橋をかけた
僕たちと空のあいだに
僕たちはその橋を渡る
彼女が眠りたくない夜はいつも
彼女が眠りたくない夜はいつも
彼女を死ぬほど愛している

★彼女はずいぶん戦ったに違いない
今、こんなに強くいられるために
彼女はずいぶん戦ったに違いない
人生の、そして愛の戦いを★

彼女はせいいっぱい人生を生きている
オパール色の夢を
彼女は踊っている
自分で描いた森の中で
彼女を死ぬほど愛している

彼女はリボンをつけている
それを風にたなびかせて
よく僕に歌を歌ってくれる
僕がその歌を覚えようとするのは
覚えようとするのは
見当違いなんだ
彼女を死ぬほど愛している

屋根の下に隠れている
彼女の洞穴まで登って入るには
僕は、自分の木靴に
合図を打たなければならない
彼女を死ぬほど愛している
僕はただそこに座って
何も話さず
何も求めず
ただ彼女のものになるように
ただ彼女のものになるように
望むだけでいいんだ

★~★ 繰り返し
☆~☆ 繰り返し

歌詞はこちらを参照しました⇒Je l'aime à mourir

単語、表現メモ

plaira (plaire) 気に入る
comme il vous plaira お好きなように

gommer 消しゴムで消す

cocottes en papier 折り紙の鳥、または折り紙全般
フランスの子どもなら誰でも折れる鳥だそうです。

折り紙の鳥

画像はこちらからお借りしました。
Comment faire une cocotte en papier ? – [node:vocab:3:term] – utile.fr

grotte 洞穴、洞窟

toit 屋根

Elle me chante souvent
Que j’ai tort d’essayer
De les retenir

直訳: 彼女はしばしば僕に歌を歌う、その歌を私が記憶にとどめようとするのは間違っている。

Pour monter dans sa grotte
Cachée sous les toits

直訳:彼女の洞穴に登って入るために、(その洞穴は)屋根の下に隠されている

この洞穴は屋根の下にあるので、monter(登る)して入ります。

clouer des notes
note は ノート、メモ、控え、伝票、通達文書といろいろ意味があります。ここは des notes と複数になっているので 音符 のような気がします。

音符をサボに鋲でとめるのですが、「洞穴に行きたい」という合図なんだろうと思って、訳ではどうとでもとれる「合図」にしておきました。もしかしたら、サボをコンコンとたたいて、合図するのかも?

カブレルは詩人で、訳すのが難しいです。
それでも、この曲はまだ簡単なほうでしょうか。

言葉はおうおうにして、韻を踏むためと、その言葉が与えるイメージによって選ばれていると思います。

「僕の人生を折り紙の鳥にした」と聞いて、フランス人が何をイメージするのか、またイメージしないのか、私には計り知ることができません。

子どもの頃のことを思い出すのかもしれませんね。

歌詞つきの動画

一緒に歌い方はこちらをご利用ください。

※YouTubeで見る方はこちらから⇒Francis Cabrel – Je l’aime a mourir [Lyrics]

この曲は1979年、カブレルのセカンド・アルバム Les Chemins de traverse に収録され、シングルカットされたもの。アルバムもこの曲も大変ヒットしました。

時代を感じさせるカバーです。
Les Chemins De Traverse
アマゾンでチェック⇒Les Chemins De Traverse

いかがでしたか?

カブレルの曲はこちらでも紹介しています。

フランス語の暦 土曜日はフランス語で?
Samedi soir sur la terre 訳詞はしておりません。

歌と訳詞 : octobre – フランシス・カブレル|penのフランス語日記 アメブロです。

それでは次回の歌の回をお楽しみに。

●トップページ⇒フランス語の扉を開こう~ペンギンと
●自己紹介⇒penはこんな人
●ご質問などはこちらから⇒お問い合わせフォーム


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

お気に入りに登録してね☆

◆お気に入り登録は Ctrl+D

◆ツイターで更新情報、フランス語の表現などつぶやいてます。
◆つぶやきのログはこちら ⇒pen(@mlle_pen) - Twilog
◆Feedlyでフィードをとって読むと何かと便利↓↓penも愛用中
follow us in feedly

逆アクセスランキング☆彡

毎月1日にリセットします
どなたもふるってご参加を!
2以上のアクセスから参加できます(^O^)/
アクセスランキング

アーカイブ

このブログの運営者

運営者こんにちは。フランス語愛好家のpenと申します。 フランス語を自宅で学習して正味3年8ヶ月です。おもにインターネットの講座とラジオ講座(ストリーミング放送)を利用してます。学習するにつれて自分の世界がどんどん広がってきました。
このブログには日々の学習や、フランス語について書いています。コツコツ謙虚に学んでいきたいです。もう少し詳しい自己紹介はこちら⇒penはこんな人
プライバシーポリシー・免責事項・著作権

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらからどうぞ
封筒
⇒お問い合わせフォームへ

お気軽に^^